スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
福井県のテレビ事情にちょっと驚いた話
2009-03-26 Thu 22:26
2009年3月26日(木)

基本的にスポーツは見ない。
もちろん、オリンピックだとか国際大会で、日本のチームや
選手が活躍しているような場合、また、近隣の高校が甲子園
に出ているような場合は、見ることもある。
が、それも、夫がテレビをつけているので一緒に見るという
程度であって、自分一人の時に、わざわざテレビをつけて見
るということは、まずない。
(スポーツに限らず、私はそもそもTVをあまり見ない。)

おととい火曜の、WBC の決勝の時も、たまたまWii Fitを
やろうとしてTVの電源を入れたら、ちょうど、試合が始まっ
てまもないところだった。
「あ~、今日が決勝戦か…」と思い、ちょうどイチローが
バッターボックスに立っていたから、そこだけは見たけれど、
後はWii Fitを少しやり、仕事もあるので、そのまま消してし
まった。
結果はもちろん、ネットや新聞で見た。
「おお優勝したんだ!」と嬉しく思ったし、延長の末にイチロ
ーが活躍し、「神が降りてきた」という素敵なコメントをした
ことも知って、最後のところは、ちょっと見たかったなあ…な
どと、思ったりもしたのだった。

ところで夫は、月曜から3日間、福井に出張に行っていた。
夫は、スポーツは何でも見る。
休日などは、殆ど一日中、テレビはつけっぱなし。
私は「ながら」が苦手で、テレビがついていると、ついテレ
ビばかりを一生懸命見てしまって、他のことが何も、台所の
片付け程度のことも、できない。
(パソコンで言うと、メモリ容量がかなり小さい…笑)
しかし夫は、マラソンや大相撲を見ながら普通に仕事をして
いるし、時には、TVでサッカーを見ながら、ラジオでプロ
野球を聞きながら、読書(!)もしていたり…という、私には
理解不能なことをやっている。
国際大会の試合を見るためなら、深夜早朝に起き出すことも
もちろん厭わない。
そんなスポーツ観戦大好き男であるからして、普段の夫なら
ば、WBC の決勝ともなれば、できる限り仕事の予定は入れ
ずに(笑)、家でTV観戦を決めこむところである。
が、今回は地方出張。 仕事も詰まっているのだろうから、
気の毒に、きっと見られないのだろう、少しでも空き時間が
あって、どこかのTVで見られるとよいけどね…なんて、少し
気になっていたのだった。

夫が帰宅した昨深夜は、WBC のことを話題にするのは忘れ
ていたのだけど、今朝、テレビで、優勝セールがあちこちで
行われていて、その経済効果がすごいという話をしていた。
そこで、夫に尋ねてみた。

私 「そう言えば、WBC の決勝は見られなかったの?」
夫 「ああ…。というか、福井では放映されてなかった」
私 「…え? そんなこと、あるの?」
 
福井県のテレビ事情にちょっと驚いた話の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ヒーロー気分?(戦隊メーカーで遊んでみた)
2009-03-24 Tue 10:44
2009年3月24日(火)

“脳内メーカー”などの面白ジェネレーターでお馴染みの
うそこメーカー”では随分遊ばせて頂いていて、以前にも、
“カレンダーメーカー”などをご紹介したことがある。

昨夜、久しぶりに “うそこメーカー”をのぞいたら、新しい
ジェネレーターがすごく増えていた。

 うそこメーカー一覧

幾つか試してみて、一番気に入ったのが、コレ。
(結構古いジェネレーターかもしれないが、前に見た時は
 気づかなかったもの。)

 戦隊メーカー


自分の名前等を入力するだけで、「……ジャー」という戦隊
を作ってくれる。
さっそく、「ミセス・かんちがい」と入れてみる。

雄々しき、その 【戦隊名】 は…





“不履行戦隊 ミセス・かんちがいジャー”


イマイチ、語尾が しまらない。
しかも、“不履行”戦隊って、どんなん?(笑)


どんな戦隊かと言うと…

戦隊紹介

 “不履行戦隊ミセス・かんちがいジャーは、歌声を奪った敵
 を相手に 気が向いた時に争い事を続けているのだ!


