スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ハンカチおやじの受難
2006-08-25 Fri 18:45
 2006年8月25日(金)

 夏は夫にとって、受難の季節である。
 太った中年オヤジのご多分にもれず、夫も大変な汗っかき。
 タオルハンカチで汗を拭く姿は、見るからに暑苦しい。

 “ハンカチ王子” と “ハンカチおやじ”…。
 カナで書けば1字違いなのに随分違うもんだと思いつつ、
 夫のハンカチカゴの上の方に、青いハンカチを集めておいて
 あげる私は、つくづく良妻だなぁと自分で思う(笑)。

 受難と言えば、最近こんな珍事?に悩まされている。

 事務所を日暮里内で移転したのは今年2月のことだが、
 それに先立って、本社の住所を取手の自宅に移転させた。
 これは名目上(登記上)の本社ということで、実際の営業所
 は日暮里ということになるのだが、営業所は移転しようが
 増えようが、いちいち登記する必要がないから、そうして
 おく方が引越しの際にラクだろうと考えたのであった。
 しかし、これが大きな間違いで、国税は茨城で、地方税は
 東京で払うことになり、それをあちこちのお役所に理解して
 もらうのに一苦労であった。
 そうした手続きが一通り済んで最近はホッとしていたのだが、
 またまた変な問題が持ち上がった。
 本社が、実在しない住所に登録されているというのだ。
 ええっ? そんなバカな…!
 
[ 続きはここから… ]

 よくよく調べると、取手の自宅の住所が「××番地21」の
 はずが、「××番地の1」と登記されているのだった。
 お役所の方で、どこかの段階で、転記の際の入力ミスがあっ
 たとしか思えないのだが、正しく直しておかないと、何かと
 不都合が生じる。
 簡単に直せるのだろうと思ったら、一度登記されてしまった
 ものは、直すのがとても大変なのだ。
 まず、代表取締役である夫の住民票と印鑑証明が必要と言
 われる。(…少し前にも提出したばかりなのになぁ…)
 それをそろえたら、今度は「不在籍証明」が必要だという。

 不在籍証明?!
 そんなのは聞いたこともなかったが、つまりは、「実在しない
 住所に、誰も籍を置いてもいないし、住んでもいない!」

 いう、変な証明が必要らしい。

 夫がしぶしぶ取手市役所支所にその証明書の発行願いを出し
 に行ったら、そういう手続きは珍しいらしくて、役所の人たちも
 よくわからずにいろいろ調べていたそうだ(笑)。
 今度こそ、まともに登録されてほしいものである。


 ところで昨日の朝の、寝起きの夫の第一声は…


 「必殺仕事人になった夢をみてた…


 そして、


 「今、危ないところだった…


 私は爆笑したが、本人は笑っていなかった。
 夢は結構 長編だったらしい。
 …夫なりに、いろいろストレスが溜まってるのかなぁ…(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<“デスノ”ファン必読のアナザーノート | ミセス・かんちがいのブログ日記 | つくば“オリザ舎”で自然食ランチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。