スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
どこかで脱出ゲームブーム終了
2006-07-29 Sat 23:45
 2006年7月29日(土)

 昨年、本サイトの日記で2回ほど、大人でも楽しめるクリック
 ゲーム(「SAMOROST」「赤い部屋からの脱出=CRIMSON
 ROOM」など)を紹介したことがある。
 その紹介記事は、本サイト内に「ゲームはいかが?」という
 独立したページを作って収録してある。
 (おヒマな方は是非どうぞ。)
 赤・緑・青の部屋からの脱出ゲームについては、わざわざ自分
 でヒント集のページも作ったのだが、最近では、たまに思い出し
 たように、検索からアクセスされる程度で、いわば、サイト内で
 殆ど埋もれているページである。
 ところが、先々週と先週、突然、アクセス数が急増!
 そして今週はアクセスゼロ!(笑)…という異変が起こっていた
 ことが、ヒントページのアクセス解析(週集計)を見てわかった。

ヒントページへのアクセス

 …この異変の原因は、だいたい想像がつく。
 
[ 続きはここから… ]

 3週間余り前に、私のサイトの存在が三男と次男にバレた。
 (7/6日記「バレた…!」参照)
 その時、普段はあまり読まれないエッセイページなどへの
 アクセスが続き、
 「ああ、多分息子たちが読んだんだろうな…」
 などと思ったのだった。

 ゲームのヒントページについては、息子たちが見たというだけ
 では説明できないほど、こんなに集中してアクセスされたのは、
 多分、息子の友人たちの間で、脱出ゲームが流行ったのだ。
 このゲームは私も一時ハマったのだけど、実際、友達にもちょ
 っと教えたくなるようなゲームなのだ。
 ゲーム慣れした若い子たちにとっても、「緑の部屋にひそむ謎」
 などは、自力だけでクリアするのは難しいはずだから、それで
 ヒントが活用されたのだと思う。

 結構頑張って作ったページだったので、今さらながら活用され
 たのは嬉しい。
 が、息子の友人たちも、もう全員ゲームをクリアしたんだろう。

 …かくして、ブームはきっかり2週間で去ったのだ(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ケータイの液晶破損! | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 微妙にタイムリーでない?東京土産>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。