スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
『 トナカイ月 』は、スゴ本
2009-07-31 Fri 22:16
2009年7月31日(金)

もとより読書量の少ない私である。
自分の守備範囲、興味のアンテナに引っ掛かる、ごく狭い範囲の
本だけでも、とても読みきれず、アップアップしている。
一生読まない本、存在すら知らずに過ごしてしまう本など、もう無
限にあるわけだ。
が、たまたま誰かに勧められて、自分とは無縁だったはずのそん
な本を読んでみて、それが「読んで良かった」と心から思う本だっ
た時、私はその人に本当に感謝してしまう。
「トナカイ月」は、そんな1冊だった。

読んだきっかけは、こうだ。
大学時代の友人たちと、麻布十番で食事とお泊まり飲み会をし
た時
、床に就いてからも長々とオシャベリをして、一番遅くまで
起きていたのは、私とO田さんだった。
「…最近どんな本を読んでいるの?」という私の質問に答えて、
彼女が挙げた本は、私がタイトルを聞いたこともないような本ば
かりだった。
で、私は枕元のケータイに手を伸ばし、彼女の言う本のタイトル
だけをとりあえずメモしてきたのだった。
(著者名などは、後でネットで調べがつくと思ったから。)

帰宅後には、ケータイのメモを見て、4、5冊の書名をすぐに検
索。アマゾンのショッピングカートに放り込んだ。
(買う買わない、読む読まないは後で検討するとして、最近は、
 気になった本は、とりあえず覚え書き代わりに、アマゾンのカ
 ートに入れておく私である。)
「トナカイ月」は、すぐには見つからなかった。
と言うのも、話を耳で聞いてメモした為、私は、この本のタイト
ルを、「トナカイ好き」だと思い込んでいたのだ(笑)。
ヘミングウェイ賞を受賞した本だと聞いた記憶があったので、
「トナカイ好き ヘミングウェイ賞」
という無理やりな検索で、何とか探し出したのだった。


どうやらO田さんは、海外のベストセラーをよく読んでいる模様。
道理で、私の知らない本ばかりなわけだ。
(考えてみれば、私は、殆ど日本国内の本ばかり読んでいる。これ
 は、海外作品だと、どんなに面白いものを見つけても仕事に使
 えない…著作権の許諾を取るのが面倒なので、版元さんが敬
 遠する…ということも、ちょっと関係するのだが。)

O田さんオススメの本の中で、私がまず読んでみたのは、一番取っ
つきやすそうだった、「犬たちの隠された生活」。
(姉妹編に「猫たちの隠された生活」もあるが、こちらは未読。)

犬たちの隠された生活犬たちの隠された生活
(1995/08)
エリザベス・マーシャル トーマス

商品詳細を見る


これがなかなか面白かった。
これは筆者が「犬に意識はあるのか? 犬は何を考えているのか?」
を研究するために、11頭もの犬を飼い(うち、10頭は、著者の許で
全生涯を過ごした)、なるべく「しつけ」などの人間の手を加えずに
観察した記録である。
犬というのは身近な動物で(私は犬を飼ったことは一度もないが)、
通常は、「主人」である「人間」に従うことを喜びとする生き物だけ
れど、本来は、「犬社会」の中で、犬同士の関係を何より大切にす
るのだということがよくわかる。
本の最初の頃は、この研究をするきっかけになったミーシャという
1匹の雄犬のことが長々と書かれていて、それも興味深くはあるが、
何より、犬たちが集団で暮らすようになってからの様子が大変面白
い。 犬にも相思相愛や貞操があるし、そういうのは無しに、子種を
得るためだけにクールな交尾をすることもある。望まない子を孕む
こともあるし、そんな場合は、群れの仲間から冷たい仕打ちを受け
たりもするのだ。

