スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
八咫烏(やたがらす)の謎
2006-06-20 Tue 09:44
 2006年6月20日(火)

 書くのが遅くなってしまったが、
 一昨晩の日本-クロアチア戦は、
 「サッカー日本代表チームチップス
 を食べながら観戦。
 普段ほとんど食べないポテトチップス
 を買ってきたのは、 応援気分という
 より、パッケージにでかでかと印刷
 されているJFAのシンボルマークの
 図柄に興味があったからだ。
 「これが、くだんの八咫烏か…」

 世間では“常識”なのかもしれないが、
 私はつい最近まで、これを「トリのマーク」程度にしか認識してい
 なくて、日本神話に出てくる3本足のカラス「八咫烏(ヤタガラス)」
 の図案だなんて全く知らなかった。
 なるほど、よくよく見れば、サッカーボールをつかんでいるのは、
 カラスの3本目の足だ。

 しかし、何でカラス? 何で3本足? 何で3本足なのに「八」?
 三種の神器の一つの「八咫鏡(やたのかがみ)」と、何か関係が?
 本来?の八咫烏の3本目の足は、何をつかんでいるの?
 …そんなしょもない疑問が次々とわいてきて、私の「調べ病」の
 虫がうずく(笑)。
 
[ 続きはここから… ]

 調べてみたら、「咫(あた)」は、長さを表す単位で、「八咫烏」
 は「大きなカラス」を意味するのだった。
 現代では憎まれ役のカラスも、古代には縁起の良い鳥だった
 らしく、世界各地にカラスに関する神話があるのにも驚く。
 日本サッカー協会のマークになったおよその経緯もわかった。
 (以上はこちらのページ参照)
 3本足の3の意味は、「智・仁・勇」とか「天・地・人」とか、諸説
 あるらしい(これはこちらのページ参照。)

 でも、何かスッキリしないなぁ。3本足の必然性が…。
 ワタシ的には、2つあるべきものが3つあったら、その3つめは
 超能力みたいなものを秘めていると考えたかったのだけど…。
 ま、そう、都合よく、私をスッキリさせる説明などないか(笑)。

 ところで、この「サッカー日本代表チームチップス」にはオマケ
 のカードがついている。 川口選手のカードだったので、ちょっ
 と嬉しかったけれど、別にこういうのを集める趣味もないから、
 テーブルの上に置きっぱなしにしていたら、意外なことに、長男
 が熱く反応。 研究室でこのカードが大ブームだという。
 え? 小学生でなく、大学生の間で…?!



 「生協で、朝は沢山あるのに、夕方には売り切れちゃうんだよ。
  みんな幾つも買って、カードだけ取って、チップスは残る
  “ビックリマンチョコ”現象が起こってる。
  たまに、光るカードもあって、“キラ”って言うの。
  “中村俊輔のキラが出た~”なんて言うと、“おお~!”って
  盛り上がるよ」

 そんなわけだから、自分は集めてないけど、この川口のカード
 も誰か欲しがるかもしれないからもらっておくよ…と言う長男。

 …ようわからんが、局地的には、熱いブームを巻き起こして
 いるカードらしい(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<お知らせ2つ3つ(画像と音声と映像の話) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 嫁の務め(義父母への贈り物)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。