スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
クルクマの根は…(鹿児島の、墓や仏壇のエキゾチックな花々)
2008-08-31 Sun 17:14
2008年8月31日(日)

関東では(多分、他の多くの地方でも)、墓参りをするのは
法要の時とか、お盆や春秋の彼岸くらいだが、鹿児島は墓を
とても大事にする県で、どこの墓も、一年中生花が絶えない。
(切り花の消費量は、鹿児島県が全国一だ。)
だから義母などは、平常時は殆ど花のない関東のお墓を見
かけると、「こっちの人は、墓を大事にせんがね~(墓を放っ
たらかしにして、けしからん!)」という気分になるようだ。

いつも花が絶えないということは、それだけマメに墓参りを
するということだから、鹿児島県人が墓参りのためにかける
時間と費用は、なかなか大きな負担になる。

それで、庭や畑を持っている人は、墓用の花を自宅で栽培し
ていることも多い。
墓に供える花は、南国の暑い陽差しに耐え、少しでも長持ち
するものが好まれる。
時には木(カイヅカイブキ等)の枝とか、カラフルな実をつけ
る植物を、花代わりに供える。

鹿児島の墓でよく見かけるのは、例えば以下のような植物。
(自分で撮った写真がないのだが、ぜひリンク先を開いて
 どんな花なのか、ご覧になってほしい。 いずれも南国的
 で、大ぶりな植物ばかりだ。)

ビジンショウ(美人蕉)
 鹿児島の人は「ビジンソウ」と呼ぶことも多い。鹿児島の
 花屋でごく普通に見かける、バナナ科の真っ赤な花。

ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)
 トサカのある鳥の頭みたいな形の花。エキゾチック!

ゴシキトウガラシ(ナナイロトウガラシ)
 花でなくて実。鹿児島の人は「コショウバナ」とも呼ぶ。
 唐辛子=胡椒の花ということだろう。
 これは関東でも、鉢植えなどでたまに見かける。

ツノナス
 これも実。角のあるレモンみたいな黄色い実が特徴的。
 切り口を見たことはないが、中は多分、ピーマンみたいに
 空洞だろうと思われる。 最初に見た時、プラスチックの
 造花かと思ったものだった。 

こんな原色の変わった花?ばかりの中で、私が以前から一番
好きなのは、淡いピンクがきれいなクルクマの花。
今年の夏は、鹿児島の家の畑に クルクマが沢山咲いたので、
義父母は人にあげたり、家の仏壇に飾ったりしていた。



クルクマの花とは、かれこれ四半世紀の付き合いになるけど、
今回、初めて、義父から思いがけないことを聞いた。

「クルクマの根は、ウコンじゃよ」

…え? “クルクマ”って、“ウコンの花”だったの?!
 
クルクマの根は…(鹿児島の、墓や仏壇のエキゾチックな花々)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
篤姫館に行ってきた!(篤姫ブームの鹿児島で)
2008-08-27 Wed 21:37
2008年8月27日(水)

先日来、お友達のspacesisさん(ポルトガル在住)のブログ記事
や、ちゅうさんのブログ記事で、到来物という篤姫焼酎の写真
(それぞれ別の種類のもの)を見かけていた。

私が5月に鹿児島に行った時は、「篤姫」の名の入った焼酎は
1種類しか見なかったような気がする(菓子類は数種あった)。
多分、ここ数カ月の間に、篤姫関連商品は激増したのではない
かと予想していたが、果たして、今の鹿児島では、こんなことに
なっていた…。




これはお酒の一升瓶売り場だけ(ほぼ全てが鹿児島限定!)
「小松帯刀」まであるのがスゴイ(笑)。 お菓子やグッズ類
は、もう多過ぎて、どれだけあるのか不明…。



もとより、ドラマ「篤姫」は毎週見ているし(NHKの大河ドラマ
にこんなにハマったのは久しぶり!)、こんな“篤姫ブーム”
真っただ中の鹿児島に行ったのだから、最近入場者が25万
人を突破したという話題の「篤姫館」…これはもう、見るっきゃ
ないでしょ!