著者は、もともと人類学者であって、研究者らしい冷静な観察眼で、
そんな犬たちの意識・感情を描いている。
そして同じ著者が、1950年代にアフリカのカラハリ砂漠で原住民の
ブッシュマンと数年間、生活をともにした経験をもとに、原始の人々
の暮らしを小説として描いたのが、「トナカイ月」である。

犬たちですら、これほどのドラマがある。
同じ著者が、「人間」を観察して描いたものなら、さぞ面白いに違い
ない。
それで、「トナカイ月」を読んでみる気になったのだった。

・「トナカイ月―原始の女ヤーナンの物語」〈上・下〉

トナカイ月―原始の女ヤーナンの物語〈上〉トナカイ月―原始の女ヤーナンの物語〈上〉
(1992/10)
エリザベス・マーシャル トーマス

商品詳細を見る


これは、ちょっと高価な2冊組なので購入をためらい(笑)、取手図
書館の蔵書検索
で書庫にあることを確かめて(今は図書館にある
本をネットで調べられるので本当に便利だ)、夫に借りてきてもら
った。 (自分で借りてきてもよかったけれど、週に1~2度は図書館
通いをしている夫を使う方が便利だ…笑)
  
『 トナカイ月 』は、スゴ本の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
エニアグラムをやってみたら、タイプ9だった
2009-07-29 Wed 22:30
2009年7月29日(水)

仕事が少しヒマになって、かと言って部屋の片づけなどしようと
ちょっと動くと汗まみれになるので、ここ数日、最低限の炊事洗
濯以外は、寝そべって読書ばかりしていたら、昨夜など、気分が
悪くなって吐いてしまった。
(ろくにカロリー消費せず、普通に食べていたせいか…笑)
それでも続きを読みたくて、今日も懲りずに、つい読書に熱中。

そんなことをしていたら、また仕事が溜まって忙しくなった。
なんで私は、もっと計画的に時間を使えないのか?
…というわけで、本のことはまた後日書くとして、今日は簡単に。

今さっき、あちこちのブログ巡りをしていたら、若だんなさんの
エニアグラムをやってみた:4だった
という記事があり、面白そうだったので、私もちょっとやってみた。

エニアグラムは、性格のタイプを診断するもの。
診断は、該当する項目にすべてチェックを入れるだけなのだが、
自分が20歳以下だったときにどうだったか考えるようにしてください
(「20才以下がその人の本質」だそう)というのが、難しい。
何せ、「20才以下」なんて、「大昔」のことだし(笑)。

例えば、
「物事の明るく楽しい面を見出そうとする」
という項目などは、今なら迷いなくチェックを入れるけれども、
20才以下の私がそうだったかと言うと、違う気がする。

それでも若き日の自分を思い出しながら、何とかやってみた。
総じて、チェックを入れた数は少なかった。

結果は、1~9のタイプに分かれるのだが、私は「タイプ9」。
「調停者」タイプらしい。
結構当たってるかも…と思った。

中でも100%当たってると思ったのが、

【タイプ9番の決してしないこと】
 恋人の関係をわざと壊すこと。
 近所の火事を野次馬として見に行く。
 自分が怒った理由を大声で説明すること。
 物事をテキパキこなす
 早歩き、早風呂



…笑った。
確かに、私が絶対しないことばかり。
(鈍くてグズだもん。「テキパキ」「早歩き・早風呂」とか、あり得
 ないし、「野次馬に出かける以前に、火事に気づかない」、「大
 声で理由を説明する以前に、そもそも怒らない」…私はそんな
 ヤツなのだ…笑)


ちなみに、若だんなさんは「タイプ4」(私も9の次に「4」の要素
が大きかった)、 ディスカバー・トゥエンティワンの干場社長は
「タイプ7」だったそうだ。
…当たり前だけど、人によって随分結果が違うんだな。

簡単にできるので、お遊び気分であなたもお試しあれ。
無料診断ページへは、若だんなさんの記事からどうぞ。
 
この記事のURL | PCネタ(お遊び・ゲーム・クイズ系) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
茶蔵・夏メニューと、亀のカメキチさんの話
2009-07-25 Sat 23:47
2009年7月25日(土)

4月の初めに行った「茶蔵(ちゃくら)」がとても良かったので、
季節も変わってメニューも夏バージョンになっているだろう
し…ということで、前回と同じメンバー(I川さん欠席で3人)
で、先週土曜、ランチをしてきた。

お料理がやっぱり美味しい。
覚え書きの為にメニューを書いておくと…。
前菜(カボチャとオクラの天ぷら、オカラの煮物、ゴーヤの
ピクルス、イカの梅ジソあえ、胡麻豆腐、蒟蒻のキンピラ、
インゲンのショウガあえ、大学いも)、大根ステーキ(これだ
けは前回と同じ。4月中旬~5月は筍のステーキだったら
しい)、焼トマトの胡瓜ソース、茄子の素麺風、鮎の唐揚げ、
冷奴(シソ味噌のせ)、ナスの寿司、アサリの吸い物、デザ
ート(白玉の黒密・きな粉がけ)。

主婦グループでの食事の常として、「これ、どうやって作る
んだろ?」ということで、あれこれ討論(笑)。



店の外も中も、涼しげな夏のしつらえなのがいい。
(ケータイカメラでは良く撮れなかったので、モノトーンに
 加工して誤魔化してみる…笑)



「わ~、ネコジャラシでも、こんな風に飾ったらいいのね」
と、私が感心しながら写真を撮っていると、Hさんが
「でもこれは、周りがすっきり片づいているから、いいのよ」

…確かに。

散らかっている我が家に、ネコジャラシを飾ったって、汚い
だけだ(笑)。
 
茶蔵・夏メニューと、亀のカメキチさんの話の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
「冷しカレーうどん」哀歓
2009-07-23 Thu 23:58
2009年7月23日(木)

そろそろ昼食の支度をしなければ…と思っていた午後1時近く、
お友達Hさんからケータイメールが来た。
ランチのお誘い。
今、小文間(おもんま)カフェ(GALLERY & CAFE OMONMA Tent
に向かっているので、私にも来ないかというのだった。

小文間カフェは、以前から気になっていた、取手市内の店。
Hさんたちとは、今度行ってみようね、と言っていたのだ。

いつもの私なら、ホイホイ出かけるところ。
が、1分後には、こんな返信メールを打ち始めるしかなかった。
「あ~残念…
 今、仕事中で、しかも家に亭主がいる! 
 (連休前の金曜から今日までで、ヤツが家にいなかったのは
 一日だけ!…もう、外で仕事してほしいよ…笑)
 今日の昼食(これから)は、冷やしカレーうどんと朝から決
 まってます。
 夫も一緒に行くなら、小文間カフェで食べてもいいか…と思
 ったけど、誘ってみたら断られた(苦笑)。
 …私一人では、何となく出にくい状況。後でまた様子を聞か
 せて下さい。」


本当にね~、1週間のうち、6日も家にいる夫って、どうなの?
(笑)
それも、最初からそういう予定がわかっているならが、こちらも
覚悟心づもりができるからよいのだけど、当日の朝とかになって
「今日は家で仕事するから」と告げられることが殆どなのだ。
しかも、今は二人とも仕事が忙しくて、殆どず~~~~っと、同
じ部屋で、過ごしている。
(私の机は寝室にあるのだけど、寝室にはエアコンがないので、
 夏場は、私もリビングで仕事をする。2つある食卓の一方に
 パソコンを置いて仕事するのだけれど、夫も家で仕事をする
 となると、私の作業場は、食事の度に片付けなくてはならな
 いのも、ちょっと腹立たしい。)

このメールを打っている途中、夫は、何となく、自分が“悪者”に
なっている不利な気配を察したのか(笑)、
「別に、あんたが一人で行ってきてもいいよ」
と、一応言ってくれた。

でも、1人分だけ作って出かけるのも、かえって面倒臭い。
午後も仕事しなくちゃいけないしね。

ということで、冷しカレーうどん。



冷しカレーうどんというのは、最近食べ始めたメニュー。
1週間ほど前に、夫が「コレが気になってたんだ~」と、こんな
“かけつゆ”を買ってきたのだ。
 
「冷しカレーうどん」哀歓の続きを読む
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
枕崎の風景と、すももジャムのこと
2009-07-16 Thu 17:47
2009年7月16日(木)

東京のお盆だったので、昨日実家に顔を出したら、妹から
「ここのところブログが更新されてないから、具合でも悪いの
 かと心配していたんだよ」と言われた。
最近は、妹も、私のブログを結構チェックしてくれているよう
だ(笑)。

で、忙しいけど、更新する気になった。
ちょっと時間が経ってしまったけど、鹿児島滞在中のネタだ。



鹿児島市内に住む義父母たちは、以前は、毎週日曜には、車で
1時間ほどかけて、枕崎に通っていた。
枕崎は義母の出身地で、義母が受け継いだ墓がある。
定期的にその墓の手入れをしなければならなかったこともあり
(鹿児島の人は、墓を大事にし、一年中花を絶やさない)、その
ついでに、義父母は枕崎で毎週、書道教室もしていたのである。
義父母が年をとるにつれて、枕崎での書道教室の回数は、月に
2回、月に1回…と減っていき、3年ほど前からは、墓を鹿児島
市内の納骨堂に移したのをきっかけに、書道教室もやめてしま
った。
そんなわけで、長年続いた「枕崎通い」がなくなり、私も最近は、
何年も枕崎には行っていなかったのだ。

義父母は、今も、年に2、3度くらいは枕崎へ行くようだ。
義母の親戚や知人が住んでいるからということもあるが、主な目
的は、枕崎漁港で揚がる魚の買い出しだ。
小さめのサクの状態で冷凍された鰹の刺身などを大量に買い込
んできては、義父母は普段、少しずつ食べているのである。

今回、私の帰省中に、たまたま、枕崎市のかつお公社での魚の
特売日(通常より3~4割安く買える)があった。
で、7月4日、枕崎への買い出しに同行。
久しぶりの枕崎の風景が、私にとっても懐かしく嬉しかったので、
枕崎の風景を、写真を中心にご紹介。



いろんな魚貝が揚がる枕崎だが、枕崎と言えば、とにかく昔から
がメイン。
市場で売られているのは、各種のカツオの刺身やたたきは勿論、
鰹節、角煮、鰹の塩辛(酒盗)などの加工品も多いし、珍子(鰹の
心臓)、腹皮(はらがわ)など、他の地方では馴染みの少ない部位
も出回っている。



以前に私が同行していた頃は、枕崎お魚センターという所で
買い物や食事をすることが多く、実は私は、「かつお公社」は
初めてだった。
どちらの店も、鰹製品のラインナップは似たようなものだ。
が、今回、かつお公社で初めて目にしたものがあった。
「こいのぼり」ならぬ、「かつおのぼり」だ。
 
枕崎の風景と、すももジャムのことの続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
義母とお出かけ♪(天文館・むじゃきの白熊ほか)
2009-07-09 Thu 10:15
2009年7月9日(木)



“ワンパターン”でなく“数パターン”ではあるけれど、義父母の
生活パターンは、ほぼ決まっている。
外出や外食のパターンもそうだ。
天文館(鹿児島市の繁華街)に出かけたら、数パターンの昼食
の後は、山形屋(鹿児島の老舗デパート)の食堂で白くまを食
べ、地下に降りて肉や惣菜などを買って帰る…というのがお決
まりのコース。
必要な買い物をすることはあるが、ブラブラと予定外の寄り道
をすることなど、まずない。

