スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
鯨のベーコン (高田馬場を徘徊…)
2006-10-05 Thu 22:31
 2006年10月5日(木)

 おとといA知大学の取材で名古屋に行っていた夫は、昨日は
 都内でW大学の取材。 私も、夕方から新宿で仕事の打ち合
 わせだったので、その後、夫と高田馬場で落ち合った。

 夫「立ち飲み屋に行く?」
 私「やだ~、座って食事したい」
 そう言うと、馴染みの店が飲み屋ばかりの夫は、ちょっと困っ
 た様子。 
 夫「じゃ、ローマ料理の店に行くか?」
 私「うん、うん♪」
 夫「オレもそこは20年ぶりくらいなんだ。まだつぶれずにある
  から、今どうなってるか、ちょっと興味あるし。」
 私「…ふうん(若干不安…)」

 で、連れて行かれたのは、高田馬場駅から近い「タベルナ
 (この店名が面白い!)という名のローマ料理店。
 味は普通だったけれど、雰囲気は悪くなかった。
 「レトロ風」じゃなくて、「本物のレトロ」!
 老マスター(?)の、甲斐甲斐しい対応も好印象だった。
 レジスターが無くて、そろばんで計算されたのには、かなり
 びっくり。(あれも演出だったらスゴイけど…笑)

 それから、本格的に「飲み」に行くことに(やっぱりそうなる…笑)。
 一応、仕事の打ち合わせを兼ねた「飲み」だそうで、夫がW氏
 に電話すると、指定されたのは、早稲田通りをしばらく歩いた先、
 インド大使館のそばにある、「串衛(くしえ)」という串揚げ屋さん
 だった。
 種々飲み食いしたが、私にとって初めてのものが3つあった。
 
[ 続きはここから… ]

 まず、クジラのベーコン
 鯨の刺身はたまには食べるし、昔、給食で出た鯨肉のスブタ風
 の味もよく覚えている。
 「でも、鯨のベーコンは食べたことない」と言うと、夫にもW氏に
 も、非常に驚かれ(呆れられ?)た。
 「オレらの世代で食ったことがないって…。一体どういうお嬢様
  育ちだよ? 昔は最もチープな、庶民の味だったのに。」
 (…ん~…。別にお嬢様じゃないけど、多分、両親が好きじゃな
  かったんだろうなぁ…。)
 「見るのも初めてだし…」と言うと、夫に「嘘つけ。取手の駅ビル
 の魚屋でも売ってるぞ」と言われる。(今日確かめたら、本当に
 売っていた。人間、自分の守備範囲外のものは、目に入ってい
 ても見えないものらしい。スライスしたのが少しばかり真空パッ
 クになって1700円もしていた。今では高級食材なのだ。)

 それから赤ナス
 私たちは座敷席だったけれど、カウンター席の前に積んである
 巨大なナスが気になって気になって仕方がなかったので(笑)、
 これは私がリクエスト。
 長さ30センチほどの長ナスは、鹿児島などでは普通に見かけ
 るが、カウンター前の赤ナスは、それだけでなく、太さが10セン
 チほどもあるのだ。
 (巨大なサツマイモが光っているみたいな不思議な光景!)
 それが丸ごと焼きナスになって出てくるのだが、注文してから
 焼き上がるまでに、さすがに時間がかかった(笑)。

鯨のベーコンと赤ナス


 あと一つ、初体験だったのは、新潟の吟醸酒、上善如水(じょう
 ぜん みずのごとし)。
 一口目の印象は、「日本酒じゃないみたい!」
 名の通り、水の如く飲みやすく、上品で女性好みだと思う。

 いつもはビールだけにしている私だが、昨夜はワイン(ローマ料
 理店で)と生ビールと日本酒を(1杯ずつだが)飲んでしまった。

 久しぶりに終電まで飲み、いろいろ社会勉強(笑)になった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(都内編) | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<かきとり練習 (柿取り練習) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 充実でお疲れな一日(映画「フラガール」ほか)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。