スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
梅の山と格闘!(生梅ジャムほか)
2006-06-15 Thu 23:55
 2006年6月15日(木)

 鹿児島の家(夫の実家)は、本宅は鹿児島市内にあるのだが、
 霧島の山の上にも別宅がある。 店もなく不便だが、夏は涼し
 いし、温泉もあるので、以前は霧島で過ごすことも多かった。
 最近は老いた両親には車での移動がきついらしく、2カ月に
 1度くらい、それも義父だけが出かけ、庭の手入れなどをして
 いるようである。

 数日前、義父からメールが来た。
 「今、霧島に来たから、近いうちに梅の実を送る、熟れて少し
  黄色くなっているが…」という内容。
 わざわざ送ってもらわなくても、青梅など、茨城で良いものを
 いくらでも安く買えるのだけれど、せっかくだから有難く頂いて、
 いつも梅シロップ(ハチミツ漬け)にする。
 しかし昨日、段ボールで届いた梅の実を見て、ちと困った。

 お、多すぎますよ、お義父さん~!



 しかも、梅の実の質が悪すぎる…(汗)。
 義父が荷造りした時は、もう少し青かったのかもしれないが、
 かなり黄色くなり、すべての実に斑点があるし、ひび割れや
 傷のあるものも多い。
 その辺の梅の木の下に落ちたまま放置されていそうな梅だ…。
 とても、ご近所さんにお裾分けとかできるレベルじゃない。

 どうしよ~…と、しばらく呆然とした。
 (心の中でゴメンナサイして、全部捨てちゃおうか?という
  思いも、よぎったのである。)
 
[ 続きはここから… ]

 しかし、これだけ収穫した父の手間、高い送料までかけて
 送ってくれたものだ…(それにしても、こんなに頑張っちゃ
 って、義父は腰や膝が痛くならなかっただろうか…)と思い、
 気を取り直して、ハチミツや氷砂糖やホワイトリカーを買い
 に走る。
 仕事も溜まっているのだが、しようがない、梅との格闘日だ…。

 比較的青くて、傷のない大粒のものは梅酒に。
 傷のない小粒のものは、酢と氷砂糖で梅サワードリンク用に。
 傷んだもの(一番大量にある)は、包丁で傷んだ部分を取り、
 実を竹串で突つき(エキスが早く出るよう)、ビンに沢山詰めた
 上からハチミツを注いで、梅シロップに。

 傷んだ梅は、氷砂糖でなく、ハチミツで漬けるのが鉄則。
 氷砂糖だと、砂糖が溶け、梅からエキスが出て液が上がってく
 るまでの数日の間に、梅の空気に触れている部分が変色したり、
 カビたり、発酵して泡を吹いたりしてしまう(昔、失敗済み)。
 なるべく空気に触れないようハチミツで漬け、実を早めに
 引き上げる策がよい。

 あと、柔らかく熟れた実を使い、初めて、生梅でジャムを作っ
 てみた。
 (梅酒に漬けた梅でジャムを作ったことは数回あるけど…。)

生梅ジャムの作り方


 生梅ジャムは、思いのほか、美味しくきれいにできた。
 少し苦みが残ったが、最初に水につけてアク抜きしてから作れ
 ば、もっとよかったらしい。
 (作った後にネットで見つけた、生梅のジャムの作り方。)

 梅の扱いは手がかかる。
 ビンを熱湯消毒したり、梅の一粒一粒、水分を拭き取り、ヘタや
 傷みを取り除いたりするのだから、これだけ作るのに深夜まで
 かかってしまった。



 義父には今日、事後報告のこんなメールを送った。
 「送ってもらった梅で、梅酒1ビン、酢漬け2ビン、
  ハチミツ漬2ビン、梅ジャム2ビンを作りました。
  一日がかりでした(笑)。」


 最後の「一日がかりでした(笑)」には、もちろん少々の抗議の
 気持ちが込められているのだ。
 そして本当は、もう1行、最後にこう付け加えたかったのだ…。

 「それでも、まだ大鍋に1杯近くの梅が残ってます(泣)」
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:10 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<嫁の務め(義父母への贈り物) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 敵に学ぶ>>
コメント
-えらい!-
かんちがいさん、がんばりましたね^^
しかしまぁ、よくぞこんなに作ったもんやわぁ^^
丸一日かかったというのが、ほんとによく
わかります。

梅酒も梅ジャムもわたしは大好きですが、
悲しいかな、ポルトガルでは青梅はまずもって
入手不可能。
それに氷砂糖もなかなかその辺では売っておらず
手に入りにくい。

昔、ここに滞在していた日本人の友達が、青梅の
変わりに食べごろの梅(これは売ってます)を
代用して梅酒つくりに挑戦して、わたしも頂き
ましたが、やはり味が違う・・・
そんなんで、わたしはとっくの昔に梅酒つくりは
挑戦すらしなかったのでした。

