スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
最近のメニューから3 (チキンカチャトラほか)
2006-11-26 Sun 23:58
 2006年11月26日(日)
 
 大根餅の記事を書いたときに、
 チキンカチャトラについてちょっと
 触れたら、以来、「チキンカチャトラ・
 作り方」で、何度も検索を受けて
 しまうのである。
 これはちゃんとレシピを載せておか
 ないと(汗!)…というわけで、
 数日前に作ったチキンカチャトラを
 ネタにする次第。

 それにしても、チキンカチャトラ(鶏のトマト煮・猟師風)
 は、結構スタンダードなメニュー。
 ネット上のレシピなど幾らでもありそうなのに、なぜ私の記事
 など検索されるのだろう?と思ったら、「チキンカチャトラ」と
 伸ばして表記する方が、より一般的らしい。
 本格的なレシピを知りたい方には、「チキンカチャトーラ」で
 再検索されることをオススメする。

 私の作り方はいい加減だ。レシピを覚えたての頃こそ、真面目に
 作っておもてなし料理にしていたけれど、何度か作るうちに普段
 のお惣菜メニューに降格。(何たって、鶏の手羽元は安いし!)
 ちなみに、我が家の子供たちは、ずっと「チキンカチャカチャ
 と呼びならわしていた(笑)。
 
[ 続きはここから… ]
 ★チキンカチャトラ
  【用意するもの】
  ・鶏手羽元(一人あたり3本前後)
  ・トマトの水煮缶(1~2缶)
  ・玉ねぎ(1~2ケ)とニンニク1かけ
  ・サラダ油(orオリーブ油)、日本酒(or白ワイン)、塩コショウ、
  ・小麦粉少々
    (以上が必須。以下は無くてもよい)
  ・キノコ類(マッシュルーム、シメジなど1種)
  ・ニンニク(かたまりを2ケほど)
  ・好みのスパイスやハーブ類
  【作り方】
  ①塩・コショウ・スパイスをしっかり振った鶏肉に小麦粉をまぶ
   し、フライパンで焦げ目をつけてから煮込み鍋に移す。
  ②同じフライパンで、旨味をこそげとるように、薄切りのニン
   ニクと玉ねぎを炒め(本当はじっくりアメ色になるまで炒め
   るのだが、私は5分くらいでやめる)、これも鍋に移す。
  ③鍋にトマト缶を開け、酒(50~100ccくらい)も缶をゆすぐよ
   うにして加え、軽く混ぜて弱火で1時間弱ほど煮込む。
   (長く煮ると美味しいが、あまり煮込みすぎると、肉が骨
   から離れてしまう。)
  ④塩コショウなどで調味して(トマトの酸味が強すぎる時は
   砂糖少々も足す)完成。
  ※焦げ易いのでそれだけは注意(最初はトマト多めで作ると
   失敗が少ないかも)。様子をみて、汁けが少ないと感じたら
   生トマトやトマトジュースを足すとか、赤みを補うのにケチ
   ャップを足しちゃうとかも、全然OK!
   なおトマトソースの部分が残ったら、パスタはもちろん、ご飯
   にかけて「チキンカチャカチャご飯」(息子命名…笑)で食べ
   ても案外美味しいのだ。

チキンカチャトラの作り方

  
 ★カブのオーブン焼きまめたろうさんのレシピから)
  チキンカチャトラの付け合わせの温野菜としては、油で焼いた
  ナス、茹でたブロッコリや小松菜、粉ふき芋などが合うが、今回
  初めてカブのオーブン焼きを添えてみた。
  お友だちのまめたろうさんのブログで見かけて、カブを焼いたら
  どんな感じになるのか、すごく興味があったのだ。
  焼き上がったカブは、少しシワが寄ってしまうのだが、中身は
  すごくジューシー! 縮んだ分だけ味が凝縮され、びっくりする
  ような食感と味だった。
  作り方は、まめたろうさんのブログの
  カブのグリル中近東風
  カブのオーブン焼きガーリック風味 にてどうぞ。