結婚以来、鹿児島にはほぼ毎夏帰省してきた私だが、白くまは、
義父母のお気に入りの山形屋でしか食べたことがなかった。
ところが今回は、新しいパターンが一つ加わり、おかげで私は、
むじゃき」(白くまの本家。店名はもちろん知っていた)の白
くまを、初めて食べることができた。

きっかけになったのは、蜂楽(ほうらく)饅頭
最近、近所の人に頂いたのがとても美味しかったそうで、天文館
にある店まで買いに行きたいと、義母が言い出したのだった。

ところが義父は、今、足が痛くて街歩きの気分にはなれないらし
く、私と義母に向かって
「あんたたち二人で、天文館に行っていらっしゃい。 末よしの鰻
 でも食べて、その蜂楽饅頭を買うてくればよかが。その饅頭の
 店は、むじゃきのすぐ近くなんでしょう? だったら、白くまも、
 むじゃきで食(た)もってくればよかのよ」

義父ひとりで留守番をさせるのは気の毒な気がしたが、義母は、
「そいがよかな。 S子ちゃんと、ひして(一日)遊んでくっが」
なんて答えている。
少し歩けば疲れてしまう義母だから、「ひして遊ぶ」なんて無理
に決まっているのだが。

そんなわけで、義母と二人で出かけることになったが、とにかく
義母をあまり疲れさせないことが最優先だと私は考えていた。


家から山形屋行きのバスに乗り、終点より2つ手前の「天文館」
のバス停で降りる。

私  「先に、末よしに行くの? むじゃきに行くの?」
義母 「むじゃきに行っが」
私  「むじゃきはどっちけ?」(妙に鹿児島弁が混じってしまう)
義母 「え~と、あっちけ…? いや、ここはどこけ?」

むじゃきに行くのは数十年ぶりという義母は、自信がないらしく、
そばを歩いていたお姉さんたちをつかまえ、いきなりこう尋ねたの
だった。

「天文館はどこですか?」
(いやいや、ここが「天文館」ですから!…笑)

答えかねて、顔を見合わせているお姉さんたちにに、私が「むじゃ
き」の場所を聞き直す。
そう、義母が、ひどい方向音痴なのを忘れていた。
あらかじめ、地図を見てくればよかった。
私だって、天文館の地理など殆どわからないのだ。
そんなダメダメな二人連れだから、この日は、数十メートル移動す
るたびに、人に道を聞きまくったのだった(笑)。

何とか、蜂楽饅頭に到着。
蜂楽饅頭は、饅頭と言うより、関東で言えば「今川焼き」。
客もひっきりなしに訪れて、かなりの人気店の模様。



蜂楽饅頭のすぐ先の「むじゃき」にも、無事到着。
こぢんまりした「白くま専門店」をイメージしていたのだが、何と、地
上5階、地下1階、レストランの集合体のような大きな店だった。
私たちが注文したのは、ソフト白熊を1つ。
大きいので、1つを二人で食べるのだ。
(白熊は「お一人様、またはお二人様で1つをご注文ください」と
 メニューにも書いてあり、二人で頼む場合は、スプーンも2本
 ついてくる。)



さすが、元祖白熊の店だけあって、美味しかった。
「やっぱり、ここのは、ちご(違う)。寒くもなか」
と、母もゴキゲン。
(義母が昔食べに来た時には、冷房が効きすぎていて、氷を食べる
 気になれないほど寒く、それで長いこと来なかったそうだ…笑)
一緒に来られなかった義父のために、土産の白熊も買う。
(持ち帰る場合は、ドライアイスで最高10時間までOK。)

それから鰻の末よしへ。
白くまを食べたばかりだったが、やっぱり美味しくて、私も義母も
完食。
(末よしのことは、以前に書いたことがあるので省略。)

それからぶらぶら山形屋まで歩いた。
ここで少し買い物などして、山形屋発のバスで帰る予定である。
山形屋に着いたのは、午後1時40分頃。
2時5分発のバスで帰るのは無理だろう。
「まあ、ゆっくり買い物して、3時台のバスで帰ればよかね」
で、義母も同意したはずだった。