義母と同居していたときに、彼女は梅酒ならず、
マルメロの季節になると、そのジャム、(ポルトガル語では
これをマルメラード=マーマレード、と言う)そして
ジャムを作るときにできるシロップを固めると柔らかい
ゼリーのようになるのですが、それらを毎年つくり、
マルマラードはお椀型の小さな器に、ゼリーは瓶詰めにして、
たくさん保存していました。

これは大きな大きな鍋に、ほぼまる一日グツグツとあくを
取り除きながら煮るのです。

わたしは残念ながらまだ一度もこのマルメラード作りには挑戦していません^^;
砂糖が足りないと失敗です。
日持ちせず、やがてカビが生えて保存食にはなりません。
このマルメラード(marmelado)、ちょっと羊羹に似ていない
こともない^^


こういう手間暇をかけることを、ポルトガルの若い人達は
わたしもそうですが、もうしなくなりました。
かんちがいさんは、ほんとうにエライ^^
感心しっぱなしよ!
今日はお疲れさまでした!
2006-06-16 Fri 04:01 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-すごいー-
うちの母も毎年,この時期青梅を買ってきて
氷砂糖で漬けています。
夏の間はほぼ毎日サイダーや水で割って飲むのが楽しみでした。
そしてあの漬け終わった梅を食べるのがおいしいんですよねー。
2006-06-16 Fri 19:47 | URL | きゃしー #-[ 内容変更]
-お疲れ様でした~~~-
大変だったことでしょう。
お察しします。
本当に、手間ひまがかかりますね。
腰や腕は、大丈夫ですか?
作業は、もちろんですけれど、「やらなきゃ・・・」と考えたときの気持ちの重さ・・・。(>_<)
出来は、最高ですよ。きっと☆

ゆっくり、休んでくださいね~って、まだ一鍋あるのでしたっけ。
あとは、梅エキスくらいでしょうか。
でも、丸1日かかりますしね・・・。
2006-06-16 Fri 19:52 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-どーして-
人様の奮闘記って面白いのでしょう。。
最後の一言「それでも、まだ大鍋に1杯近くの梅が残ってます(泣)」
で大笑いしてしまいましたー。わっはっは(ごめん)

もう本当にかんちがいさんのお人柄、大好き!
おつかれさまでした~。

あと一鍋ガンバレェ(←鬼)



2006-06-16 Fri 22:01 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
-「よく頑張ったで賞」もらえるかな?-
spacesisさん
我ながら、頑張りましたよ~!(笑)
でも、やむにやまれず、やったことですからね、感心されるような
ことでもないのです(^^;)ゞ
自分からすすんで、こんな大変なこと、絶対にやりません!
…っていうか、量的にありえないよね?
でも、こんな状況に追い込まれなければ、一生、生梅でジャム
作りなんてしなかったでしょうから、まあ、それが一つ、プラス
になりました。

羊羹に似た?、マルメラード! …不思議なものですね~^^
だいたいマルメロってどんな果物じゃいな??と調べたら、
「カリンに似て、生では食べられない」とありました…ふうむ…。
ポルトガルにはマルメロの木って、結構多いのかしらね?

きゃしーさん
お母様は、氷砂糖で梅シロップを作っていらしたんですね^^
梅酒とか梅シロップ作りは、自分の気持ちと時間に余裕のある時、
いい青梅を選んで買ってきて、のんびり作ると、すごく幸福感が
あります。
買ってきたばかりの青梅の、触れている指先まで染まりそうな、
あの緑色も大好き!
…でも、今年の梅との格闘は、それとは程遠かったです…(笑)

きゃしーさんも、相変わらずお料理頑張ってますね。
「居酒屋きゃしー」のメニューもスゴイ!
また引越しもされるようですね。
きゃしーさんの生活はいつも公私ともに「盛り沢山!」ですね~(^_^)

美緒さん
覚悟を決めて、取り組みましたです…(笑)
残りの大鍋1杯の梅は、現在放置中…甘い香りがしています。
(一応、「ジャム作りのために追熟させている」という大義名分は
あるんですが^^)
これだけ頑張ったから、あとは捨ててもいいか…という感じにも
なってます。

梅エキスって、どんな風にするんでしょう?
丸一日…って、時間だけなら、かけてもよいのですが…
でも、「丸一日の手間」なら、今回は却下だわ!(笑)
梅干しも難しそうだしね~。。。。

syominさん
鬼~っ!!(笑)
syominさんがもし、ご近所に住んでいたら、「梅ジャムにしてね」って
大鍋1杯の「黄色い青梅」を持って行ってあげるのに!(私も鬼~!)