そうである。
結構、呑気な戦隊であるのは、私の戦隊らしくていいかも。



戦隊はもちろん、レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンク
5人の隊員から構成されている。
 
ヒーロー気分?(戦隊メーカーで遊んでみた)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ(お遊び・ゲーム・クイズ系) | コメント:2 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
ひたすら、白木蓮の画像
2009-03-20 Fri 16:04
2009年3月20日(金)

取手駅(西口)前に、そんなに大木ではないけれど、1本の
白木蓮ハクモクレン)の木があって、私はこの木が好き
なのだ。
白木蓮の花は大ぶりで、上を向いて、ふくらむように開く。
何かの随筆で読んだ形容だが、満開時には、「白い鳥の群
れがいっせいに飛び立とうとしている」
ように見えるのが清々
しく、桜とは違う華やかさがある。

さて、今年のハクモクレンは、つい2、3日前の朝には、
「あら、ハクモクレンの蕾が随分ふくらんできたわね」
という程度だったのが、暖かだった昨日は、木の上方3分の
1くらいの花が、一気に開いていた。

この木が好きと言っても、今まで、車の中からとか、遠目か
ら眺めるだけで、間近に眺めたことはなかった。
駅を利用する時も、朝は急いでいるし、帰りは暗くなってい
るので、ゆっくり眺める機会がなかなかないのだ。

が、昨日は、午前中に都内で用事を済ませ、昼過ぎには
取手駅に戻ってきた。
いつものように、駅前のエスカレーターを下りかけてから、
ハクモクレンの花に目が留まる。
そうだ、せっかく良い天気なんだし、ハクモクレンの木の
そばまで行って、花をよく見てみよう。

うん、あそこからなら、よく見えそうだな…


 
ひたすら、白木蓮の画像の続きを読む
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
アタリ女房とハズレ亭主(再録)
2009-03-18 Wed 22:30
2009年3月18日(水)

たまに、自分が書いた古い記事を読み返し、「結構面白いなぁ」
などと思ってニヤニヤしている、おめでたい私(笑)。
すっかり忘れていたことが書かれていたりすると、誰よりも自分
自身のため、書いておいてよかったと思う。

さて、前回の記事がきっかけで読み返した、ある古い記事。

ブログを始める以前のもので、数少ない友人に読まれたきり、
本館サイトの奥深くに埋もれてしまっている記事の1つだ。
が、(手前味噌ながら)ちょっと面白い内容なので、ブログに
再録しておくことにした。
こんな“結婚観”もあるのだ、というご参考までに。


       **********

「アタリ女房とハズレ亭主」 (2005年11月26日のミニ日記より)

先日実家に行った帰り、妹の車で駅まで送ってもらいながら
車の中で、互いの亭主の話になった。

私の夫と、妹の夫は、かなり違うタイプである。
私の夫は、ものぐさで無頓着。 対して、妹の夫はマメで細やか、
とても綺麗好きで、掃除などもしてくれるそうだ。

私 「いいなあ! でも、散らかしてたら、文句言われそうだね」 
妹 「うん、掃除機かけながらも、“散らかってると掃除機かけにく
  いじゃないか~”とか、ブツブツ言ってる。 私が“えっ?”って
  言うと、“いや、気にしないでいいから”って言いながら、
  ず~っとブツブツブツブツ言って掃除してんの!(笑)」
私 「そ~か~。うちは、私がどんなに散らかしてても、ひとっ言も
  文句言わない。その代わり、一切、手伝ってもくれない。庭の
  草取りとかも、一緒にやってくれたらいいんだけど、うちの人、
  草がぼうぼうでも、全く気にならないらしいのよね。 家の中
  も外も、“汚くても、別にいいじゃん!”て、感じで。」
妹 「“汚くてもいいじゃん”という感覚も 困るよね~」
私 「うん…。(やっぱ、普通は“困る”のかぁ…。)」

