スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
かんちがいな“父の日”
2007-06-22 Fri 21:54
教育実習最終日に花束をもらった三男2007年6月22日(金)

先週の金曜は、三男の教育実習の
最終日だった。 担当したクラスの
生徒たちから大きな花束を貰って
帰って来た三男は、
「いや~、オレって人気者だからね!」
ご満悦で記念撮影をしたあと、
「あさって、確か、父の日だよね。
 じゃ、はい、お父さん、これプレゼント!」
と、花束を夫に渡していた。
…初めてのプレゼントなのに、使い回し?!(笑)
(まぁ、こんな花束抱えて千葉のアパートまで帰る
 わけにもいかないのだけど…)

次男夫婦からは、父の日にはネクタイが用意されていて、
私はそれをあらかじめ知っていた。
暫く前、紳士服量販店で次男に夏のスーツを買ってやった時、
彼は、自分の父親用と、お嫁さんYちゃんのお父さん用と、
2本のネクタイを買って包装してもらっていたのだ。
(店頭からYちゃんに写メールを送り、「どっちがいいかな?」
 なんて相談していたようである。)
我が家のオヤジ殿には直接手渡せばいいとして、Yちゃん
のお父さんの方には、「ちゃんと、父の日までに届くように
早めに手配しておきなさいよ」と言っておいた。
なのに、土曜の朝に聞くと、まだ送っていないと言う。
「忙しくて送るヒマがなかったんだよ」
「もう~、いつもギリギリなんだから! 今日送って、岩手
 には明日届くんでしょうね?」
(ちなみに鹿児島に送ると2日かかる)
「大丈夫! 母の日の時も前日送ってちゃんと着いたから」
私はその時、葬儀に出かける支度でバタついていたが、夫が
図書館に行ってくるというので、「ついでに、これを宅急便で
出してきてやって」と頼む。
「何だよ~、父の日のプレゼントを送るのに、父親のオレを
使うのか?」と、夫は苦笑。
宅配便の受付では、窓口の人から「父の日のプレゼントのよう
ですけど、月曜の配達でいいんですか?」と念を押されたと
いう。次男の書いた伝票には、配達指定日が18日とわざわざ
明記されていたのだそうだ。
次男に確認すると、彼はなぜか「父の日は18日」と思い込んで
いて、曜日を確かめもせずに書き込んでしまったらしい。
慌てて集配所に連絡し、配達日を17日に変更してもらった。
「そんないい加減なことでどうする!」と、次男が私たちに
叱られたのは言うまでもない。

私自身はと言えば、毎年のことだから、父の日の手配はぬかり
なかった。鹿児島の義父には、プレゼントとパウンドケーキを
発送済みだったし、実家にも金曜のうちに行って、プレゼント
を渡してきた。

一足早い父の日のつもりで出かけたが、面白いことに、実家
では、父の日は終わって?いた。
 
[ 続きはここから… ]

妹は実家で働いているのだが
妹 「私ったら、父の日は10日だとばかり思っていて、この前
  の日曜に、もうプレゼント渡しちゃったのよ~(笑)」
渡された父も、それを見ていた母も、その日が父の日だと疑い
なく思いこんでしまったらしい。そればかりか母たちは、
「父の日なのに、S子(私のこと)から何も言ってこないね。
 具合でも悪いのかしら~?」
と、私の心配までしてくれていたそうだ(笑)。
しかも、その後、チラシなどで「父の日セール」などの文字を
見ても、「ああ、まだ父の日セールやってる」としか思わず、
「…あれ、父の日はこれからなんじゃないの?」
と気づいたのが数日後だというのだから、寝ぼけている。
妹 「それにね~、お父さんにだけじゃなくて、甲府のお義父
  さんにも、1週間早く、焼酎を送っちゃったの! しかも
  土曜日に、『今日送らなくちゃ、父の日に間に合わないじゃ
  ないのっ!』って、ダンナを急かして送らせちゃった…」
つまり、妹のダンナも、間違いに気づかなかったわけだ。
もう、一族で何やってんのよ~!と大笑いだった。

実家では少し前から子猫を飼っているので、初対面してきた。
私の実家はもともと町工場で、今は使っていない工場に野良
猫が入り込んで子猫を3匹産んでしまった。
可愛くて人なつこいのが2匹、不細工で獰猛?なのが1匹。
可愛い方は、妹の家と近所の家に、1匹ずつ引き取られた。
残った1匹は、その野性味の強い性格を、父がいたく気に入り、
猫らしくないので“クマちゃん”と名付けて、実家で飼うこと
になったのだそうだ。
真っ黒なクマちゃんは、ケージに入っていた。
私 「猫なのにケージに入れて飼ってるの?」
父 「外に出したらどこまでも逃げちゃって、こいつは、すばし
  こいから、捕まえるのが大変なんだよ」
実家の家の作りは古くて、部屋を仕切る引き戸は常に開けっ
放し、昼は店や倉庫への出入りも自由だから、確かに一度
脱走したら捕まえるのは大変そうだ。
ケージの中に手を差し伸べると、毛を逆立てて威嚇するから、
抱き上げるのさえ一苦労。人になつかない子のようだ。

