スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
つるし雛ブーム、茨城から始まる?
2007-02-24 Sat 11:55
2007年2月24日(土)
取手「つるし飾りまつり」のポスター
吊るし雛つるしびな)の飾りを私が
初めて見かけたのは、去年の秋だ。
昨年9/8の日記参照。)
珍しいものだなぁと思い、手作りの
ぬくもりの感じられる愛らしさに、
しばし見とれたものだ。
しかし、この“つるし雛”を、この春は
やたらと見かける。
先日、市役所(支所)に用があって
取手福祉会館に行ったら、「とりで
つるし飾り祭り
」というのをやってい
て、大量のつるし飾りやお雛様が
飾られていた。
取手商工会の女性部や、市内の高
校生たちの作品だった。
一気にブームが来たな~と思う。

取手福祉会館ロビーに飾られた“つるしびな”

 
[ 続きはここから… ]

手芸としての“つるし飾り”(ちりめん人形)作りは、現代女性に
受け入れられる要素が沢山あると思う。
古い着物やはぎれなどを材料に使い、安上がりなリサイクル感覚
で作れること。
お手玉くらいの小さい人形をつなぎ合わせるので、時間がなくて
も1個ずつ作れるし、大人数で分担して作ることも可能なこと。
基本の作り方を覚えれば、形(人形のほか、野菜とか動物とか毬
とかいろいろ)は無限で、個々のアイディアやセンスを盛り込む
余地があること。
据え置き型の人形と違い、吊るすので、飾る場所を取らないし、
移動や扱いが簡単であること。
何より、見た目が可愛いこと。

帰りに郵便局に寄ったら、そこにも一房(と数えるのかな?)の
つるし雛が飾られていた。
気をつけてみると、旧道(旧水戸街道)沿いの商店街には、本屋
さんも花屋さんも呉服屋さんも全部、つるし雛が一房ずつ飾ら
れているのだった。
今回の「つるし飾り祭り」を企画した取手商工会女性部が、各
商店に配り、一斉に飾って、雛祭りの華やかムードを盛り上げ
ようということのようだ。

帰宅してネットで調べてみたら、取手だけでなく、茨城県内の
あちこちで、つるし雛が大ブームらしいので、ビックリした。

つるし雛のルーツは茨城県なのか?と思いきや、もともとは
伊豆の稲取地方の伝統文化らしい。
(つるし飾りの由来や種類の詳細はこちらへ。)
…それがなぜ、今、茨城で、こんなに大流行しているのだろう?

先日都内に出たときも、実は“つるしびな”を一つだけは見か
けたのだけど、来年あたりは、きっと、他県にもこのブームが
波及するのではないかと、私は予測している。


こちらは、取手福祉会館ロビーで見かけたお雛様の一つ。
立ち姿のおひなさまは珍しいので、撮影してきた。

珍しい“立ち雛”


《追記》
「つるし雛」で検索されることが多いので、検索でいらした方の
ために、有用そうなサイトを2つご紹介。

★「吊るし飾り 吊るし雛 ちりめん細工
 (作り方は書かれていないが、掲載されている作品の種類が多く、
  センスも良いので参考になりそう。 ブログ管理人・育子さんは、
  多分、取手近辺?にお住まい。)

★「ちりめん細工の部屋
 (ちりめん講座→ちりめん教室と進んでいくと、うさぎのお雛様の
  作り方を詳細に書いたページがあり、つるし雛の作り方の基本
  を覚えるのによさそう。 作品を作られているのは、管理人・
  みさきんぐさんのお母様のようだ。)


《追記その2(2009年1月)》
つるし雛の作り方が載っている(ムック)を2冊ご紹介。

・「創作三大つるし飾り」(露木ミネ子著・ローカス)
  ―オリジナル74モチーフ掲載 実物大型紙付
 
  商品詳細を見る(アマゾンへ)


・「伝承つるし飾り」(日之出出版刊)

総集編伝承つるし飾り―つるし飾り・さがりもの・傘福 (HINODE MOOK 99)総集編伝承つるし飾り―つるし飾り・さがりもの・傘福 (HINODE MOOK 99)
(2009/01)
不明

商品詳細を見る(アマゾンへ)



書店で見かけたのだが、どちらも、最新のものである点、実物大
型紙付きである点が良さそう。
(吊るし雛の例は、前者の方が少し多い感じだった。)

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:4 | トラックバック:2 | ブログトップページへ
<<親切?なセールス | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 三陸名産「いちご煮」で、炊き込みご飯!>>
コメント
-きれい!-
お雛様人形は、ミニチュアで持っているものの、もう少し大きいの
が欲しいと思いながら、帰国時期がいつもずれ、とうとう買うこと
ができないで今日まで来ました。

このつるし雛はまだブームというほどではないのですね?
ちりめん人形だとすると、持ってくるときに壊れる心配もないし
日本の色彩豊かでとても綺麗^^

思わず紹介のサイトからあちらこちらとめぐってみました。
ちりめんで手作りだけあって、思ったほど安くはなかったですね。
時期外れを狙ってみようかしら^^
わたしはちりめんの色彩がとても好きです。



