スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
博多・福岡ミニ観光(元寇防塁と金印)
2006-12-09 Sat 14:29
 2006年12月9日(土)

 今回の博多行きは、事前に下調べする
 時間がなく、何の情報も計画もないまま
 に、出かけてしまった私たちだった。
 それで、ホテルにあった薄いガイドブッ
 クと、ケータイでのネット検索を頼りに、
 翌日の大まかな観光計画を立てた。

 ガイドブックを見ると、福岡は神社仏閣がやたら多い。
 でも、既に、筥崎宮という立派な神社を見たのだから、何か
 違うものを見ようよ…ということで、私たちが目をつけたのは、
 “博多人形館”と“博多町家ふるさと館”という施設。
 二人とも、「テーマ・ミュージアム」系が好きなのだ。
 よし! これで計画は決まったな。

  午前中は博多人形館
      ↓
  昼はどこかで博多ラーメン(長浜ラーメンは今回は諦める)
      ↓
  午後は博多町家ふるさと館


 大雑把な計画だが、午後4時には新幹線に乗るのだし、その
 前にお土産を買ったりもするから、まあ、こんなもんだろう。
 細かい所はなりゆき任せでいいや…と思っていたら、実際、
 計画とはだいぶ違うなりゆきの道中になった(笑)。

 まずは福岡タワーの最寄り駅である地下鉄の西新(にしじん)
 で下車。タワーの1階が博多人形館なのだ。
 しかし、いくら歩いてもタワーが見えてこない。駅前の地図
 のビジュアル的な方角に従って歩いてきたのだけれど、どう
 やら、地図を90度傾けて見なければならなかったと気づく。

 正しい方角に向かって近道で戻ろうとすると、「元寇防塁入口」
 というのがあった。
 何だろ? 元寇撃退の記念碑でも建ってるのかな?
 
[ 続きはここから… ]

 元寇防塁とは、一度目の元寇(文永の役)のあと、元の再度の
 来襲に備え、鎌倉幕府の命で、博多湾の海岸沿いに築かれた
 石築地のことだった。
 約20キロの長さを半年間で築かせたというから、結構気合が
 入っている。「神風」だけを祈願していたわけでもないのだ。
 その防塁の一部が、今もこうして数箇所残っているらしい。

西新の元寇防塁


 道を間違えたおかげで、予定外のものが見られて良かったね…
 と言いつつ歩いていくと、広大な建物に突き当たった。
 福岡市博物館だ。

福岡市博物館

 夫 「ここは、“漢委奴国王”の金印があるって、ガイドブックに
   書いてあった所だ」
 私 「じゃ、せっかくだから、金印見ていこうか?」

 “かんのわのなのこくおう”の金印は、子供の頃から知っている
 けれど、わざわざ観光コースに組みこみたいと思うほど魅力
 的だったわけではない。
 が、当の博物館が目の前にあるなら、話は別。
 これは見るっきゃない!

 まずは無料のビデオコーナーで、『まんが金印物語』を鑑賞。
 発掘から保存に至るまでの騒動が描かれ、これが案外面白か
 った。 金印は畑からひょっこり掘り出されたようなイメージ
 を持っていたが、実は厳重に秘匿されていたのだ。
 期待に胸を高鳴らせ、常設展示室に入る。
 が、ガラスケースに収められたその国宝を間近に見て、私は
 思わず不謹慎な言葉を発してしまった。
 「うわ、ニセモノっぽい~!

 金印は2センチ角くらいで小さかった。写真で見ると、把手部
 は蛇の彫刻が施されてなかなか立派なのだが、実物は、わけ
 のわからぬ塊にしか見えない。やたらピカピカ光っているのも、
 かえって安っぽい。 粗悪な模造品のような印象。
 「こんなの、そのへんに落ちてても拾わんよな~」と夫。
 お土産用のレプリカの方がずっと立派に見えた(笑)。

 だが、博物館全体としての展示内容はなかなか充実していて、
 遣唐使船の模型など、ご当地ならではの物も多かった。
 博多祇園山笠祭りの法被(はっぴ)の展示も壮観だった。

 その後、やっと当初の目的の福岡タワーに向かう。

福岡タワー

 が、タワー1階では、今度は博多人形館が見当たらないのだ。
 展望室のチケット売り場のお姉さんに尋ねてみる。
 「博多人形館はどこですか?」
 「…今はないんですよ」
 「え?」
 「3年前に閉館しました

 ガ~~~ン…

 「…そうなんですか…。じゃ、あの、この近所で美味しい
  博多ラーメンのお店を教えて下さい!」
 (この辺は、「転んでもただでは起きない年の功」なのだ。
  しかし、博多人形館に関するネット情報、訂正しておいて
  ほしいなぁ。福岡タワー1階って明記してあったぞ~!)

 展望室も見晴らしが良さそうだが、何せ夫は、高所恐怖症。
 「何で、金を払ってわざわざ怖い思いをせにゃならんのだ」
 という人だし、夫一人を下で待たせるのも気がひける。
 ちょうど昼時だったので、私たちは、教えてもらったラーメン
 屋さんに向かって歩き出した。

 夫がしみじみと
 「道を間違えて本当に良かったよなぁ…」
 確かに、真っ直ぐ福岡タワーに来ていたら、結構ショックが
 大きかったろう(笑)。

 話が長くなったので、本日はここまで。
 観光のメインとなった櫛田神社については、次回に書こう。

 え? 神社は行かないはずだったのでは…って?
 そこは、まあ、突っ込まないで…(笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<博多・福岡ミニ観光(櫛田神社ほか) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 撮りたて画像特集?>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。