FC2ブログ



最近読んだ本(水村美苗「日本語が亡びるとき」ほか)
2009-01-10 Sat 18:25
2009年1月10日(土)

ホントは年末に書くはずだったエントリー。
12月は、仕事関係でない本を結構(私にしては)読めて、しか
も、“当たり”の本が多かったと感じたので、備忘録も兼ねて。
内容への感想よりも、なぜ読んだのかを中心に。

【2008年12月に読んだ本】
・「できそこないの男たち」(福岡伸一著/光文社新書)
・「生物と無生物の間」(福岡伸一著/講談社現代新書)

 私が「夢の話」で「男って可哀相…」というようなことを書いたら、
 若だんなさんが、そういう時にはこんな本はいかが?と、コメ
 ント欄で勧めて下さったのが、「できそこないの男たち」。
 何たってタイトルがいいし(笑)、前々から気になっていた同
 じ著者の「生物と無生物の間」と読み比べようと思い、2冊同
 時に購入。2冊とも、知的好奇心を充たしてくれるという意味
 でも、科学者たちの熾烈な先端争いをのぞけるという点でも、
 大変面白かった。福岡伸一さんという人は、科学者なのに文学
 的な文章が書ける、貴重な人材と思う。わかりやすい比喩も有
 難い。ただ、個人的な好みで言わせてもらうと、文学臭をもう
 ちょっと抑えてくれたほうが、好きかな?(笑)
 「できそこないの男たち」は、男のなりたちを、そこまで自虐史
 観的(笑)に語らなくても…と感ずるところもあり、私的には
 どちらか1冊読むなら、「生物と無生物の間」の方がお勧め。

・「そうか、もう君はいないのか」(城山三郎著/新潮社刊)
 活字中毒の夫は、毎週図書館から数冊の本を借りてくるのだが、
 その中にあった1冊。 タイトルから想像できる通り、亡くなった
 奥様のことを綴ったもの(この原稿は城山氏の死後に発見され
 た)。最近結構話題になっていたのも知っていたし、すぐに読め
 そうだったので、読んでみた。(1/12からTVドラマも始まるらしい。)
 まあ、だいたい想像の範囲内の「いい話」である。
 死んだあとにダンナにこんな風に書いてもらえる妻というのは
 幸せだな、と思う。ただ、男性の視点では「明るく可愛い奥さ
 ん」ということだけでいいのかもしれないが、奥さんがどんな
 「人間」だったのかが、ちっとも書かれていないのが気になった
 (あえて省略したのかもしれないけど)。もし奥さんが書き残
 したものがあるなら、あわせて読んでみたい気がするけど、そ
 うしたものは多分ないんだろう。
 考えてみれば、普通の人が何を考えどう生きたかなんて、身内
 に文筆家でもいない限り、書き残されたりはしない。
 私が死んだって、私がどんな人間だったかを、夫が書くことは
 ないだろう。だから私は自分で書くしかなくて(笑)、それでこう
 やってブログを書いているのかもしれない。

・「人脈の赤本」(ジェフリー・ギトマー著/日経BP社刊)
 ご近所仲間のN井さんから借りた本。日本橋三越に買い物に行
 って、そのまま彼女と夕飯を食べたのだけど、その時、彼女が
 今読んでる本として、見せてくれたのがコレ。あ~、smoothさん
 のブログで紹介されてたな
…とは思ったが、私にとっては特に
 食指の動く本ではなかったので、身近な主婦仲間がこんな本を
 読んでいることに、ちょっと衝撃を受けた。最近彼女が愛読して
 るのは、大前研一とか、雑誌なら「週刊ダイヤモンド」「日経ビジ
 ネス」等らしい。 思わず「N井さん、“男”だな~!」と誉めて?
 しまった(私はその手の雑誌は、立ち読みすらしない…)。
 が、オバサンが電車の中でそういう雑誌を読むのは、なかなか
 カッコイイのではないかと思う。N井さんは貫祿もあるから(笑)、
 きっと“女性事業家”か、有能な管理職に見えるだろうな。
 帰りの電車の中、私がこの本を読ませてもらっている間、N井さ
 んは、ケータイ(ワンセグ)で、ニュースチェックをしていた。
 やはりご近所仲間のT橋さんは、アナリストの今井澂(いまい
 きよし)さんのファンで、セミナーに通ったりしている。
 私の周りは、フツーの主婦にしておくには惜しい“変なオバサン”
 ばかりだ(笑)。この主婦仲間で、起業とかできたら面白いのに。

・「敗れざる者たち」(沢木耕太郎/文春文庫)
 夫と話をしていた時、どういう文脈だったか、沢木耕太郎の話に
 なった。夫が言うには、「沢木耕太郎だったら、『深夜特急』より
 も何よりも、まず『敗れざる者たち』、これを読まなくちゃダメ」。
 夫は若い頃にこれを読んで、深い感銘を受けたらしい。あまりに
 熱く語るので、私も読んでみた。ボクサーとか、野球選手とか、
 マラソンランナーたちの、“栄光”の隣り合わせにあった“影”の
 物語(ノンフィクション)。 でも読んでいて「切なくて辛い」と思
 ってしまうのは、私が「女」だからなのか、それとも年を重ねす
 ぎて、実人生で「才能はあるのに、栄光をつかめなかった人たち」
 をすでに沢山見てきてしまったせいだろうか。
 でも、夫が昔感銘を受けたというのは、よくわかる気がした。
 主役よりも、脇役に甘んじなければならなかった人生の哀愁に、
 夫は昔から惹かれるようなのだ。愛読者は多分、男性が多いだ
 ろう。アマゾンのカスタマーレビューを見たら、レビューを寄せて
 いる9人全員が、5つ星の高評価をしていた。

・「日本語が亡びるとき」(水村美苗著/筑摩書房刊)
 はてな界隈では随分話題になって、あちこちのブログでの書評
 も読んで、私もそのうちは読まなければと思っていた1冊だが、
 やはりすぐにでも買ってきて読もうと思い立ったのは、ululun
 さんの「『日本語の危機とウエブ進化』読了」のエントリーを
 読んだのがきっかけになった。(このエントリは、「日本語が
 亡びるとき」そのものについてではなく、それを読んだ上で、
 新潮2009年1月号に掲載されている水村美苗さんと梅田望夫
 氏の特別対談『日本語の危機とウエブ進化』を読んでの考察
 だったのだけれど)。
 あまり読みやすい本ではなかった(はっきり言って、これだけ
 評判になっているから読む気になったので、もしたまたま書店
 で見つけてパラパラと見たとしても、多分買わなかったのでは
 ないかと思う)が、内容的には非常に面白くて、読み進むにつ
 れてぐんぐん引き込まれ、私の中では12月のベストというより、
 昨年1年間に読んだ本の中で、ベストだった。
 今まであまり考えたことがなかった、日本語とは何か、国語と
 は何かについて新しい見識を提示してくれたと思う。私は「国
 語」に関わる仕事をしているので、特に興味深かったという側
 面も、もちろんある(必ずしも著者の考え方に100%賛成という
 わけでもないのだけれど)。
 日本語や日本語教育、日本文化を考える人なら、読んでおか
 なければならない1冊。 取引先の編集者にも、つい勧めてし
 まった(仕事相手に本を勧めたのは初めてだ)。
 思い入れたっぷりで、ちょっとくどい文体は、あまり夫の好み
 ではなさそうだと思ったが、「中身はすごくいいから、我慢して
 最後まで読みなさい」と言って、夫にも読ませた(笑)。
 
最近読んだ本(水村美苗「日本語が亡びるとき」ほか)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:4 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |