FC2ブログ



お友達が週1回シェフになる店で、ランチ♪(取手・ベリーロール)
2009-12-08 Tue 23:52
2009年12月8日(火)

ママ友のHさんから、「(ママ友仲間の)H田さんが最近働
き始めたお店にランチを食べに行きましょう」と誘われた時、
私は二つ返事でOKしつつ、とても奇異な感じを受けた。
H田さんというのは、亀のカメキチさんを飼っている、あの
H田さん
である。

お店は、取手のカフェ“ベリーロール

「お友達が来てくれるような地元のカフェで、ランチを出す仕
事をする」というのは、私たちのように、子育ての済んだ主婦
にとって、悪くない、いや、なかなか魅力的な仕事である。

しかし、なんでH田さんが?という点において、私の頭の中は
疑問符一杯だったのだ。

彼女は、しばらく前まで、介護関係だかの仕事をしていたが、
親御さんが高齢で時々見に行かなければならないということ
で、仕事を辞めた。
取手市内に住んでいるお嬢さんが二人目のお子を出産したば
かり(つまり彼女は、もう、二人もお孫さんがいる)ということも
あって、プライベートが忙しいから、暫く定職には就けないと
いうような話だった。
しかも彼女は、社会福祉士の資格を取るために勉強中だった
はず。(既にケア・マネなどの資格は持っていて、今は、女子大
の通信講座を受講中。時々キャンパスに出向くスクーリングも
あるそうで、「私、今“女子大生”なのよ! 妻が女子大生だっ
て言って、主人が喜んでるわ(笑)」
という話だった。)

その経緯を考えると、なんでH田さんが、今、カフェで働いてい
るのか、さっぱり見当がつかなかったのだ。

だから、迎えに来てくれたHさんの車に乗るやいなや、私は尋
ねた。
「H田さん、そのカフェに就職したの?」
「うん、週に1回。火曜日だけね」
「え? なに、それ、そんなのあり?」

「何かねぇ、もともと時々H田さんが行ってたお店らしいのね。
 で、そこのオーナーさんが、何かほかにやりたいことがある
 から、お店は人に任せたいということで、週1回、やってくれ
 ないかって、声をかけられたんだって」
「へえ…そんなことが、あるのねぇ」
「声をかけられた時、H田さんはちょうど○○ちゃん(子どもが
 いるお嬢さんとは別の、もう一人のお嬢さん)と一緒に食事し
 ていてね、○○ちゃんがすっかり乗り気になったものだから、
 母娘で引き受けることにしたんだって。 で、○○ちゃんがお
 休みの火曜を担当することになったのよ」
「ふ~ん…」

カフェ“ベリーロール”は、一見さんが訪れることは、まずない
だろうと思われるような、とても辺鄙?な場所にあった。
(地元の方のために書いておくと、永山公民館の向かいに小
 さな看板が出ていて、その小道を入っていくのである。)





店に入ると、入り口にこんな紙が…


わ、「本日のキッチンは ユキコシェフ」だって!


「ユキコ」はもちろん、H田さんの名前。
すご~い、“シェフ”なんじゃん!
(別に、栄養士とか調理師の資格などは、ないはずだが。笑)



でも、いいなあ~!

1週間に1度、シェフになるのって♪

 
お友達が週1回シェフになる店で、ランチ♪(取手・ベリーロール)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |