スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
若冲の「動植綵絵」に心奪われる!(「皇室の名宝展」)
2009-10-30 Fri 23:50
2009年10月30日(金)

鹿児島にいる間、「早寝」の義父母に合わせて、宵っ張りの
私も、早めに消灯していた。
休む部屋は別々なので、義父母が寝てからこっそり夜更かし
すれば良さそうなものだが、義父母は夜中に何度もトイレに
起きるので、私の部屋から灯が漏れていたり物音がしたりす
れば、起きているのがバレるわけなのだ。
私は「早起き」の方は義父母に全然合わせていないので(そ
ういうところで頑張らないのが「良い嫁」のコツなのだ…笑)、
夜の10時、11時では、まだ眠くならない。
それで一度、夜中の1時近くまで起きて仕事をしていたら、
「そんなに夜更かししたら体を壊す」と、ものすごく心配され
てしまった。
で、早めに消灯して床に就き、枕元には本を読めるようなラン
プもないので、真っ暗な中、ケータイでブログ巡りを1~2時
間もするというような“隠れオタク”的な生活をしていたので
あった。(まあ、自宅に戻ってきてからも、ブログ巡りは殆ど
ケータイでしているのだけど。)

そんな風にして、鹿児島にいる間に、この記事を読んだ。
 ・「皇室の名宝展に行ってきました」(若だんなの新宿通信)
もともと皇室の名宝展はちょっと気になっていたのだけど、こ
れを読んだら、どうしても若冲(じゃくちゅう)の「動植綵絵」を
見たくてたまらなくなって、こっちに戻ったら、すぐに見に行こ
うと決めていたのである。
(若冲の絵が見られる1期は、11/3まで。)
 
伊藤若冲なら夫も興味を持ちそうなので誘ってみると
夫 「う~ん、仕事が忙しくて時間が取れないよ」
私 「でも、“動植綵絵(どうしょくさいえ)”の30幅がすごくいいみ
  たいよ」
夫 「うむ…でも無理。 それに、俺は前に京都に仕事に行った時、
  細見美術館で若冲の絵を結構見ているんだ」

それで、私一人で、仕事帰りに上野の東京国立博物館に見に行
くことに。
予習として、「奇想の系譜」(辻惟雄)を読んでから行った。
 
若冲の「動植綵絵」に心奪われる!(「皇室の名宝展」)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:6 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
帰って来たら…
2009-10-29 Thu 11:05
2009年10月29日(木)

一昨夜、鹿児島から帰宅。
その時、夫はまだ仕事から帰っていなかったが、私が留守の1
週間の間、夫がどんな暮らし方をしていたのかは、主婦の目で
見れば、すぐにわかることである。

2階の寝室の掛け布団がリビングに運ばれ、ソファーベッドで
寝起きしていたのは一目瞭然。
学生時代みたいに、半径数メートル内で生活していたのだろう。
それはまあ、(好ましくはないけど)よいとしよう。

洗濯は1回、した模様。
(干してある量で分かる。)
それも、まあ、そんなもんだろう。

台所を見ると、生ゴミが茶がら程度しかない。
鍋釜を使った様子もない。
根菜類も、冷蔵庫の野菜も、ちっとも減っていない。
(ハーフサイズのキャベツやレタスを買っておいてくれと言う
 から、わざわざ買っておいたのに。)
…はあ、自炊ゼロか。
弁当や惣菜などのプラスチックゴミも全くない。
つまり、外食ばかりだったのか。
…こんなこと、義父母が知ったら心配するだろうな。

ビールの空き缶が4つ。
1週間にしては、これは少ない。
家にいない日が多かったということか。
連日、取材で忙しかったみたいだし、出先での夕飯ついでにお酒
を飲んだりすれば、家には帰ってこられないわけだから(駅から
運転できないので)、外泊が多かったのかもしれない。
外泊と言っても、日暮里の事務所に泊まるという意味で、それは
普段でも時々あることだし、そのこと自体は構わない。
飲酒運転して帰ってくるよりよほどいいし、疲れた体で、風呂も
わいていない家に帰ってくる気になれないのもわかる。
(事務所の近くには温泉だけを利用できるホテルもあるし。)

…と、ここまでは、何とか想定の範囲内。
ただ、外食続きだったらしいことが、夫の健康管理上、気がかり
ではある。

それから、ビールの空き缶のそばに、空きビンを1本見つけて、
目をむいた。




…ちょっと~!
なんでザクロ・リキュール、飲んじゃったの?!




