スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
秋の色
2006-09-25 Mon 15:06
 2006年9月25日(月)

 今年は柿の色づきが早い。
 今月半ばに鹿児島から取手に戻ったら、隣の公園に、我が
 家の柿の実(今年初めて実をつけた蜂屋!)が、20個ほども
 落ちていて、「あ~、もったいない!」と、溜め息が出た。
 色づくのを待っていると落ちてしまうので、早くも少しずつ
 収穫している。

 前庭に生えているもう1本の柿も、熟してきた。
 荒れ放題の庭に落ちて、湿った土と落ち葉にまみれた柿は、
 妙に美しいと私は感じてしまう…。
 これは、もはや「滅びの美学」の域に達しているのでは…?
 (庭の手入れを怠っているのを正当化する訳ではないが…笑)

落ちた柿



 キンモクセイも今が盛り。
 花を小カゴに盛って、香りを部屋の中にも持ちこんでみた。

キンモクセイ

 
[ 続きはここから… ]

 おとといの土曜は、東京の実家の墓参りに行った。
 次男と三男もやって来て、お墓の前で久々に5人家族全員が
 顔を合わせることができた。
 「…仏さまのおかげだね」と、母が言う。


墓参りの帰り
左から、夫・次男・長男・三男

 写真は、取手駅から我が家に向かう、当家の男共四人衆。
 (後ろ姿の盗撮しかできないこの頃…笑)
 兄弟3人でゲーム対決をすることに決まったらしく、次男・
 三男は、取手の家に寄ってから帰ることになったのだ。

 夕飯のためにご飯を5合炊いたのも、久しぶりだった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<E子先生のパン教室 (栗の皮むき大会?!) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 鹿児島県民の秘密>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。