考えてみれば、どこのご亭主にもそれぞれ何かしらの癖があって、
奥さんは笑いながらコボしている…というのが、普通の構図だ。
何の癖もなく、何事にもほどほどな亭主だったら、それはそれで、
「つまらない男よ~!」というグチになるのに違いない。

そう言えば、お料理教室の時、E子先生が面白い話をしていた。
先生のお友だちが「娘には、離婚してもいいから、一度は結婚し
て欲しいと思ってるのよ」と言ったことに対する、懐疑論だ。
離婚できる自由はもちろん大切だけれど、今の世の中、あまりに
安易に周りが「離婚」を認めちゃうところがあるのではないか、と
先生はおっしゃる。
例えば、親が娘に「辛かったらいつでも戻っていらっしゃい」なん
て甘いこと言っていたら、今どきのこと、娘は簡単に離婚してしま
うだろう。 だから先生は、お嬢さんたちには、「離婚はするな」
と言うのだそうだ。
「結婚するということは、この人となら一生やっていけると判断
 したということでしょう?  だったら最後まで我慢しなさいって
 私は言うわ。 …だいたい離婚するっていうのは、ほかに
 いい男がいると思うからでしょう? …いない、いない、
 いい男なんて! 誰と結婚したって大して変わりゃしない
 って。どれでも同じ。 亭主なんて、みんなハズレよ!!

 
…ああ、ここまで言い切ってくれると、胸のすく思い!(笑)

確かに、亭主なんて、ある意味、“みんなハズレ”なのだ。
ほかの男と結婚したって、違う種類のハズレくじを引くというだ
けのことである。 そう考えれば、まあ、大ハズレでなかったこ
とを良しとするしかないではないか。

そして、思うに、「女房は“みんな当たり”」である。
世の男性諸氏はそれぞれ奥さんへの不満をお持ちかもしれない
が、もし奥さんがいなかったら、あなたの人生がどれほど生彩を
欠いたものになるかは、ちょっと想像してみればわかるはずだ。
あなたに奥さんがいるなら、あなたは、当たりくじを引いたのだ、
それが大当たりではないにしても(笑)。

女房は、亭主がハズレであっても、大ハズレでなかったことで
我慢する。
亭主は、女房が大アタリではなかったにせよ、アタリだったこと
に感謝する。

これぞ夫婦円満の秘訣!…と私は思うのだが、どうだろうか。

        ***********


…と、再録だけでは芸がないから、違う話題も少々。
 
アタリ女房とハズレ亭主(再録)の続きを読む
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
1回だけ検索された言葉を調べてみようとした…
2009-03-12 Thu 21:13
2009年3月12日(木)

告知済みの “しょーもない記事”である(笑)。

本記事のタイトルは、当初の予定では、
1回だけ検索された言葉を調べてみた
に、なるはずだった。
しかし、それが途方もない作業だったので、かなり粘ったあげ
く、挫折したのである。
(長い前置きは飛ばして、その検索語を早く知りたいという方
 は、記事後半へ直行してください。)

私のブログは、テーマを絞らずに何でも書いている雑記だから、
衣食住、冠婚葬祭、いろんな言葉で検索される。
人生の伴侶を選ぶ」などという哲学的テーマ?から、「トイレの
詰まり解消
」、「ベルトのバックルのはずし方」のような下世話な
ことまで、実にさまざまに利用?されている。
いろんな写真を載せているので、画像検索でのアクセスも、
結構ある。

時に、とんでもなく的外れな言葉で検索されることもあること
は、ずいぶん前に
「的外れな検索・上手な検索」(2006/8/30)
などで書いたことがあるが、変な検索ワードについて書くと、
またその言葉で検索されるという悪循環が生じるので、あまり
書かないようにしてきた。

私のブログは、アクセス解析の専用ツールはつけていない。
簡単なアクセス解析機能付きのカウンターをつけているだけ。
このカウンターは、私がブログを始めた2006年1月14日に設
 置したのだが、何とその4日後には新規登録が中止になり

 既に登録した人は使い続けられるものの、当然、それ以降
 何の改良もされていない。)
カウンターを取り替えるのも面倒くさかったので、そのまま
使い続けているが、詳しいアクセス解析はできない。
わかるのは、最新20件のアクセス元と、その日の上位20位ま
でのアクセス元だけで、それ以下のデータは、累計の過去デ
ータ(2年間分)の方に放り込まれてしまう。
アクセス解析のページは、日に1回~数回見る程度だから、
よく検索される語などは把握できているけれど、たまに検索さ
れる珍しい言葉などは、実は殆ど見逃しているわけだ。

ありくいさんのアクセス解析などは、月ごとに、検索語の数
や種類がわかるらしくて(それが普通かも?)、彼女は時々、
「検索ワードに勝手に答えまSHOW」
という記事を書いている。
面白い検索語に対して、検索者が知りたかったであろう疑問
に、勝手に答えるという楽しい企画で、今までに4回書かれ
ているが、最近は無いのがちょっと寂しい。
第1回第2回第3回第4回…って、全部調べ上げて
 いる私の“オタク度”もいかがなものか?…笑)
 《追記》
  ありくいさんが第5回の記事を書いて下さった。
  私的に大いにウケまくり(笑)。


私のブログも、検索語を全部チェックしてみたら、相当面白い
言葉も出てくるのではないだろうか?
1回だけ検索された語なんて、特に面白いに違いない。
(調べようと思えば、「全リファラー」という過去データを遡ること
 で、一応調べられるのである。 ブログを始めたばかりの頃に
 は、よく全部を調べたものだった。)

よし、いっちょ、久々に調べてみるか!

そんな気まぐれを起こしてしまったのは、しばらく前、最新の
アクセス元を見ていた時に、
ミセスかんちがい 三男 彼女
という言葉の組み合わせで検索されているのを発見したから。



…誰だよ!

 そんな、ピンポイントな情報を

 求めてるのは?(笑)


(ちなみに、三男に現在カノジョがいるかどうかは不明。少なく
 とも、いるという自己申告は今のところ無い。)

探せば、ほかにも笑えるネタがありそうだと思ったのだ。
しかし、私のブログは、そもそも検索によるアクセスが、全アク
セスの7~8割(日によっては9割近く!)にも及ぶので、過去
2年分のアクセス元データを調べるのは、とんでもないことだっ
たのだ。

一日の終わりには、たいていその日のアクセス状況を見る。
数日前(3/10)のデータは、こんな状況である。
(アクセス元上位20位までのうち、5位までを抜粋。)



この日のユニークアクセスは、240。
ページビュー(PV)は、782。
ユニークアクセスは訪問者の数。 PVは当ブログ内で
 開かれたページの総数、と考えてもらうとわかりやすい。
 1人の訪問者が、幾つもの記事を読んでくれれば、ページビ
 ューは増える。私のブログは、アクセス数に対するPVの比
 率はかなり高い方だ。最近は、ユニークアクセスが200前後、
 PVは700前後のことが多い。ブログを始めたばかりの頃は、
 ユニークアクセスが20前後、PVが80前後だったから、3年
 2カ月が経過して、10倍近くになったのだ。)

上のデータで、1位になっている、の“bookmark”とは、言わ
ずもがなだが、Windowsの“お気に入り”などからのアクセスで
ある。 しばしば私のブログをのぞいて下さる、いわば“上得意
様”によるアクセス。
(RSSリーダーや、はてなアンテナなどから来て下さる常連
 さんもいるが、その数は、わずか4、5人ほど。
 あとは、ご自身のブログから直接来て下さっている常連さん
 も数人はおいでである。)
何日も更新できていない時にも、こうして固定客がのぞいてく
ださっているのを知ると、ああ、早く新記事を書かなくちゃ…と、
思うのである。

はありくいさんのブログ。 前夜に、たまたまありくいさんが、
私の記事へのリンクを張った記事を書いて下さっていたのだ。
よそのブログで、私の記事へのリンクを張った記事があると、
こんな風にアクセスがあるので、すぐわかる。
(お礼を言いそびれたりするけど、嬉しいのだ。ありがとう。)

は私の本館サイトのホームページを経由してのアクセス。
つまり昔からの知人がほとんどで、やはり常連さん。
通常はこれが2位である。

は、“ミセスかんちがいの部屋”でYahoo!検索してくれた人
で、これも、ほぼ常連さんと考えられる。(職場のパソコンなど
から見てくれる人は、お気に入り等に登録するわけにいかな
いので、その都度、“ミセスかんちがい”などの語で検索して
くれるらしい。)

これより下は、ほとんどが検索によるアクセスである。
は、“日○橋○越 堂○ロール”での検索。
(検索者にとって紛らわしくないように、ここでは伏せ字に。)

こうしてみると、常連さんからのアクセスは、合計25%くらい。
そして、5位のアクセス元でも、240アクセスのうちの、わずか
3アクセスで、全体の“1.25%”という微小な数字になってしま
っている。
過去2年間の蓄積データで見ると、さらに極端で、3位のアク
セス元でも、既に1%台になっている。
つまり、コンマ以下のロングテールが、恐ろしく長い

だから、ちょっと考えれば、1回しか検索されていない言葉が
膨大な数に及ぶとわかるはずだ。
(最初の1年余のデータは削除されて、最近2年間87000件分く
 らいのアクセス元データが保存されているのだが、多分8万
 件分くらいは、1度だけの検索によるものであろう。)
しかし、深い考えもなく、面白検索ワードを求めて、20件ずつ
しか表示されなデータページを次々進んでいくという、探索を
うっかり開始してしまった私…。

進んでも進んでも、割とまともな検索語ばかりで、なかなか面
白い言葉は出てこない。
最近は、検索システムの精度が上がって、的外れな語で検索
されることが減ってきたのだろうか?
その上、同じような検索語でも、他の語との組み合わせや順
序が微妙に違ったり、利用する検索サイトが異なったりすると、
別々の扱いになるので、進んでも進んでも、似たような言葉ば
かり出てくる。
それにしても、殆どムダなデータだ。
2年分も保存してくれなくていいから、最近1~数カ月分のデ
ータを一覧できるようにしてくれればいいのに。
(まあ、だからこそ、新規登録中止になったのだろうが。)

数えていたわけではないが、多分何十ページか進んだ時点で
ようやく、今までに「2回」だけ検索された語のページになり、
少しは面白い語が、散見されるようになった。
この頃には、とても最後まで見ることなどできないと悟り始め
ていたが、それでも、「もう少し続きを見れば、何か面白い言葉
が出てくるかも」…そんな淡い期待を捨てきれず、途中で休憩
も取りながら、結局4~5時間、何百ページも見続けた。
(↑殆どバカ…)

時間がかかったのは、文字コードの関係で、検索語部分が文
字化けしているので、ブラウザの表示をいちいちUnicode等に
変えないと判読できなかったこともあるし(文字化けの解消法
については、こちらの過去記事参照)、まあまあ面白い検索語
を見つけるたび、画像を保存したりもしていたからである。

…もう、私ったら、何バカなことして、延々と時間を潰してるの
よ~?

と思いながら、「せっかくここまでやったのなら、もう少し成果
を得たい」という気持ちもあって、寝る時間になるまで続けた。
それでも、もちろん、全体の10分の1程度しか見られなかっ
たのではないかと思う。 (一応、「1回」だけのアクセス元の
ページには突入してはいたのだが。)

それだけ時間をかけた割には、「これは傑作!」と思えるよう
な検索語には、残念ながら出会えなかった。
ネタというのは、たまたま目の前に転がっているのを
パッと拾うものであって、自分から探し歩くのは、大変
効率の悪いものなのだな
、と痛感することであった。

それでも、ちょっとは面白いものもあったので、以下にご紹介。
いずれも、2回ないしは1回のみ検索された言葉である。
 
1回だけ検索された言葉を調べてみようとした…の続きを読む
この記事のURL | ブログ・ケータイ・ツイッター | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
恒例?の“取手の河津桜”の画像
2009-03-11 Wed 14:01
2009年3月11日(水)



数日前から準備している“しょーもない記事”がなかなか
アップできないので、とりあえず本日の撮りたて画像で
短めの記事を。

確定申告を済ませてきた。
過去にはいろいろあったけれど(「大逆転?!の確定申告」
とか)、5回目の今年はだいぶ慣れたし、私の場合、もとも
と収入も少なく、白色申告なので、覚えてしまえば記入事項
もそんなに複雑ではない。
去年からは、確認(検算)もしてもらわずに、そのまま提出
している。
郵送してもよいのだが、なぜか、わざわざ申告会場まで行っ
て、そこの提出箱に入れてくる私。
確定申告をした~!という「気分」を味わいたいのだ(笑)。

それと、もう一つ楽しみなのは、申告会場(取手市役所隣接
の体育館)のそばに、このへんでは珍しい河津桜(かわづ
ざくら)があって、確定申告の頃は、ちょうど花盛りなのだ。
私の中では、「確定申告」と「河津桜撮影」は、セットの行事
というわけ。
 
恒例?の“取手の河津桜”の画像の続きを読む
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
オマケ考(オマケに釣られて本を買った話)
2009-03-07 Sat 14:16
2009年3月7日(土)

おまけとか、懸賞や抽選の景品のたぐいは、基本的には
“無くてよいもの”だから、消耗品ならよいけれど、そうでな
いと後々、邪魔になる場合が多い。
家の中にガラクタを増やさないために、そういうものは初め
からもらわない、という人も最近は増えているようだ。

しかし、買ったらたまたま付いてくるオマケというのもあるし、
家族経由で家に持ち込まれるオマケもあるし、オマケとい
うのは、日本の商習慣に深く根付いていて、すべてのオマ
ケの誘惑を断ち切るのはなかなか厄介でもある。
例えば、数年前に車を買い換えた時には、キャンペーン中だ
とかで、「折り畳み自転車」が付いてきた。
それは要らないから、その分値引きしてほしかったが、そう
いう訳にもいかないらしい。
折り畳み自転車だって、買えばそれなりの値段のものだから、
タダ?でくれるというのを貰わないのも損な気がして、一応
もらったものの、大きな段ボールに入っていて、次男が貰っ
てくれるまで、長いこと、かなり邪魔だった(笑)。

若い頃は、食器や小物と抱き合わせになっているパッケー
ジの食品を買ったり、せっせとスタンプとかブルーチップとか
を集めて景品と交換したりしたこともある。
が、今では「家の中のモノを減らすこと」が慢性的な課題に
なっているわけで、少なくとも、オマケに惹かれ、オマケが
目当てでモノを買うことは、ほとんどなくなった。

が、先日、あまりにもスゴいオマケ…というかキャンペーン
に惹かれて、1冊の本を買った。
オマケと言っても、もれなく付いてくるわけではなくて、抽選
で1名に当たるだけだから、それを手に入れられる可能性
は限りなく低いのだが、それでも思わず買ってしまった。
その本はコレ。

・「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」
 (齋藤正明)

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
(2009/02/21)
齊藤 正明

商品詳細を見る


この本と、キャンペーンのことは、smoothさんのこの記事↓を
読んで知ったのである。

「ちょwwwおまwww「本を買ってマグロをもらおう」って、何なの?ネタなの?」(マインドマップ的読書感想文)

…何? マグロ?!
そう、オマケとは、マグロ1本(!)なのだ。
(冷凍状態。サイズは1m未満。)
この記事を読んだ時、応募できる期間(48時間)の〆切まで
数時間しか残っていなかったが、本でマグロがもらえるという
前代未聞の面白さに興奮して、すぐに著者のサイトの「アマゾ
ンキャンペーンのお知らせ」
に飛んでみた。

それによると、キャンペーン期間中の本の購入者への特典と
して、
1 全員に「書き下ろし原稿2本」
 (PDFファイルがメールで送付される)
2 抽選で1名に「マグロの水揚げ港から、マグロを1本直送」

