FC2ブログ



猜疑心
2009-01-27 Tue 13:48
2009年1月27日(火)

セールスの電話がかかってきた。

セ 「もしもし、こちらダ○キンですけど、このたび、お庭のお
  掃除、お手入れのサービスを始めることになりました」
私 「はあ…」
セ 「つきましては、ただいま、庭木の無料点検キャンペーン
  をやっておりまして…」
私 「ああ…今ちょっと、いろいろバタバタしてましてね、その
  うち検討してみますので。はい」
と電話を切る。

“そのうち検討”という、比較的穏便な断り方をしたのは、庭の
手入れのサービスというのは悪くないな…と、ちょっと心ひか
れたからである。

いろんな家事雑用を自分で上手にこなしている主婦は勿論ス
テキだと思うのだけど、この年になると、「幾つになっても苦手
なものは苦手らしい」とわかってくる。
お片づけコーチングのYUKKEさんのブログなど拝読している
と、自分で収拾がつけられなくなってしまったことは、プロの手
を借りるというのも賢明な選択だなあと、いつも思う。
勝間和代さんも「やらないことを決める」のが大事ということ
を言っておられたっけな(以前読んだ「効率が10倍アップする
新・知的生産術」
に書かれていた)。
庭の汚さがいつも気にかかっているくらいなら、プロに任せる
のもアリだなあ…。

このブログを以前から読んで下さっている方はご存じだろうけ
れど、私は家の中の片付けも苦手だけど、庭の手入れに関し
ても、大変ものぐさ
である。
草取りなど、年に数回しかしないものだから、今も、秋の草が
枯れたままの状態になっていて、誠に見苦しい。
(ご近所の皆さんは綺麗にしているので、我が家の庭の荒れ
 具合は、特に目立つ。)
庭がそんな状態だから、こんなセールスの電話がかかってきた
のかしら?
…と、最初、思った。
もし、下調べの調査員がいたら、我が家など、外から一目見た
だけで、格好のカモ、いや、ターゲットであろう。

しかし、その考えを、私はすぐに打ち消した。
下調べなんて、そんな手間ひまをかけている筈はない。
何かの名簿か電話帳を見て、片っ端から電話しているだけの
ことであろう。
よくかかってくる、お墓やマンションのセールスの電話と、何ら
変わりはないはず。
それを、「庭が汚いからターゲットにされたのかも」などと疑っ
てしまうのは、自分に弱みがあるがゆえの被害妄想である。


そう気づいた時、しばらく前のできごとを思い出した。

上野駅の構内を歩いていた時、後ろから、「あ、ちょっと…」と
女の人に、慌てたような声をかけられた。
私はその時、荷物を幾つも持っていて、バッグから財布を出し
入れしたりしていたところだったから、「…あれ、何か落とした
かな?」と思って振り向いた。
が、その人は それらしきものは持っていなかった。
30才代くらいの、ごく普通の女性で、ちょっとおどおどした感
じである。
ああ、道を訊きたいのかな?と思って、私は立ち止まり、そ
の人の方に向き直った。

するとその人は、私の顔を見て、こう言うのである。





「きれいなお顔していらっしゃいますね?」











…はああああ???




何だ、この人?
 
猜疑心の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年ミセスの美容とファッション | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |