スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
味噌作り講習会2007
2007-02-07 Wed 23:58
2007年2月7日(水)
E子先生ご夫妻
昨日は、毎年恒例のE子先生主宰の
味噌作り講習会に参加してきた。
(昨年の様子は2006/2/9日記参照)

私自身は、実は味噌を手作りしてい
るわけではない。
我が家は鹿児島から麦味噌を貰うこ
とが多いので、そう大量には必要な
いのだ。
が、この講習会の熱気が私は大好き!
そこで、毎年見学させて頂き、よその
お宅の味噌作りをちょっぴり手伝わせ
て頂いているわけなのだ。


以下、講習会の様子と、味噌作りの手順を写真でご紹介。
 
[ 続きはここから… ]

味噌の作り方(2007味噌作り講習会)


E子先生は最近、基本配合の味噌のほかに、こうじ米麹
の分量を変えた味噌作りも試しておられる。
昨年仕込んだという、「こうじを2割増にした味噌」、「こうじ
を倍量にした味噌」の2種類の味見もさせて頂いた。
こうじを増やせば、相対的に塩分は低くなり、旨味の強い
味噌ができるようだ。
特に、麹の量を倍にした方は、そのまま舐めて美味しい。
味噌汁にはやや甘めだが、きゅうりなどの生野菜にたっぷ
り付けて食べると最高!
(少し分けて頂いたので、既に試食済み!)

ただし、麹の量を増やした味噌は、発酵が早いらしい。
ちょうどよく出来上がったところで、分封し、冷凍保存など
にしておかないと、どんどん熟成が進み、黒くなってしまう
そうだ。
それでも、その美味しさに惹かれて、今年の講習会では、
麹の量を例年の5割増しで仕込んだ人も結構いた。
お向かいのT橋さんもその一人。
T橋さんは、味噌の保存のために、「冷凍庫を買った方が
いいかしら~?」と悩んでいた。 私はとりあえず、
「味噌ができる頃には、うちの冷凍室も空けておくから」
と、親切心を発揮しておいた(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | E子先生 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<パソコン、突然の故障… | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 主役は“とちおとめ”? (伝統工芸品展ご案内)>>
コメント
-すごい量ですね。-
みなさん、ずいぶんたくさん仕込んでいらっしゃいますね。
ミートチョッパーは手動式なんですね。これはなかなか大変そうです。でもみんなでやれば楽しいのでしょうね。
麹の量は悩むところですね。私も来年はまた配合をかえてみるつもりです。
2007-02-09 Fri 11:25 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 内容変更]
-お返事遅くなりましたm(_ _)m-
まめたろうさん
お味噌の量は…確か、1セットが出来上がりで10キロです。
でもそれを2セット仕込む人も、何人かいます。
お味噌って不思議ですね。同じ配合で作っても、その時々で
出来具合が違うみたいで。夏が暑い年は美味しくできるとか、
茹でた大豆に納豆菌がついていると美味しくできるとか、
いろいろあるようです。
皆さん、自分の味噌を美味しいとおっしゃいますし(まさしく
「手前味噌」?…笑)、実際、分けて頂いても、どれも美味しい
ので、手作り味噌はいいものだなぁと思います。
仕込む風景を見るのも大好きなので、毎年、昼食代のみでの
“見学参加”をさせてもらっています。
最初のころはもっと熱心にお手伝いしていたのですが、ここ
数年は、もっぱら撮影係?としてウロウロしています(笑) 
2007-02-12 Mon 15:51 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。