これは焼きリンゴにかけると抜群に美味しいから、私はちょっと
ずつちょっとずつ大事に使っていて、まだ、そんなに減っていな
かったんだぞ~!

だいたい、ザクロ・リキュールは、シロップみたいに甘い酒なのだ。
寝酒に少々飲むとか、カクテルに少し使うならわかるけど、一体
全体どんな飲み方をして、全部飲んでしまったのだろう?


それから、床に転がっている、別のビンも見つけて唖然とした。



…何で、シャンパン?!
と言うか、シャンパンて、普通、一人で飲む?




一人、自宅でシャンパンを抜いて飲んでる50過ぎのオジサンの姿を
想像すると、間抜けなのか、哀れなのか、よくわからない(笑)。
 
帰って来たら…の続きを読む
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
只今、キカチュウ
2009-10-24 Sat 23:55
2009年10月24日(土)

水曜日(21日)から、一人で帰鹿(きか)している。
前回鹿児島に帰った時、義父母には 「涼しくなったらまた
来るからね」と言って別れたのに、なかなか時間が取れず
にいた。
やっと1週間くらいスケジュールが空いたので、急いで飛
行機のチケットを手配したら、妹から、「(実家の)母が、26
日から2週間入院」という連絡が来た。
糖尿病が改善しないので、インシュリン注射を覚えるため
の入院ということらしい。

…ん~。

実の母親が入院する日に、義父母の所に行っている娘って、
どうなの…?
とも思ったけれど、手術とかの緊急入院ではないし、まあ、
妹もいてくれることなので、なかなか行けない鹿児島の方を
優先。

母よ、ゴメン。
妹よ、よろしく頼む。


義父母は義父母で、私が急に行くことにしたので、
「何事じゃろか?」
と不審にも思ったらしいが(笑)、それでも喜んで、私の好物
の梨(それも、メロンみたいな特大サイズ!)を買ったり、
わざわざ枕崎まで行って鰹を大量に買い込んだりと、あれこ
れ用意して待っていてくれたのである。
(私がカフェオレをよく飲むからと言って、紙パックのアイスコ
 ーヒー2本と、低脂肪乳を5本も買いだめされていたりした
 のには、ちょっと閉口。…仕方ないから、カップにアイスコ
 ーヒーと低脂肪乳を入れて、レンジで温めて毎日数杯飲ん
 でいるけど、ちっとも美味しくない…笑)

鹿児島にいると、パソコンに向かう時間は殆ど取れないのだ
が、それは忙しすぎるためではなく、逆にのんびりしすぎてい
るため、高齢者モードの生活にどっぷり浸って、パソコンと縁
遠くなってしまうのである。

どんなことをしているのかと言えば、例えば畑で、義父母から
野菜や花や果樹に関する話をいろいろ聞いたり、義父が柿を
採るのを手伝ったり(私は主に脚立の押さえ係)、義母が焼酎
で柿を“あおす(渋を抜く)”のを手伝ったり。
時にはマニュアル車を運転して(この車は、2年前まで義母が
運転していた軽自動車)、義母と街なかの温泉に行ったり。
また、義母の手足の爪を切ってあげたり、耳掃除をしてあげ
たり。(「人に耳掃除をしてもろたのは初めてじゃ」と、えらく
喜ばれた。)
もちろん、いつものように、お寿司屋さんや鰻屋さんに行った
りもする。

が、とにかく、義母の話し相手になっている時間が一番長い。
夕飯の後なども、義父が自室でテレビ(野球など)を見てい
るのをいいことに、女二人は、食卓でいつまでも茶を飲みな
がら、しゃべる、しゃべる、しゃべる…。
さんざんしゃべって、「さあ、もうお風呂に入って寝っが」と
なるのだが、「お義母さん、先に入って。私は後からゆっくり
入るから」と何度言っても、入浴中の義母からは「S子ちゃん
も一緒に入りなさい」と、お呼びがかかってしまう。
…何で、義母は、そんなに“嫁”の私と一緒に風呂に入るのが
好きなんだろ?(笑)


ところで、義父母の家では、こんな手書きの札があって、時々
玄関の外に掛けるらしい。



が、今回、家の中に、見慣れぬこんな札を発見。
何々、「正しい姿勢で歩くための八つのポイント」
 
只今、キカチュウの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
プラスチック製品の汚れ落としに、酸素系漂白剤が効く話
2009-10-17 Sat 17:54
2009年10月17日(土)