2007-02-26 Mon 23:17 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-ブレイクするのか!?-
最近つるし雛は良く目にいたしますね。
サポートが終わり、いよいよ明日かたずけの始まる
新宿・京王プラザ2Fでも、コンコースにずらりと吊るし雛が飾られています。
雛段飾りより素朴さや手作り感が在って良いですね~。
このまま行くと随分ブレイクしそうな気配ですね!?
節句の時期とあって、随分見物客で賑わっている様です。
【とちぎの伝統工芸展】でも、目立つところに佐野衣裳着雛を展示したところ随分と反響がありました。
普通のお雛様と違い、昔風?にお人形に着物を着付けたお雛様で、
ちゃんと足が在って、はかま履かせて座っています。
ゆえに衣裳着雛と云う名前なのですが、来場者にひとしきり説明をすると
殆どの方々が、お値段を聞いてきます。親王飾りのセットなのですが、皆さん百万円と云う予想が多いようですが、さにあらず!
実は、20万円を切るお値段! 皆さん驚かれていますが、佐野市にでかけて来ればその価格で、オリジナルの衣裳を着た親王飾りが買えるのです。もちろん都内に来れば、三倍以上の販売価格で売られていることでしょうけれど・・・苦笑。
シックな装いのおひな様をてごろ?な価格で手に入れるなら、
http://www.yoshitei.com/ まで。
ここで、ついでに?おひな様のうんちくを勝手にひとつ!
親王は、関東地方では、右にお姫様、左がお殿様と云うのが多く見かけますね
でも、昔は逆! 向かって右側にお殿様なのです。
昔の並び方は、陰と陽で、右が陽、左に陰と云うことだったようで、現代の女性には失礼な話ですが、男尊女卑な封建時代では、陽=男だったのです!!
京都など、伝統的な土地では今もこの並びが多いと聞いています。
では、現在の関東一円の様に、お姫様が右に来るようになったのは、別にウーマンリブがきっかけじゃありません(笑)
明治天皇が、西洋写真を撮った時に、西洋に習って右に女性を配したのがきっかけと云う説があり、それを習って雛人形の並びも変わったと云う事です。
まぁ、どっち側に飾ったっていいって事ではあるけれど・・・笑

2007-02-28 Wed 00:45 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-ブレイクしそうですね~^^-
spacesisさん
ちりめん人形のつるし雛は、買うものというより、自分で作っ
て楽しむものとして広まっていると思います。
でも、販売用の既製品もあるのですね。
私も調べてみて、いいお値段なのでビックリしました(^^;)
これは、やはり手作りするっきゃない?!
spacesisさん、帰国中に講習会を受けて基本を覚えて、
(妹さんが習得して、spacesisさんに教えるのでもいいかも^^)
ポルトで少しずつ手作りしてみるというのはいかがですか?
そし、ポルトで、“つるし雛”大ブームを巻き起こす!(爆)
老眼が少し心配かもだけど^^;、でも、ビーズ細工ほど細かい
作業じゃないと思うし、縫い目は不揃いでも、内側に隠れて
見えなくなるんだし…(笑)。
…とはいえ、私も当分は、自分で作る気は無しです(^^;
取手の商工会に行って、「ポルトガルとの文化交流」のため、
一房譲ってくれって頼んでみようかな~…(笑)

kobaさん
伝統工芸展、お疲れさまでした~(^_^)
片付けは大変だったでしょうね。
でも華やかな雰囲気の中で成功裏に終わり、何よりでした。
お雛さまは、そう言えば、一番手前(本館寄り)に飾って
ありましたね。 つるし雛は…通路にあったかしら?
どちらも、よく見なかったわ~残念!

佐野市では、オリジナルの衣裳を着た衣裳着雛が格安で
買えるのですね?
ご紹介の吉貞さんのホームページをのぞいてみましたが、
確かに綺麗な衣装!
今年はもうお雛さまを買う人は殆どいないでしょうから、
(数日前に女の子が生まれた家では、慌てて初節句の準備
 をしてるかもしれないけど…)、来年は早めに手を打って
1月頃には、佐野市の雛人形の宣伝をしましょうね^^

お内裏様とお雛様の並び方の左右は、関東と関西で違うと
聞いたことがありますが、もともと、そういう意味だったのね。
我が家はもちろん、女尊男卑?の並びです!(笑)
2007-03-01 Thu 13:36 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-04-27 Fri 16:23 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
介護、福祉の資格に関するリンク集です。
--
水戸街道水戸街道(みとかいどう)は、江戸時代の五街道に準ずる脇街道の一つ。江戸と水戸市|水戸をつなぐ街道で五街道と同様に道中奉行の管轄に置かれた。なお水戸側では江戸街道と呼ばれた現在では、国道6号の東京都墨田区向島 (東京都)|向島~茨城県水戸市まで区間の愛称
2007-08-01 Wed 16:44 街-NAVI
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。