の旨が書かれていた。
全員への特典も用意しているところは、さすがに抜かりない。
と言っても、私にとっては、特典1がそれほど魅力的だったわ
けでもなく、やっぱり魅力は、特典2のマグロだった。

「マグロを丸ごと1本なんて、もらったって始末に困るわ。
 しかも、魚屋さんに持って行って、さばいてもらう費用は
 自己負担なんでしょ。要らない要らない、そんなモノ」
と思う人も、もちろんいるだろう。
(主婦の感覚としては、もしかしたらそっちが普通かも?)
しかし私は、「うわっ、おもしろ! すっごく欲しい」と思った。
もし当たったら(まあ、当たらないだろうけど)、めちゃめち
ゃ嬉しいなあ、と。

なんでこんなものが欲しいのか…と苦笑しながら自問。
そして、マグロ1本が当たるというのは、「モノ」のプレゼント
というより、「イベント」のプレゼントだからだ、と気づいた。

「イベント」と言っても、例えば温泉旅行くらいだと(当たれ
ば嬉しいけど)、ありきたりでもあるし、それが目当てで、
わざわざ買って応募しようと思ったりはしないだろう。

きょう日の消費者は、副次的な“モノ”には簡単に釣られない。
オマケや賞品などで消費者の心をとらえるには、相当にマニ
アックなモノか、斬新なアイディアが必要というのは、最近
特に感じること。
例えば、ネットで読んだこんな記事は、とても印象深かった。

モノよりコト!? 2009年の福袋(All About「シンプルライフ」)
 クルーズディナーくらいはわかるとして、ウェディングパ
 ック
やら、農業体験やらボクシング体験まで?!

ポイントカードのポイントの有効利用について
 (ちょこキャリ日記 - 整理収納アドバイザーの収納術)

 たまったポイントで交換したいモノがない…と思ったら、
 ポイント分を寄付
できる“チャリティーサポート”というギ
 フトがあったそう。

ちなみに、私が「マグロ」以前に、こんな景品なら欲しい!と
思ったのは、ダスキン大掃除川柳コンテストの入賞者への
賞品の、5万円とか3万円相当の、ハウスクリーニングサー
ビス。
(コレは、たいていの主婦にとって魅力的なのでは?…笑)

とにかく、マグロ1本というのには、かなり意表を突かれ、
想像力を刺激された私。
万一当たったら…
 
 
オマケ考(オマケに釣られて本を買った話)の続きを読む
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
今年のひな祭り
2009-03-04 Wed 22:04
2009年3月4日(水)

去年の今ごろは、次男一家と短期同居中だったので、孫娘Kの
初節句も我が家で祝った
のだった。

現在の次男は、名実共に親から独立して、ささやかな家庭を営ん
でいる。
お雛様(去年、お嫁さんYちゃんの実家から贈られたもの)も、
今年はもちろん、次男宅で飾られたのである。
で、「雛祭りをしますので、遊びに来ませんか?」と声をかけても
らい、先週土曜、夫と一緒に前橋の次男宅に遊びに行ってきた。

そんな風に声をかけてもらうのは嬉しいことである。
ただ、ここのところ、末期癌で闘病中の私の叔母の状態が良くな
いので、いつ、万一の知らせが入るかもしれず、
「急に行けなくなる場合もあるかもしれないから、準備はしない
 でね。行けた時は、外で一緒に食事でもしましょう」
と伝えておいたのだが、Yちゃんは、手作りのケーキやちらし寿
司など準備して待っていてくれたのだった。


主婦1年生のYちゃんのお料理スキルは、かなりアップしていて、
ベテラン主婦?の私としては、ちょっと焦りが…(笑)。



たくさん食べ、たくさん笑い、天気が良かったので、近所の公園
まで一緒に散歩に行ったりもして(幼児1人に大人4人が付き添
って…笑)、のんびり過ごした幸福な一日であった。