ところが、地下でさっさとお気に入りのちらしずしと餃子を買っ
た義母は、それで気が済んだのか、
「もう帰るが。2時5分のバスに乗るが」と言う。
ええ? 思わず時計を見る。
私 「いや、もう2時になるよ。間に合わんよ」
 
義母とお出かけ♪(天文館・むじゃきの白熊ほか)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
カタカタ
2009-07-03 Fri 23:49
2009年7月3日(金)

今は、鹿児島にいる。
5月には夫が一人で帰省したので、今回は私一人で来た。
例によって、義父母に“お灸”でもしてあげようと思ってのこと
である。
夫婦揃ってしばしば帰省してあげられれば一番良いけれど、
なかなかそうもいかない以上、一人ずつでも、短期間ずつで
も、ちょこちょこ帰省するように心がけた方が、親にとっては、
楽しみの回数が増えて良いような感じもする今日この頃。

さて今日は、全然大問題じゃないけど、自分的には“あり得な
い”ような失敗をした。
言い訳をすれば、家を出る時、とてもバタバタしていたのだ。

朝起きてすぐに洗濯機を回し、夫と自分の朝食。
予想外に食べ残しが多く出たので、急きょ、簡単な弁当を作り、
冷蔵庫に残っているものについては、夫に説明。
夫を、駅まで送り、いったん戻る。
ゴミ捨て。流しの始末。洗濯物干し。 ノートパソコンをバッグ
に入れたり、メガネやケータイの充電器を荷物に加えたりして
いるうちに、家を出なければいけない時間になってしまった。

しょうがない、化粧は途中でするか…と思ったが、鏡をちら見
して、やっぱスッピンはダメだ…と思い直し、とりあえずファンデ
だけ、急いで塗りたくる(口紅その他は省略)。
わお、もう時間だ、火の元や鍵は大丈夫よね…と思いながら靴
を履き、車に飛び乗って、駅へ向かう。
こういう時に限って、道路がふさがっている。
(対向車の運ちゃん同士が、知り合いなんだか、通行中に車を
 停めて、運転席ごしに話をしているよ…
 おいおい…思わずクラクション。)
車を駐車場に停めてからは、大荷物を引きずって、小走りに走っ
たけれど、最悪でも乗りたかった電車を、ちょっとのところで逃
してしまった。

まあ、次の電車でも、かなりギリギリだけど間に合うはず。
(こういう時、すぐに次の電車がない田舎はツラい。)
しょうがない、電車が遅れないことを祈るのみ…と腹を据え、座
席に座ってからは、ケータイでブログ巡りしていた。
たまたま靴に関する記事を読んで、靴のことを考え、そう言えば
今履いている靴(黒のサンダル)も、ずいぶん足に馴染んできた
わね…と思いながら、何気なく自分の靴を見ようとした。
沢山の荷物のせいで、自分の足元が見えない状態だったが、左足
の位置をちょっとずらし、首もちょっと伸ばして、足の先を見た。

…え? こげ茶のサンダル履いてる…???

あ~、家を出る時、慌ててたから履き間違えたんだわ。
黒のパンツだから、黒のサンダルを履くつもりだったのに…。

そう言えば、以前にも、予定と違う靴を履いて外出してしまったこ
とが、何回かある。
でもまあ、今回の組み合わせは、そんなに変でもない。
間違いとは言っても、ボロい普段履きの方を履いてこなくてよかっ
た…。

それから山手線に乗り換え、座れなかったので、足元に荷物を置
いて立った。
その時に、ふと見えた右足…。

ギョっ…黒のサンダル?

つまり…(汗)、

左右で違う靴を履いて、ここまで来ちゃったの、私?
( しかも、これから飛行機に乗り、このまま鹿児島に行くしかない
状況なのだが…。)
 
カタカタの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。