 ★ゆで卵とブロッコリーのグラタン
 ゆで卵とブロッコリのグラタン
  献立を1品増やしたいとき、私は、オーブントー
  スターで焼く簡単なグラタンをよく作る。(オーブン
  トースターにピッタリサイズの耐熱皿を持ってい
  るととても便利!)
  これは、くし型に切ったゆで卵と、小ぶりに切って
  固茹でしたブロッコリーを耐熱皿に並べ、マヨネ
  ーズをかけて焼くだけという、料理とも言えない
  ような簡単グラタン。
  ゆで卵だけ、あるいはブロッコリーだけの単色グラ
  タンにするのもよいし、残り物のフランスパンの切れ
  端などを小さく切って入れるのも美味しいものだ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<身近な紅葉風景に、「え?!」 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 肉筆浮世絵展の1枚の絵のこと (北斎「鳳凰図屏風」)>>
コメント
-おいしそうですね!-
こんにちは。
独身時代に何度か作ったチキンカチャトーラ。トマト好きにはたまらないおいしさですよね。ニンニクをおおきいままいれるなんて豪快ですね。食べたくなっちゃいました! 
「香草塩」がネーミングからしておいしそうです。
カブのオーブン焼きもご紹介ありがとうございます。手抜きメニューだけれど意外においしいので私は気に入ってます。冷蔵庫にカブが残っているので今晩あたりまた作ろうと思っていたところです。

ところで、前の記事にでていたチェーホフのアンソロジー、よさげでした。たまにはお芝居見に行ったりコンサートに行ったりしたいものです。独身の頃は都内や神奈川に住んでいたのでよく行ったのですが、子育てがはじまってからは1度市の文化ホールで行われたコンサートに夫婦ででかけたぐらいです(託児付きだったから)。 夫婦で飲みに行くなんていうのもうちはないですねぇ。私がお酒を飲まない(飲めないわけではないけれど、お茶やジュースのほうが好き)のと、夫は家で飲むほうが好き(飲んで眠くなったらそのまま布団にはいれるのがいいらしい)なので。たまには夫婦だけででかけてみたいものです。
2006-11-27 Mon 12:17 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 内容変更]
-焼いたカブ、美味しいですね♪-
まめたろうさん
おっと、こちらからご挨拶に行かねば…と思っていたのですが、
バタバタしていて、失礼しました(^^;)ゞ
少し仕事も落ち着いてきたので、後でまたゆっくり伺いますね。

かぶのオーブン焼き、私もすごく気に入りました。
かぶは、サラダ、汁物、カレーなどにしか使ったことがなかった
ので、「カブのグリル中近東風」を読んだ時から、これは試したい!
と、ひそかにチャンスをうかがって(笑)いたのでした。
スープ煮などより、ずっとジューシーに感じますね。
かぶの風味が凝縮されるから、もともとかぶが苦手な人には向か
ないかも…とは思いますが、幸い我が家は皆、かぶが好きなので
定番メニューになりそうです。 まめたろうさん、有難う~(^_^)

「香草塩」は土産で貰ったものですが、通販もあるようです。
http://review.rakuten.co.jp/rd/2_212709_619532_0/
すごく風味が良いです。スーパーで売ってる「クレイジーソルト」
に似ていますが、アメリカで配合されたものより、日本で配合
されたこちらの方が、やはり日本人好みかと思います。

子供が小さいうちは、私もほとんど、外出らしい外出はできま
せんでしたよ~。 夫と二人のデート(?)もね^^
時間だけでなく、お金の余裕もなかったし…(^^;)
お友だちと都内に映画を見に行くなんて、交通費も飲食代も
かかるような贅沢はできなくて、どうしても見たいものは、
レディースデーなどに、一人で車で、それこそつくばシネプレ
ックスに行ってました(水筒に入れたコーヒーを持って…笑)。

まめたろうさんも、そのうち「おとう」殿と一緒に、芝居でも
コンサートでも旅行でも、行けるようになりますよ^^
人生には、その時々の「季節」みたいなものがあります。
子育ての季節は、子供といっぱい遊ぶのが一番♪
(子供もそのうち親と遊んでくれなくなりますからね~(^^;)
2006-11-27 Mon 16:43 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。