実家の猫、クマちゃん

ケージの中に入れられているといっても、父も母も猫好きだか
ら、一日中なんやかやと構っているらしい。
久しぶりに飼った猫に癒やされている様子の両親を、嬉しく
思った今年の父の日なのであった。

妹の家の茶々丸

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<トウフのお好み焼き!(つくば・茂蔵) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 虹消えて…(R子ちゃんの葬儀)>>
コメント
--
ちゅうが子供の頃には、お祝い事と言ったら結婚式と、出産祝いぐらいで、もちろん「母の日」も「父の日」にも特別なお祝いをしなかったような。
だから、結婚記念日とか、家族でお誕生日を祝うなんて、記憶にないな~。
昨今の家族は、”愛”に満ちていて良いことではあるけど。いや、昔から家族愛はあったけどね!ちゅうも、前に書いたけども、十数年前、結婚何十年記念にと、思い切って外車を購入!でも、かみさんは、一年早いという事知っていたが黙っていたとのこと。そしてかの車は今も元気に走り続けています。
人間年を重ねていくと、いろいろな出会いに遭遇しますが、親しい人との別れは本当につらいものがありますね。数年前、ちゅうも携帯で親しい友人の奥さんが亡くなったと言う知らせを聞き、交差点のど真ん中で不覚にも泣いてしまったことがあります。でも、誰かが言っているように、その人はこの世にいなくなっても、我々が生きている限り、我々の記憶の中に生き続けていると言うことなのだから‥‥夢でも会えるしね。取手の家族に乾杯!!
2007-06-23 Sat 07:48 | URL | 猟期的男ちゅう #-[ 内容変更]
--
わが家もかなりのフライングで9日には父の日が終わってました。学童クラブの先生が1週間かん違いしていてこどもたちにプレゼントを用意させてました。品物なら1週間寝かせておいて当日渡すこともできますが、今回は手作りお弁当だったので、8日の夜には食べてもらわないといけない状態。そういう日に限って夫は飲み会で深夜帰宅。翌朝食べられそうなとこだけちょっと食べてあとは廃棄となりました。
それにしても2人も先生がいて2人とも父の日をかん違いしていることには驚きました。父の日って影が薄いのでしょうか。
自分の父たちにはいつもお酒を贈ることにしているので、父の日当日届くよう手配はぬかりなく。これまたいつも焼酎を銘柄を変えつつ贈っています。あ、この手配は私ではなくいつも夫担当なので何を贈っているのかは実は私は知らなかったりしますが(笑)。
2007-06-23 Sat 08:37 | URL | まめたろう #Qhkulfr2[ 内容変更]
-コメント、有難うございます^^-
ちゅうさん
今は家族の数が少なくなっているのと、生活が豊かに
なったので、家族内でのお祝いや記念行事が普通に行わ
れるなっているのでしょうね。
本来は、家族間の愛情や感謝は、形に表さなくても通じる
ものだと思いますけど、時代が変わってきたのでしょう。
かつての日本では、身内へのサービスは不要というか、
後回しにする文化がありましたよね。
対して西洋では、家族への愛情を、言葉や物ではっきり
示すところがあって、日本でも、そういう西洋的な感覚が
浸透してきたということかもしれません。
ちゅうさんが、結婚何十年記念の「1年前」に車を買った
話は、以前どこかで読んだ記憶が…^^
うふふ…黙っていた奥方が大好きだわ!(笑)

知人の訃報に、「交差点のど真ん中で不覚にも泣いてしま
った」ちゅうさんて、ピュアでいいなぁ…。
男の人は普段泣かないけど、それだけに「男の涙」は重み
がありますね。
今回の葬儀で、何人もの知人の男性が泣くのを、初めて
見ましたが、心に沁みましたよ…。

まめたろうさん
学童クラブの行事で、父の日を間違えるなんて!
しかも、相当早いフライイング!!(笑)
そんな話は初めて聞きましたよ~ヾ(@^▽^@)ノ
先生方も、きまり悪かったでしょうね^^
やっぱり父の日は、母の日と比べると“オマケ的存在”と
いうか、影が薄いのですね。

まめたろう家では、父の日のプレゼントは、ご主人の手配で
いつも焼酎なのですか?
…妹の家と同じだわ^^
私の父は完全な下戸なので、父にはお酒を贈れないのですが、
今は焼酎ブームだし、知人に焼酎を贈ることはよくあります。
飲む人には喜ばれますよね~(^_^)
2007-06-24 Sun 21:17 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。