昨日も外出してきたけれども、外出話を書くのにちょっと飽
きたので(笑)、本日のネタは、家事Tips(小技)。

ずっと以前(ブログ以前)に、「造花を洗う」という記事を書い
た時にも紹介したのだけど、プラスチック製品の汚れを落と
すには、粉末タイプの酸素系漂白剤がとても効果的だ。
(本来は、色柄もの衣類の洗濯に使う、こういうやつね)

特に、カゴ類とか、造花のようにゴチャゴチャした造形のもの
…ブラシを使って隅々まで洗うのは手がかかるようなもの…
には、これが一番いい。
その効力に偶然気づいて以来、私の中では、酸素系漂白剤は、
「お掃除」用品の定番なのだが、あまり世間では話題になって
いないようなので、再度ご紹介。


どんなに簡単にキレイになるか。
例として挙げるのは、汚れた洗濯バサミ。


わっ、汚れてるっ!


…いや、普通に洗濯物を干すのに使う洗濯バサミは、こんな
汚れ方はしない。
これは、実は台所で使っていたのである。

蒸気や油煙、リビングから流れてくるお灸の煙や煙草のヤニ、
それらにホコリも混じって、こんなに汚くなったのだ。
しかも、高い場所で使っていたので、取り外すのが面倒で、10
年くらいは放置していた。
ずいぶん汚れてきたなあ…とずっと気になっていたのを、先日
やっと外して洗ったわけなのだ。

洗うと言っても、酸素系漂白剤を溶いた湯にしばらく浸けるだ
けで、ブラシでゴシゴシする必要は全くない。
ほらほら、こんな感じで、キレイになっちゃう!
 
プラスチック製品の汚れ落としに、酸素系漂白剤が効く話の続きを読む
この記事のURL | ハウスキーピング・主婦のライフハック | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
初秋の上高地
2009-10-14 Wed 17:48
2009年10月14日(水)

以前に上高地に行ったのは、2003年の初夏。
ご近所の主婦仲間とだった。
「上高地」は、元は「神河内」などと書いたそうで、まさに
“神様のお庭”のような別天地である。
初めて見た時の感動が強烈だっただけに、2度目の今回は、
どんな印象になるのかが、ちょっと怖い気もしていた。
土曜だから、きっと人出も多いだろう…というのも、気になっ
ていた。
それでも、バスが上高地に近づくにつれ、あの景色を見な
がらの散策が、やはり楽しみになってきた。

上高地での散策タイムは90分。
バスは、大正池、帝国ホテル、バスターミナルの順に停まり、
集合はバスターミナルだが、降りるのはどこでも自由である。
上高地の一般的な散策は大正池からのスタートで、そこから
上流の河童橋まで行ってバスターミナルに戻るコースは、通
常なら、120分とるらしい。
添乗員さん曰わく
「90分だと、ちょっと早足加減の散策になります。足に自信の
 ない方は、帝国ホテル前で降りて、お茶を飲んだり、30分
 ほどの散策をゆっくり楽しんで下さいね」

私としては、せっかく上高地まで来たのだから、美しい大正
池は必見だと思うし、フルに歩き回る気満々である。
が、夫は膝に不安があるから、帝国ホテル前まで乗っていく
と言う。
この日はすでに、2箇所の見学をして、もう3時間ほども歩
いていたからだ。
「じゃ、後で、バスターミナルでね!」
ということで、上高地では、夫と別行動。
一人で散策するのも悪くないなあ…と思いながら、私は張り
切って、大正池前でバスを降りた。

池に降りていく道で、早くも歓声を上げてしまう。
「ああ、キレイ…!」


ケータイのカメラの写真では、美しさが充分に再現できてい
ないのが残念だが、実際にはもっと、夢のような柔らかな色
あいだった。
(今回の旅行は、夫に仕事用のデジカメを持参させるのを忘
 れて、結局ケータイでしか写真が撮れなかった。)

それから次々と目に入ってきた風景は、私の記憶の中の
上高地のイメージとは、随分違っていた。
同じ場所でも、季節によって、こんなにも印象が違うのか…
と感嘆を禁じえない。
何が違うって、「色」が違う。
何だかマジックを見せられているようだ。

歩きながら、「風景の色彩」、その「彩度」や「明度」のことを
考えてしまった。

以前に訪れた時は、初夏だったので、上高地の風景の印象
は、一言で言えば、くっきりした「青緑」だった。
山は青みがかった緑、川面は緑がかった青。
川原の白さと、残雪の白がアクセントになって、そのコントラ
ストが、目にも鮮やかだった。

今回は初秋、紅葉はようやく始まったばかり。
晴れてはいるが、山は、ぼやけて見える。
彩度は前回より落ちる。
でも、それが優しさを醸しだして、悪くない。
…この複雑な色合いを、どう表現すればいいのだろう?

全体を一言で言えば“黄色の世界”なのだが、詳しく説明しよ
うとすると、とても長くなる。
明るい灰緑と、水色と、黄土色を基調に、時々鮮やかな黄や
赤が混ざった、渋めのパステルカラーのモザイク

…とでも言ったらいいだろうか(笑)。
浅葱色(あさぎいろ)とか、青鈍色(あおにびいろ)なんて
和色名も連想してしまう、中間色の世界だ。
以下の拙い写真は、その色調を想像しながら、ご覧頂きたい。
  
初秋の上高地の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
岐阜の古い町里-その2-(白川郷・飛騨高山)
2009-10-10 Sat 19:09
2009年10月10日(土)

(※先日の「岐阜の古い町里-その1-(郡上八幡)+鷲ケ岳温泉」
 の記事の続きである。)


白川郷観光ポイント・見どころなどの概説

合掌造りの集落、白川郷。
ぜひ訪ねたいと思っていたのは、世界遺産だからということも
もちろんあるが、白川郷を何度か訪れている母から、
「白川郷はいいよ。 だいぶ観光地化されてるけど、今はまだ
 きれい。 あまり観光地ズレしないうち、少しでも早いうちに、
 一度見ておいた方がいいよ」

と、随分前から勧められていたからでもある。

ホテルを朝7時半に出発して、渋滞もなく、8時半に白川郷に
到着。観光バスとしては、一番乗りであった。
いろいろ順調だし、前日から集合時間が毎回きっちりと守ら
れていたこともあり、添乗員さんが
「白川郷の散策は、本当は90分ですが、105分にサービスしま
 しょう」
と言ってくれたのは、嬉しいことであった。
わずか15分の延長だが、90分と105分では、心理的な忙しさが
だいぶ違うものだ。

到着前に、バスの中で白川郷の地図が配られ、見学の段取り
の簡単な説明を受けた。
添乗員さんの勧めもあって、ツアー客ほぼ全員が、「合掌造り
民家園
(白川郷 野外博物館)」の見学オプションを申し込んで
いたのだが、添乗員さんが言うには、
「民家園そのものは、世界遺産ではありません。世界遺産にな
 っているのは、対岸の萩町地区です」

…え~? じゃ、オプション申し込まなくてもよかったじゃん?
と、一瞬思った。(が、ここもとても良かったことは、後述する。)

添乗員さんの説明によると、
「民家園は、ゆっくり見ればそれだけで1時間はかかりますし、
 団体には、ガイドさんが付いて合掌造りの説明などもしてく
 れるんですが、あまりのんびりしていると、肝心な世界遺産
 の方を見る時間がなくなっちゃいます。20~30分で適当に切
 り上げて、あとは“であい橋”を渡って萩町地区の方へ行って
 下さいね。あ、民家園の入場券のオマケで、どぶろくアイス
 が食べられますから、それだけは食べてから行って下さい」


世界遺産の方、萩町地区の説明については
「自由に散策できますが、民家の中に入るのは有料です。和田
 家とかは見た方がいいですね。集落全体を見渡すには、展望
 台(萩町城跡)に登ると良く見えますよ。でも駐車場から展望
 台まで歩くと、40分かかりますから、時間を考えて下さいね。
 展望台と行き来するシャトルバスもあるんですが…。あ、戻る
 バスが一番早くて10時発だから無理ですね…。ごめんなさい、
 展望台の話は聞かなかったことにしてください!(笑)」


…う~ん、そんなの聞いちゃうと、ますます展望台に行けない
のが残念でたまらない(笑)。
朝早いツアーだと、すいているうちに散策できるのは良いけれ
ど、そういうデメリットもあるんだな。
というわけで、まずは民家園の見学。

民家園

平成7年に、萩町地区が世界遺産に登録されるよりずっと前か
ら、合掌造りの民家保存の試みがなされていて、世界遺産登録
運動の原点となった場所が、ここ民家園である。
昭和42年に、加須良集落で集団離村が起こって、集落がもぬけ
の殻になり、無住の家が雪の重みで潰れたりして廃れそうにな
った時、村が民家保存モデルとして、庄川の河畔に移築し、村
立「白川郷合掌村」として整備したのが、現在の「野外博物館
合掌造り民家園」の始まりなのだ。
大小20棟ほどの建物があり、うち9棟が岐阜県の重要文化財に
なっている。古い姿がそのまま残されているものも多く、民家園
の中だけでも、結構な見ごたえがある。


