FC2ブログ



若冲の「動植綵絵」に心奪われる!(「皇室の名宝展」)
2009-10-30 Fri 23:50
2009年10月30日(金)

鹿児島にいる間、「早寝」の義父母に合わせて、宵っ張りの
私も、早めに消灯していた。
休む部屋は別々なので、義父母が寝てからこっそり夜更かし
すれば良さそうなものだが、義父母は夜中に何度もトイレに
起きるので、私の部屋から灯が漏れていたり物音がしたりす
れば、起きているのがバレるわけなのだ。
私は「早起き」の方は義父母に全然合わせていないので(そ
ういうところで頑張らないのが「良い嫁」のコツなのだ…笑)、
夜の10時、11時では、まだ眠くならない。
それで一度、夜中の1時近くまで起きて仕事をしていたら、
「そんなに夜更かししたら体を壊す」と、ものすごく心配され
てしまった。
で、早めに消灯して床に就き、枕元には本を読めるようなラン
プもないので、真っ暗な中、ケータイでブログ巡りを1~2時
間もするというような“隠れオタク”的な生活をしていたので
あった。(まあ、自宅に戻ってきてからも、ブログ巡りは殆ど
ケータイでしているのだけど。)

そんな風にして、鹿児島にいる間に、この記事を読んだ。
 ・「皇室の名宝展に行ってきました」(若だんなの新宿通信)
もともと皇室の名宝展はちょっと気になっていたのだけど、こ
れを読んだら、どうしても若冲(じゃくちゅう)の「動植綵絵」を
見たくてたまらなくなって、こっちに戻ったら、すぐに見に行こ
うと決めていたのである。
(若冲の絵が見られる1期は、11/3まで。)
 
伊藤若冲なら夫も興味を持ちそうなので誘ってみると
夫 「う~ん、仕事が忙しくて時間が取れないよ」
私 「でも、“動植綵絵(どうしょくさいえ)”の30幅がすごくいいみ
  たいよ」
夫 「うむ…でも無理。 それに、俺は前に京都に仕事に行った時、
  細見美術館で若冲の絵を結構見ているんだ」

それで、私一人で、仕事帰りに上野の東京国立博物館に見に行
くことに。
予習として、「奇想の系譜」(辻惟雄)を読んでから行った。
 
若冲の「動植綵絵」に心奪われる!(「皇室の名宝展」)の続きを読む
スポンサーサイト



この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:6 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |