スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
E子先生のパン教室(シュトーレンほか)
2006-12-22 Fri 10:22
 2006年12月22日(金)

 先日のパン教室の報告を、画像メインで…。

 まずは、E子先生宅の玄関の豪華なクリスマスリース。
 先生のお宅では毎年、ご主人が リースを手作りされる。
 お庭の巨大なツリーに電飾を施すのも、ご主人の仕事だ。
 この2つの仕事のため、ご主人は先日、単身赴任先の岡山
 からわざわざ一時帰宅されたそうだ。

生木で作ったクリスマスリース
直径60センチほどもあります


 先生宅のリビングの窓辺には、こんなポインセチアが…。

ポインセチア
変わった色合いがキレイ…!

 
[ 続きはここから… ]

 E子先生は11月に、中国・桂林を旅行された。
 (その間、3人のチビっ子たち=里子ちゃんの面倒は、お嬢
  さんたちが見てくれたらしい。)
 そのお土産の珍しい中国茶を皆で賞味。

龍珠花茶

 お茶の葉・ジャスミン・百合・サルスベリ(百日紅)の4種
 がお湯の中で花開く、龍珠花茶(ロンジュファチャ)という
 お茶だ。
 今までも茉莉花茶(無印良品でも売っている)を何度か
 頂いたことはあるが、こんなに彩りの美しいのは初めて
 見た。 多分、工芸茶に近いのであろう。


 E子先生の12月の教室では、毎年“シュトーレン”を焼く。
 先生のシュトーレンを頂くのは、もう何年目だろう…。
 この香りを嗅ぐと、幸せなクリスマス気分で一杯になる。

シュトーレン

 ちなみに、お昼に頂いたコーンスープに浮いているのは、
 パセリでなく、青のりの粉なのだ。
 え~っ!と驚く私たちに、E子先生は笑っておっしゃった。
 「パセリだと思い込んでるから、みんな、青のりだなんて
  気づかないわよ。 もし気づいた人がいたらね、『おぬし、
  デキルな!』と、言っておけばいいのよ!」

 …なるほど。
 先生にはいつも、サプライズの演出方法まで教わる。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | E子先生 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<忘年会のあとは… | ミセス・かんちがいのブログ日記 | お友だちの話いろいろ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。