もっとゆっくり見たいけど、早々に民家園を引き上げ、萩町地
区へと向かう。


白川郷萩町地区(世界遺産地区)】

白川郷については、今まで何度か写真やテレビの映像で見た程
度で、詳しい知識は、何もなかった私。
だから、世界遺産になっている現在の白川郷は、相当に整備さ
れているのだろう…と、何となく思い込んでいた。
(例えば、以前に行った“大内宿(おおうちじゅく)”などは、電線を
 地中に埋める、トタン屋根の家は茅葺きに戻す…などの整備を
 進めて、昔の風景を再現しようと努力しており、白川郷も当然、
 そんな感じだろうと、思っていたのである。)

しかし、白川郷は、そうではなかった。
電線はあるし(電信柱は木製だが)、車は走ってるし、普通に
洗濯物とかも干してあるし…。
農村風景ではあるけれど、そこにあるのは、「昔の遺跡」ではな
く、「現在の生活風景」なのだ。(集落内は全て私有地。)

え、ここが世界遺産地区…?
と、一瞬、面食らった。

写真や映像だと、合掌造りの建物ばかりがあるように見えるが、
実際には、普通の家(茅葺き屋根ですらない家)も、結構多い。
(母の証言によると、世界遺産になるより昔の白川郷は、普通
 の屋根の家なんかなくて、もっと良かったそうである。)

しかし、散策を始めて、田んぼの稲刈り風景などを眺めたり、
犬を散歩させているお婆さんと行き交ったりしているうちに、
何とものんびりした、イイ感じになってきた。
そして、ここが世界遺産に登録されている意味が納得できた。
これぞ、まさに「里山」の風景。
合掌造りの民家が珍しいとか言うだけの話ではない。
つまり、人々が今もそこで暮らしているということ、その暮らし
を含めた風景が続いていることが、貴重なのだ。
 
岐阜の古い町里-その2-(白川郷・飛騨高山)の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
どうやら、五十肩?
2009-10-07 Wed 12:55
2009年10月7日(水)

旅行話の続きを書かねばならないのだけど、まだ写真の整理も
できていないので、ちょっと、つなぎ話。

仕事が特別多い時期ではなかったのだが、ここのところ、健康
診断とか歯医者に行ったり、鹿児島から届いた栗をむいたり、
夜は毎晩のように、夫にお灸(例の“にんにく味噌灸”)をしたり…
と雑用が続いていた。
すると、仕事がどんどん累積していくのである。

私はもともと夜型なので (低血圧のせいか?午前中はいつもボン
ヤリ)、「夕食後から深夜にかけて」が一番仕事がはかどるのだが、
お灸は、その時間帯にやることになるのが、どうも困る。

お灸の時間は約1時間と決めているので、本当はさほど負担には
ならないはず。
(あまり長くやると、お灸をされる方も疲れるらしい。)
が、お灸はたいていテレビを見ながらすることになるので、たまたま
面白いスペシャル番組とか映画などが放映されていると、お灸が終
わっても、ついついテレビを見続けてしまうのが困るのだ。
気がつくと、
「あら、今日やるはずの仕事ができなかったわ、明日は頑張らなくっ
 ちゃ…」
なのに翌日も翌々日も、お灸の頼まれついでに、またまたTVを見て
しまって
「ああ、明日こそ仕事を進めなくちゃ…」
ということが続いてしまっていたのだ。
(だから、テレビって好きじゃない。見てる時は面白くても、後になる
 とどうでもいいようなことが多いし。 ただし、土曜日に見た、三谷
 幸喜監督の「ザ・マジックアワー」は面白かったな。 夫と二人で
 突っ込みながら、涙が出るほど笑った。)
その結果、ここ数日は、睡眠時間を削って、必死に仕事の追い込み
をしていたのである。
…というのは、最近ブログを更新できなかった言い訳でもあるのだけ
ど。(毎日のようにのぞいて下さっていた方、ゴメンナサイ。)


ところで、しばらく前から、左の肩が“変”なのである。
私は「肩こり」は殆どしない体質だけど、これは「肩こり」ではないと
いうのはわかる。
感覚としては、最初は「あれ、ちょっとひねったかな~?」ぐらいの、
軽い異変。
2、3日で治りそうなものと思っていたが、かれこれ2週間ほど経つ
のに、ちっとも治らない。
ちょっとした仕草で、思い出したように痛む。
左腕がうまく上がらない。

…あ、もしかして、これが噂の“五十肩”か?

(以下、五十肩の話が長いので、興味がない方は、一番最後の
 「*****…」 の後だけどうぞ。)
 
どうやら、五十肩?の続きを読む
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。