スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
E子先生の校外学習?教室(ひたち野うしく・煌火屋)
2007-05-17 Thu 14:05
2007年5月17日(木)
煌火屋
おとといのE子先生の教室は、いつもと趣向
を変えて、皆でハイキング(お散歩?)がてら、
ランチを食べに行くというものだった。
お目当ては、ひたち野うしく駅そば、きらびや
煌火屋)の海鮮丼。
(地図はこちら
牛久の先生宅を出発し、おしゃべりしながら
のんびり歩いて、50分ほどで到着。

きらびやさんの海鮮丼は、先生が「具が横にでなく、縦に並ん
でいるのよ」とおっしゃっていた通り、ご飯がなかなか見えて
こないほど、具がたっぷりだった。
ホタテ貝柱なども、厚さ2センチくらいのが丸ごと、ど~んと
入っているのだが、最初は埋もれていて見えないのだ(笑)。

煌火屋の海鮮丼


ランチメニューは海鮮丼と天丼の2品のみだが、丼から天ぷら
がはみ出している天丼の方も、かなり美味しそうだった。
賑やかな場所にあれば、もっと繁盛すること間違いなしだが、
ひたち野うしくは新しい駅で、付近の人口が少ないのが残念。

食後、雲行きが怪しくなってきたので、駅の反対側の西友内
のカフェ(Green Villet)でお茶を飲んでおしゃべり。
E子先生は今、下宿生や里子ちゃんを含めて18人家族を切り
回しておられるが、先生が語る3年後の夢──。
「下宿屋はやめて、専門里親になろうと思うの」とおっしゃる。
 
[ 続きはここから… ]

専門里親”というのは、虐待などで心の傷を受けた子ども
たちを専門に預かる里親で、研修も必要らしい。
今先生が育てていらっしゃる里子ちゃんのうち2人(双子の男
の子)は、虐待こそ受けていないが、預かった当初、愛着障害
があって、先生はものすごく苦労された。その2人も、小2にな
った今は、すっかり“普通のいい子たち”に育った。
(“普通のいい子”と言うと、おかしな表現に聞こえるかもしれ
 ないが、“普通”の子どもらしさを持っているということは、
 ものすごく大事なことで、これは最高の賛辞なのだ。)
その子たちを育てて、やりがいと自信を感じられたのだろう。
極めて難しい仕事と思われるが、「私がやらなければ」と、感じ
ていらっしゃるようだ。
と言っても、E子先生の場合、気負っているのではなく、「趣味
が子育てだから」と、楽しんで取り組んでいらっしゃるところが、
またすごい。

E子先生とは長いお付き合いになるが、そのバイタリティーには、
最初に出会った時からずっと驚かされ続けている。
私などは自分の子どもだけで手一杯で、とても先生を見習う余
裕がないのが恥ずかしいほどだが、世の中には、赤ちゃんポスト
に3歳児を置き去りにする母親がいる一方で、E子先生のような
方もいらっしゃることは、本当に尊いことだ。
ひたすら敬意を表さずにはいられない。

おしゃべりに夢中になっているうち、バスの時間も忘れてしまっ
たが、天気が回復したので、また歩いて帰って来た。
舌にも、心にも、足腰にも有意義な教室であった。

牛久~ひたち野うしくの散歩


なお、E子先生はしばらく前から、下宿生の食事の記録をブログ
に書いていらっしゃる。
そのブログのご紹介は、また次回に。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<お気に入りブログの紹介 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | タケノコづくし>>
コメント
-お近くにいい人がいますね。-
ココの私の知り合いにも50人位(育てて社会に送り出した)ブラジル人夫妻が居ます。 尋ねると、ダブルべッドには小さな子が横に3~4人づつ、昼寝をしています。 親は白人ですが子供達は皮膚の色なんて気にしてません。                     
昔エリザベス サンダース ホームをアマゾン地方に試みた日本政府は失敗でしたが。移民史の中で、これまで一度、日系飲み屋の前に赤ちゃんを置いた事件が有りましたが、幸いにブラジル政府の世話にならずに、日系社会で解決しました。           
遊びに行ってこの子達に、”お前等は良いなあ、食べるモノが沢山有るから、俺なんか早く起きないと、具なんか何も無いタダのスープだけだった”と話したら笑れました。             明るい元気な子供達は互いに面倒をみています。 長女は僅かですが費用を負担している様です。(親父の私は恥しい)    全て中古品ですが子供達にはオモチャ、お人形迄持って来る人も沢山居ます。

今回のローマ法皇訪伯にも3~4千kmを数日かけて出て来て、国旗を掲げて敬厳な祈りを捧げる。そんな群集の中で、我が祖国の昨今の姿には複雑な何とも砂を食む思いさえしました。

しかし昔の食べ物の夢、いざ食べるぞ で眼が覚めた”その仇打ちで、世界最高の和牛(神戸ビーフ、赤肉 北米では盛ん)をこの地で贅沢三昧の罰当たりです。

kobe beef  ひき肉(細くなく、太くも無い) 220gm 炭火焼 Hamburguer パンは丸型(黒目) お値段 一ヶ11ドル。   
コレステロール 心配無用。
飛行機、ヘリコプター、ヨットを持ってる奴はお昼に食べてます。

2007-05-18 Fri 11:38 | URL | nakayama yoshiaki #aRSr3rzA[ 内容変更]
--
なーんと,具が縦に並んでいる海鮮丼ですか!!!
次に日本に帰るときには
絶対にかんちがいさんをつかまえて
グルメツアーに出掛けなくちゃ☆
2007-05-18 Fri 22:36 | URL | きゃしー #-[ 内容変更]
-いつも有難うございます♪-
nakayamaさん
里子を引き取る人の中には、相性が良ければ自分の子どもとして
養子縁組をしたいから…という人もいるようですが(そういう人は
1~2人の子どもを引き取るようです)、里親になっている人の
多くは、自分の子も含めて、沢山の子どもを育てているケースが
日本でも多いようです。
さすがに50人というのは聞いたことがありませんが…。
ダブルベッドに小さい子が3~4人ずつ寝ている光景、いいですね。
本当に、そういう方がいらっしゃることは有難く、頭が下がります。
何がしかの援助をしていらっしゃる長女さんも、お若いのに感心
なことです。
子どもは社会の宝ですから、本当はみんなで育てていかなければ
いけないな、と感じます。私など、何もしていなくて、恥ずかしい
限りです。

富裕層と貧困層の二極化は、世界全体の課題ですね。
1個11ドルのハンバーガーですか…う~ん、複雑な気分です。。。

きゃしーさん
煌火屋さんの海鮮丼は、本当に気前よく具がたっぷりでしたが、
以前はもっと具が多かったらしいです。
うふふ、きゃしーさんが帰国されて東京の方にいらっしゃれる時は
是非、ご一緒にグルメツアーをいたしましょう(^_^)
築地でお寿司とか、あるいはspacesisさんみたいに、韓国料理など
いかが…?
スイーツは、きゃしーさんご自身で作られているのが、いつもすごく
美味しそうですね!
マンゴープリンとアイスのパフェとか…自分で作っちゃうなんて、
スゴイです~!
私がポルトのspacesisさんのとこに遊びに行ったら、ぜひきゃしー
さんの所にも寄って、「チェック係」をさせて頂きたいです~(笑)
2007-05-21 Mon 22:38 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。