以下は、単なる孫自慢。
付き合ってやってもいいか…と思われる方だけ、どうぞ(笑)。
 
今年のひな祭りの続きを読む
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
手帳が使えない私には、“100円ノート術”がちょうどいい
2009-03-02 Mon 22:31
2009年3月2日(月)

手帳を使いこなせる人が羨ましい。
男性でも女性でも、ちょっとこだわって選んだ感じの手帳を
慣れた手つきで繰って、スケジュールなど確認している姿は、
いかにも仕事ができそうで、めっちゃカッコイイと思う。

そんな“手帳使い”に憧れて、
「よし、今年こそは手帳を使うのだ!」
と、私は何度手帳を買い、そして何度、挫折してきたことだろ
う(笑)。

年末が近づくと書店の手帳コーナーで足を止め、う~ん、コレ
は使い勝手が良さそう…とか、こっちの手帳はココがダメ…な
んて思いながら、あれこれ手帳を選ぶのは大好きである。
そして最初の1、2カ月は頑張って使うのだが、そのうち空白
が続いたりすると、もう、手帳を使い続ける気力がすっかり失
せてしまう。

そもそも、家で内職みたいな原稿書きをしているだけだから、
月に幾つかの〆切日と出勤日、たまの打ち合わせの予定など
を書いたら、仕事に関しては、それ以上書くことがない。
遊びの予定も、月に2つ3つあればいいほうだ。
しかも殆ど家で過ごしていると、手帳を常に手の届くところに
置いておくことが意外と難しい。
何か急に手帳に書きたいことが生じた時にも、結局、そのへん
の紙やカレンダーに書き込んで済ませてしまうお粗末。
そんなわけで、手帳が身につかない。

ケータイはだいたい常に携帯しているので、最近は、ケータイ
のスケジュール、アラーム、メモ等の機能を使うことも多い。
買い物メモ等も含め、「これからすること」については、大抵
ケータイで事足りるので、そういう意味では手帳は要らないと
も言える。
ただ、ケータイへの不満は、「既に済ませたこと、あったこと、
思いついたこと、気になったモノや店の情報、本の感想」等
を記録するのに不向きだという点だ。
(写真で記録できるものに関してはかなり便利なのだが。)

E子先生が、100円ショップで買ったというスケジュール帳に、
いろいろな記録になるもの(いろんなイベントのチケットとか、
食事したレストランのカードや箸袋とか、大きな買い物のレシ
ートとか)を貼り付けていらっしゃるのが楽しそうなので、私も
真似して、記録と貼り込みの専用に手帳を使ってみたこともあ
るのだが、もともと出無精の私は、やはり空白の日や週が結構
続いてしまうのが、寂しかったりする。
そのくせ、ひとたび旅行などに出かければ、記録したいことも
貼っておきたいものも多すぎて、そのページ内におさまらない。

そんなわけで、どんな手帳を使えばいいか…というより、何をど
う使えば、自分にとって使いやすく、便利で、記録としても楽しめ
る「手帳」になるのか…その答えが長いこと見つからずにいた。

が、昨年4月、たまたま書店でこの本を目にした私は、「これぞ
私にピッタリのノート術じゃん!」と思い、即刻購入。

・「情報は1冊のノートにまとめなさい」(奥野宣之)

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


その時は、まだ出版されたばかりだったが、その後結構売れたよ
うだから(最近の帯によると30万部も売れているらしい)、既に
読まれた、あるいは書店で立ち読みされた方も多いのではないか
と思う。(最近は同じ著者の『読書は1冊のノートにまとめなさい
も出ている。そちらは立ち読みしかしていないが、考え方のキモ
の部分は同じであろうと思う。)
これは、コンビニでもどこにでも100円程度で売っている、A6版
ノートを使う、情報整理術である。

実際、このノートの使い方は、私には合っていたようで、今は4
冊目。私が手帳らしきものをこんなに長く続けて使っているのは
初めてのことである。



手帳だと続かない私が、なぜ100円ノートだと続いているのか?
 
手帳が使えない私には、“100円ノート術”がちょうどいいの続きを読む
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。