奮戦記を面白がってもらえるのはうれしいですよ^^
大変なことは奮戦記に書いて、他人事のように自分を笑っちゃうのが、
私は多分、好きなのね。
恥を捨てることで、ラクになっているところがあります…(^^;)ゞ

弟さんとこ、6/6に双子ちゃん誕生だったのね、おめでとさん!
まだ授乳回数が多い時期だから、義妹さんも大変でしょうね~。。(懐)
でも、一族が増えて賑やかになるのって、嬉しいですよね^^
2006-06-16 Fri 23:49 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-わっはっは~-
この距離で良かった良かった!(笑)
いや、その苦労を共有するのもいいかもぉ~。ひぃぃ

でも、奮闘記に書いて自分で笑っちゃうって
すっごくわかる~~~!!(私も私も~!)
そういう意味ではブログやってて
生活がもっと楽しめて、
人様にも笑いや励ましを頂きながら
何もしてなかったら味わえないものを
味わえてる気がしますよね!
お得な感じ?(笑)

大好きなかんちがいさんのブログ
いつも楽しませてもらってるよ~♪
だから、、あと もう一鍋!(*^m^*) ムフッ

双子ちゃんのお祝い、ありがとう♪
ごめんね、主人の実の妹なのでした。。
ミーシャさんのお嬢さん達みたいになるのかしらね。
楽しみ~。

かんちがいさん、梅との格闘も大変でしたが
子育ての格闘も本当にお疲れ様でした。


2006-06-17 Sat 12:21 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
-確かに「お得」です!-
あ、義妹さんて、ダンナさんの妹さんの方だっけ?
どうも、「月の土地の所有者の弟さん」が印象的だったもの
だからね(笑)、失礼!
いずれにせよ、めでたいことで、良いの~~(^_^)

ネットは楽しすぎるから、あまり熱中しないように(現実生活を
おろそかにしないように)自戒している面もあるのですが、
HPやブログを運営してるからこそ、現実生活に張りが出てくる
面もあると思います。

今回の「梅騒動」も、苦労しながらも、日記にはどんな風に書こ
うかと考えて一人で笑ったり、途中で写真を撮ったりしたから、
結構楽しめたと思うのね。
それがなかったら、きっと「なんで、こんなもん送ってくるのよ~!」
と、もっと恨みがましい気持ちになっていたかも。
そして後日、実家の母や妹に事情を話して、「全く参ったわよ~」
なんて、愚痴をこぼしていたかもしれない…。
そんな自分を想像すると、ネット上で笑い話にしちゃってる自分の
方が、ずっと健全で好きだと思える…(^_^)

だから、お互い、これからも大いに「笑いっこ」しましょ♪
2006-06-18 Sun 10:43 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-すごい量の梅-
かんちがいさん 凄い量の梅ジャムをお作りになりましたね
それにとても美味しそうですね 余ったら送ってください
なんちゃって・・・
今年は梅を漬けませんでした、でも私もジャムに挑戦して見ますね♪
サッカーで寝不足で体調がすこぶる悪いです(笑)
2006-06-26 Mon 23:34 | URL | riko #PU4.p7mo[ 内容変更]
-はじめまして-
梅ジャム作っている人をさがしてここへたどりつきました。傷んだ梅をどうしようかと思ったのだけれど、やはり梅ジャムにすることにしました。それにしてもミセス・かんちがいさんの梅の量はすごいですね~。私もがんばろうっと。
2006-06-27 Tue 14:16 | URL | まめたろう #-[ 内容変更]
-梅ジャム、オススメよん♪-
rikoさん
サッカーで寝不足ですか?
プラズマ大画面だと、サッカー観戦も臨場感があるでしょうね~^^
私は今日は朝から忙しくて、夜になってやっとPCに向かえました…(^^;)

梅は、例年は義父母が一緒に荷造りして送ってくれるのですが、
今年は義父一人で送ってくれたのでね、男の人は、やっぱり加減が
わからないのでしょうね~、ホントに多すぎて参りましたよ^^
義父母にはとても可愛がってもらっているので、感謝はしてるん
ですが…(^^;)
「これでは漬けるビンが足りない」…なんて言おうものなら、今度は
ビンも送ってきかねないから、普通にお礼を言っておきました(笑)。

私は何を作るのもいい加減で、rikoさんみたいに本格的ではないので、
こんな風にブログに載せるのは、よく考えると恥ずかしいのですが、
ま、あまり考えないようにしてますので、笑って読み流してやって
ください…(^^;)ゞ
そう言えば、明太子マヨのじゃが芋のミルフィーユ、この前作って
みたんですよ。 オシャレで美味しかった~、rikoさんに感謝♪

まめたろうさん
ようこそ~♪ 検索で来て下さった方に、コメントを頂けると
何だか感激~(^_^)
まめたろうさんのブログも、先ほどちょっとのぞかせて頂きました。
いろいろと手のかかるものを手作りされているんですね。
「米飴」というのも、初めて知りました。
手描きイラストも、ほのぼのしてていいですね~^^
また、ゆっくりお邪魔させていただきますね。
これを機に、今後も仲良くして頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくね^^
2006-06-28 Wed 00:56 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。