スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
嫁の務め(義父母への贈り物)
2006-06-17 Sat 19:59
 2006年6月17日(土)

 気がつけば、父の日が目前。
 昨日は夫婦双方の父に、プレゼントを買って宅急便で送った。
 私の父には、いつもポロシャツ。
 義父にはいろいろ目先を変えて選ぶのだが、毎年のことなので、
 去年、何を贈ったのか忘れてしまう。去年は、作務衣だったか、
 下着だったか…なんて思いながら、家計簿の記録を見ると、
 去年は帽子を2つ、一昨年は甚兵衛風パジャマと記録されて
 いる。 じゃ、今年は、夏用の下着セットでいいや…と、時間も
 ないので、なるべく悩まず選べるものにする。
 いずれにしろ、男親へのプレゼントは、あまり悩みようがない。

 鹿児島に父の日のギフトを送る時は、6月生まれの義母の誕生
 日のお祝いも一緒に送る。
 義母の服の好みはよくわかっているので、選びやすいのだが、
 最近は「服は沢山あって、着きれないから、もう要らん」と言うの
 で困る。(義母は、古い服も破けた服も、絶対に捨てられない
 人なので、実際、鹿児島の家には、衣類が死ぬほどある…)
 遠いから、実家の母へのように、直接花を持って行ってやるこ
 ともできないし、一緒に芝居見物というわけにもいかない。

 義母はいつも、「S子ちゃんの作るケーキだけでよかが」と言う。
 それでも、母の日や誕生日前になると、家の前に宅急便の車が
 停まるのを、心待ちにしているらしいので(苦笑)、やはりケーキ
 だけというわけにもいかない。
 あの世代の人たちの間では、「母の日や誕生日に、子どもから 
 どんなものを送ってきたか」というのも、しばしば話題になる(時
 には見せびらかしあう?)らしいので、そんな時に、義母に肩身の
 狭い思いをさせたくもない。
 高価なものでなくてもいいのだが、「要らんというのに、これを
 送ってきたのよ~」と言って、お友だちに自慢?できるようにし
 ておいてあげるのが、嫁の務めらしいと最近は考えている。
 
 で、「服は要らん」という要望を一応尊重しつつ、今年の義母の
 誕生日プレゼントに選んだのはこれ。
 暫く前に買っておいた、ちりめん地の、帽子と、ウエストポーチ?


[ 続きはここから… ]

 お値段は、ここに書きたくないほど安かった(笑)。
 色柄は、夏向きとは言えないけど、義母好みのはずなので、秋口
 からでも使ってもらおう。

 80歳をとうに越えた義父母には、実はもう、欲しい「物」など ない
 ようだ。
 食べ物もあまり食べられないし、外出着で出かける先と言えば、
 病院ぐらい。 必要なものを自分で買うお金は持っている。
 それでも、いや、それだからこそ、中身ではなくて、「子どもたちが
 忘れずに心遣いしてくれた」という、そのこと自体が重要なのだと
 痛感する。

 こちらはお約束のパウンドケーキ。
 今回は粉黒糖を使い、ボンタン漬け(ザボン
 =文旦の皮の砂糖漬)を刻んで入れた。
 (どちらも、鹿児島から送ってきたもの。)
 照りを出すために、焼き上がり直前に、例の
 梅ジャムに、マーガリンを混ぜたもの
を塗っ
 て仕上げた。
 この混ぜものがヤバウマ!
 トーストにも合いそうだ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<八咫烏(やたがらす)の謎 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 梅の山と格闘!(生梅ジャムほか)>>
コメント
--
帽子、素敵な柄だこと^^

80過ぎたら外出着で出かけるところは病院だけ・・・
現実はそうでしょうね。
亡くなったわたしの母は、近くの西友巡りが
好きでしたが、それもすぐ側にあったから
出来たのでしょう。

端から忘れられていきがちなお年寄りに、
気配りは、自分の存在を忘れずにいてくれた、
と、きっととても嬉しいものでしょう。

かんちがいさんには感心することばっかりです、
わたしは^^;
感心ばかりしとらんと、真似しなくっちゃ!
さて、と思って気づくこの寂しさ・・・

母も好きだった叔母ももうおらず、義母は
10年以上ベッド生活です・・・

シーツもパジャマももういっぱい。
せいぜい花をもって顔を見せるくらいでしょうか。
多分もうちょっと顔見せする機会を増やしましょう。

かんちがいさん、がんばってね^^





2006-06-20 Tue 01:58 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-花と笑顔と歌…はどう^^?-
spacesisさん
ちりめん地の帽子というのは変わってるでしょ?
安物なんだけど、私も結構気に入って買いました^^
今度また見つけたら、カウプレ用に買っておこうかしら?

私は実際気立てのよいヨメさんだけど(←自分で言ってるよ…笑)、
義父母とは、遠く離れて暮らしてるから、何とか角も立たずに
やっていられるところがあるのだと思います。
一緒にいたり、近くにいたりすると、やっぱり大変ですよね。

spacesisさんのお義母さんは、10年以上もベッド生活ですか?
…それも大変ですね。。
spacesisさんは声が素敵だから、時々は歌を歌ってさしあげるという
親孝行もよいのではないですか?
それこそ、ジュアン君の曲と、spacesisさんの歌を入れたCDを
作って、ベッドでいつでも聴けるようにしてさしあげるとか…。
でも、爆笑するような曲や歌では、お義母さんのお腹が痛くなっちゃ
うかしら?…(笑)
2006-06-21 Wed 00:43 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。