FC2ブログ



一人で文楽の公演を観てきた♪
2009-12-20 Sun 14:38
2009年12月20日(日)

Yさおりさんの「今年1年を振り返るためのリスト」の記事で紹介さ
れていた一つ目の質問が、こういうものだった。

  What hidden part of you have you awakened this year?
(あなたの持つ、秘めた部分のうち、今年呼び覚ましたのは何ですか?)


呼び覚まされるほど、たくさんの種など秘めていない私だが、何かに
出会って感動した、新たに興味を触発されたという意味でなら、私に
小さな変化をもたらしてくれた出会いは、今年も幾つかは、あった。

例えばそれまで存在すら知らなかった「足立美術館」とか。
名前を聞き知っていた程度だった「若冲」の絵とか。

だが、私が今年1年を通して、「出会って一番良かったと思っているも
の」…それは実は、「文楽」(人形浄瑠璃)なのである。
まだ、開眼したとも言えないほどの、ほんの初心者レベルなのだが、こ
れは長く付き合えそうな、良い趣味を見つけちゃったな~♪と、自分で
は思っている。

きっかけは、夏に読んだ、「あやつられ文楽鑑賞」だった。

あやつられ文楽鑑賞あやつられ文楽鑑賞
(2007/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る(アマゾンへ)


仕事の資料として、図書館から借りて読んだものなのだが、これは作
家の三浦しをんさんが、ご自身が文楽にハマった経緯を軽い筆致
で書いた、エッセイ風の文楽入門書だ。
それまで、文楽など見たこともなく、特に関心もなかった私だが、こ
の本を読んで、文楽への認識は「面白そう!」「ちょっと見てみたい」
に変わった。

で、手始めにテレビで鑑賞。
(8月下旬にNHKの芸術劇場で放映された時に録画。結局見たの
 は、10月も半ば過ぎだった。夫が出張でいない夜に、一人でゆっ
 くり見たのだ。)
その時の放送内容は『義経千本桜』の二段目の「伏見稲荷の段」と
「渡海屋・大物浦(とかいや・だいもつうら)の段」。

これを見て、私の中の文楽への認識は、「すごい!」「私好み!」
変化。

文楽では、1体の人形を、3人の人形遣いが動かす。
人形によっては目や眉や口が動くけれど、顔のパーツは滅多に動かさ
ず、むしろ絶妙な操り方だけで、豊かな表情や細やかな仕草を表現す
る。それが実に見事で、ある意味、生身の人間が直接演じるのよりも
すごい。
3人遣いの人形操作は世界的にも例がなく、もっとも洗練された人形
劇として、2008年11月には、ユネスコの無形文化遺産に登録されたと
いうのもうなずける。
舞台の仕掛けも視覚的に面白いし、ストーリーがまたよくできている。
(例えば「渡海屋・大物浦の段」は、幼い安徳天皇…実は女の子…が、
 壇の浦で死んだのではなく、船宿“渡海屋”に匿われて生きており、
 そこに義経一行が宿泊する…というような、ドラマチックな設定な
 のである。)
こんなに高度で総合的なエンターテインメントの伝統がある日本に生
まれて、これを知らずに過ごすのは、実にもったいない!

で、次は、舞台を直接見てみようと考えて、先日、国立劇場まで
見に行ってきたのだ。
 
一人で文楽の公演を観てきた♪の続きを読む
スポンサーサイト



この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |