スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
上野公園夜桜と韻松亭
2007-04-05 Thu 21:16
2007年4月5日(木)

話が前後したが、10日ほど前の夜桜見物のことを記しておく。

「3/27に上野の韻松亭(いんしょうてい)の予約が取れましたから
 たまには豪勢に、夜のお食事と、夜桜見物をしましょう」
そんなお誘いをご近所仲間T中さんから受けたのは、もうだいぶ前。
もちろん二つ返事で参加。
いつものご近所メンバー、N井さんやT橋さんも一緒だ。

上野は私にとっては子供の頃から一番なじみのある街で、今でも
よく出向くのだが、もともと上野は、洒落た飲食店が少ない街だ。
…はて、そんな良さげな料亭がどこにあったろう…?
きっと、静かな裏通りにあるのだろうな…と思いつつ、夕闇が降り
たばかりの上野公園を歩く。
その前日(3/26)に見た靖国神社の桜は、まだ一、二分咲きだったの
で、あまり期待はしていなかったのだが、上野公園の桜はだいぶ
咲いていて、提灯のあかりに浮かび上がる夜桜は充分美しかった。

上野公園の夜桜(3/27)

公園内には屋台が出て、シートを敷いて場所取りした人々が、延々
と続き…

上野公園内で花見の宴を楽しむ人々

結構寒いのに、皆、花見の宴で賑やかに盛り上がっていた。

…と、「ここよ」と言われ、韻松亭に着いてしまって、驚いた。
…え、こんな公園の真ん中に料亭があるの?

ここなら、何度か通りかかったことがある。
昼に見れば、古い家がひっそり建っているようにしか見えないの
で(一階の表側が甘味処になっているのは知っていたが)、私は
文人の邸宅でも保存されているのだとばかり思っていたのだ。
そして、いよいよ、料亭、初体験。
…うわ、めっちゃ、いい感じ~♪
 
[ 続きはここから… ]

上野・韻松亭


韻松亭は明治初期に建てられ、横山大観がオーナーだったことも
ある、由緒ある店だ。
古いのに、ずいぶん洒落た造りの店だなぁ…と思ったら、後で調
べたら、2003年秋に、古い柱や床材を活かしたまま、リニューアル
されたのだそうだ。
(関連記事はこちら

ちなみにメニューは、山桜(¥7,350)という、桜月間のコース
料理。(コンタクトをはめている私は老眼で小さな字が見えない
ので、N井さんに書き写してもらったのだった…笑)

 前菜 ゆば寿司 桜寿司 筍木の芽味噌掛け 蕨 
    花弁人参大根 木の芽 豆苗の辛子浸し 生麸
    松の実 帆立 胡瓜串差し
 温物 ゆば茶巾煮 芹餡 木の芽
 向附 鮪 鯛 大根花弁 菜花ぼんぼり 山葵
 焼物 鮭新じゃが巻 クレソン パプリカ 焼蕗の薹葉
 煮物 鯛のあら炊き 牛蒡 木の芽
 食事 白魚天茶漬け 蕗の薹辛煮 もみ海苔 山葵
 香の物 三点盛
 デザート 杏仁豆腐 苺


身も心もすっかり満足して、韻松亭を後にすると、一歩外に出た
とたん、騒がしい大宴会場と化している公園内に戻った。

…何だか、別世界に行っていたようで、不思議だった。

若い人々には、元気な路上宴会が似合う。
でも私たちぐらいの年になったら、たまには、こんな大人の贅沢
を味わってもいいんじゃないか。
そう、こんな贅沢も、そろそろ許される年であろう…と うなずき、
幸福な余韻に浸りながら帰途についたのであった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(都内編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<Kちゃんの結婚 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 女3人でショッピング三昧♪>>
コメント
-ただいまんご!-
あ!ついつい「ネットカフェ」のノリで言ってしまいました(笑)

帰ったはいいものの、意気地なく時差ぼけに負け、夜8時には
寝てしまい、深夜3時に起き出して、放浪してます^^;

楽しい銀座でのひととき、ありがとうございました。
おしゃべり女と呆れずに、わたしの陽気なところを認めて
いただいてこれからも仲間としてよろしく、お付き合いくださいね。

かんちがいさんは想像していた通りの人でした^^
でも、ほっそりとして若かった!
自分が少しふっくらなものだから、かんちがいさんやsyominさん
のような痩身美女は思い浮かばなかったわ~~(爆)
そそ、おまけにちゅうさんもお腹がでっぱっておらず、
「なぁんだ、もうちょっとこっちに合わせてくれてもよかったにぃ~」と勝手失望(爆)
次回ポルトでのオフまでには、しっかと減量しておこうっと!

記事にある料亭、なかなかですね。
わたしも下関でモイケル娘のお相手のご両親に招かれ、
行ってきたところが、大変立派な料亭で、女将が鼓などを
打ってくれました。

出てきた次から次の和食料理、いったい何十種類あったのか
最後のお抹茶で終わりましたが、わたしは食べ残して
しまいました。
あちらの手前、写真はさすが撮れなかった^^;
モイケル娘にも、「おっかさん、なんばすっと?」と言われること
 必至ですからね)

ねね、この次の日本での会食は、料亭にしましょか?(笑)
もっとも、お三方がまだわたしのおしゃべりに忍耐力を持って
いたらの話になりますが(爆)

それでは、ひとまずポルト無事到着のお知らせにて。
2007-04-06 Fri 12:05 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-お帰りなさい!-
spacesisさん
「ただいまんご!」に対しては、「おかえりんご♪」とでも
言うのかしら~(^_^)
旅は楽しくとも、やはり自分の家に戻るとホッとなさるでしょう。

下関では、女将が鼓を打ってくれるような料亭に行ったの?
それはまた、超高級そうな…(^^;)
上野の韻松亭は、それほど高級というのでもなくて、割と庶民的
というのですかね、でも、何ていうか「古き良き時代」のレトロな
雰囲気が良かったです。
(で、やはり余りカメラを使うのは、憚られました…(^^;)
次の日本での会食(一体いつよ?…笑)は、料亭にするのもいい
ですね^^
オフ会では、spacesisさんのお話は、まだまだ聞き足りなかったく
らいですからね、次回も遠慮なくお話を聞かせて下さい^^
(spacesisさんの普段のHPやブログでの多弁ぶりを考えれば、
 実物はおとなしいくらいでしたよ~笑)
2007-04-07 Sat 15:38 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。