スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
親切?なセールス
2007-02-27 Tue 23:58
2007年2月27日(火)

種々の売り込みの撃退については、皆さんそれぞれに苦労や
工夫をなさっていると思う。
我が家にかかってくる電話も大半がセールスで、私は
「うちには、余裕が無いですので」とか
「すみません、今、大事な仕事の電話がかかってくるのを
 待ってるんです」
とか言って、なるべくさっさと断るようにしている。
ところが、夫はセールスへの応対を妙に楽しんでいる所がある。
特に、事務所にかかってくるセールス電話、直接訪問してくる
営業マンには、かなり丁寧に応じる。

夫は独立したばかりの頃、仕事が殆ど無く、訪れる人も、かか
ってくる電話もセールスばかりだったので、暇つぶしと社会勉
強?を兼ねて、よく話を聞いたそうだ。
長いこと話を聞き、さんざん質問などもした挙げ句、夫は最終
的には、決して何も買わない。 セールスの人にとっては、骨折
り損というか、気の毒なことだなぁと私は思うのだが、夫は、そ
んなことはないと言う。
「セールスマンはどこでも冷たく門前払いされるからね、丁寧に
 話を聞いてあげるだけでも、喜んでくれるんだよ」
…そうなのかなぁ…?
 
[ 続きはここから… ]

今日は事務所にいる時、聞き慣れない名の人から夫に電話がかか
ってきた。セールスっぽいなあと思ったけれど、夫に取り次ぐ。
応対を聞いていたら、やはりセールスだったらしい。

「…いや、今、それどころではないんです。私、借金を沢山抱え
 ていましてね。…今も、債権者の方からのお電話かと思ったん
 です」
なんて、しゃあしゃあと言ってるではないか!(笑)

「はあ…先物で騙されましてね、その時の借金がいまだに…ええ、
 4、5年前です……そうでしたね、ええ…トウモロコシです」

…はぁ? トウモロコシって、よくもまあ、咄嗟にそんな嘘がつけ
るものだ。(だから信用ならんのだ、この男!)
そんな出まかせで話を続けたら、自分の首を締めるだけなのに…と
思って、夫の顔を見ると、案外余裕の表情でニヤニヤしている。

それからしばらく話をして(嘘がバレやしないかと、傍で聞いてい
る私の方がヒヤヒヤした…)、最後には「有難うございました」と
お礼を言って切っていた。
何でお礼を言ったのかと思ったら、相手が、同情してアドバイスを
してくれたそうだ(笑)。
「消費者金融センターに行って、相談した方がいい。おいしょう
 (追証)がどうたらこうたら…で、それを申し立てれば、7割
 くらい戻ってくる場合もある…とか、いろいろ教えてくれたよ。
 よく意味がわからんかったけど…」

ふ~ん、世の中の人は、案外親切なものだな。

「しかし、面白かった、丁度、原稿書きで頭が煮詰まっていた所
 だったから、いいストレス解消になった」と、夫。

私 「…で、もともとは何のセールスだったの?」


夫 「…マンションを買わないか…って」

妙に愉快で、二人で大笑いしてしまった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<OASYS起動時不具合の修正パッチ | ミセス・かんちがいのブログ日記 | つるし雛ブーム、茨城から始まる?>>
コメント
-私の撃退法-
セールスの電話って忙しい時に限ってかかってくることが多いですね。最近は日中というのは少なくて、夕飯の支度で忙しい19時前なんてのも多いです。
うちの場合、『幼稚園年長のお子様のお母様ですか?』という切り口で学習教材のセールスが多いです。私はたいてい『留守番の者です。』で一発撃退してますが。かんちがいさんのご主人のように会話を楽しむ余裕は持てないです。だってたいてい早口でまくしたてるおばさんが多いんですもの。
2007-02-28 Wed 10:53 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 内容変更]
-あっはっはっは-
久しぶりに朝から笑わせていただきました!
ご主人、おおらかですね^^
うちのダンナも、疲れて帰ってきてるはずなのに、
夜の電話セールスにも一応話しを聞く、という風に
意外と丁寧な対応をします。
これ、もしかして男と女の違いかしら?
お、女って意外と冷淡なのかも^^;

かんちがいさん、この話、トラックバックいただきます~(笑)
2007-02-28 Wed 18:19 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-女は、悠長にセールスの相手はできないですね…-
まめたろうさん
あはは、「留守番の者です」というのは、いいアイディアですね^^
私も今度使ってみよう(笑)。

ホントに、セールスは忙しい時にかかってきますね~。
息子たちが子どもの頃は、やはり教材のセールスが多かったです。
成長するに従って、家庭教師や塾や予備校…。
女の子だと、成人式前は振り袖の売り込みがスゴイらしいです。
我が家で2~3年前にやたらとかかってきたのは、明るく元気
な娘さんの声で、「○○君(息子の名前)、いますか~?」という、
女友達風の電話。
最初は取り次いでましたが、これ、全部セールスや勧誘…(^^;)
「ホントの友達なら、携帯に直接、電話かメールしてくるよ。
 家の電話にかかってくるのは、一切取り次がなくていい」と
息子たちには言われました。
最近は個人情報の管理が少しは徹底してきたのでしょうか、
それとも、うちの息子たちが、「カモ」になる年齢でなくなっ
たのでしょうか、その手のセールスは減ってきました。

そう言えば最近は、霊園墓地のセールスが多いかなぁ…。
(これも、家族構成を見越されているのかしら?…笑)

spacesisさん
男の人は、多分、女よりも仕事の辛さが身に沁みているから、
「セールス」を、相手の仕事として尊重という傾向はあるかも
しれませんね。
でも、丁寧に話につきあった上で断るのって、どうなの~?
私だったら、長く話を聞いてしまったら、だんだん断りにくく
なり、ドツボにはまること必定…(^^;)
それに、自分がセールスする側の立場だったとしても、さん
ざん説明をさせられた上で断られたら、腹が立ちそうな気が
するのよね。
…これって、やっぱり、男女の感覚の違いかしら?

夫は、宗教の勧誘などの人とも長く話して、「あなたの考えは
認めますよ。でも、それを私に勧めるのはおかしいでしょう?」
と、逆に説教して相手を帰してしまいます(笑)。
そう言えば、西欧では宗教の勧誘なんかは無いのかしらね…

3/26は楽しみにしています。
あ、ここでのコメント欄で読んだかもしれないけど、syominさんも
誘っておいたからね♪
spacesisさんやちゅうさんにメールを書こうと思いつつ、なか
なか時間が取れなくて申し訳ない…。
とにかく、今月は遊びの予定がいっぱい!
新年会も確定申告もあって、多忙になりそうです~(^^;)ゞ
2007-03-01 Thu 22:29 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。