…というわけで、天文館から海の方向に歩いて、ドルフィンポ
ート
内に臨時開設されている篤姫館に、夫と行ってきた。
(義父母は、山形屋までは一緒に行って、例によって焼きそば
 と白熊を食べた
のだけど、あまり歩けないので篤姫館へは
 行かなかった。)


※参考までに一昨年食べた黄熊はこちら



ドルフィンポートへは初めて行ったが、目の前が錦江湾
と桜島で、いわばウォーターフロントの遊び場。
家族連れで賑わっていた。
例の高千穂牧場の出店もあって、思わずソフトクリームを
買い食い~♪(白熊を食べた後だったのに…笑)




そんなドルフィンポートの一番はずれが、お目当ての篤姫館。
 
篤姫館に行ってきた!(篤姫ブームの鹿児島で)の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
岡山のミニ観光とグルメ
2008-08-25 Mon 23:48
2008年8月25日(月)

健食同源ダイニング“だんだん畑”
四国周遊ツアーの一行から離団した私たち夫婦は、その日、
岡山駅そばのビジネスホテルに宿を取った。
金毘羅参りでかいた汗をシャワーで流し、それから岡山の街
で、夕飯を食べながら軽く飲むことに。

未知の土地で美味しい店を探すなら、ネットや無料パンフに
頼るより、ビジネスホテルのフロントに尋ねるのが一番確実な
ようだ…というのが、最近の私たちの考え。
(以前、一ノ関観光をした時も、それですごく良い店を紹介
 してもらえた。シティーホテルだと、ホテル内にレストラン
 等があって、“街”の情報に詳しくないから、ビジネスホテ
 ルで聞くのがミソなのだ。)

食事もできるような美味しい居酒屋さんはないかと尋ねると、
評判が良い店を数軒教えてくれたが、それらはいずれもホテ
ルからちょっと遠かった。
ホテル(東横イン)は岡山駅の西口側にあるのだが、店は殆ど
東側に集中しているらしい。
あまり歩きたくなかったので、西口側に適当な店はないのかと
食い下がると、
「玄米などがお好きでしたら、こちらでも…」
と、教えてくれたのが、“だんだん畑”という店。

居酒屋なのに「玄米」…?

違和感を感じつつ行ってみると、これがオーガニック(自然食)
系のレストランなのだが(「ママランチ歓迎」とか、「小さなお子
様連れOK」等とも書かれていた)、居酒屋としても当たりの店
だった。
ヘルシーでちょっと目先の変わった料理が食べられて、味もいい
し、値段も安い。(肴が一品300円~800円程度。定食1,500円も
良さげで、これを頼んでいる人も結構多かった。)
ホテルで貰ったチラシ持参で、1人ドリンク1杯はサービスに
なるので、2人で飲み食いして、5,000円台で済んでしまった。
ちなみに頼んだものは、とりあえず3品(=ひじき、切り干し大
根、おから)、鯵の南蛮漬け、コラーゲン豚の塩ダレ漬け焼き、
玄米ピザ、粟麸とチーズと海苔の湯葉包み揚げ、イワシの水餃
子、生中ジョッキ4杯、カクテル1杯。
1つ1つのボリュームは少なめだが、いろいろ頼んで、二人で
食べるとちょうど良い感じ。
オススメはコラーゲン豚かな。
その他にも、玄米のクリームコロッケとか、里芋のハンバーグ
とか、興味をひかれるメニューがいろいろあった。



翌朝は、ホテルの無料おにぎりと味噌汁で朝食をとった。
(東横インの、このサービス、いいなあ!)
午前中は岡山駅近辺のミニ観光、その後、鹿児島に向かうのが
この日の予定である。
 
岡山のミニ観光とグルメの続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
四国観光その3・秘境「祖谷」、金比羅参りなど(徳島・香川編)
2008-08-21 Thu 23:37
2008年8月21日(木)

【祖谷のかずら橋、大歩危】
ツアーバスの座席は、3日間毎日変わるのだったが、どうも
進行方向との相性が悪く(笑)、日が差し込む方向にばかり
座ることになった。
旅程3日目の座席も、日が差す側になって、「ああ、今日も
“暑い側”か。 車窓からの写真も撮れないなあ…」と、少々
がっかりしていた私。
が、高知から北上して、徳島は大歩危・小歩危(おおぼけ・
こぼけ)に向かう道を走り始めて、私はこの日の座席が右側
であった幸運に感謝したのだった。
道路に沿って眼下に流れる吉野川の眺めを、飽かず楽しむ
ことができたからだ。

吉野川は良い石が採取できる川だそうだが、石と清流の織
りなす風景の変化が面白く、美しい。
バスでどんどん走ってしまうのがもったいなく感じるほど。

平家の落人が隠れ住んだという山深い秘境、祖谷(いや)
地方に入る頃には、私は静かな感動に充たされていた。
以前徳島に赴任していた知人一家から「徳島は何もない所」
と聞かされていたのだが、とんでもない、 徳島には、こんな
に豊かな自然があるではないか!
次に四国に来る機会があったら、是非この祖谷近辺に宿を
取り、山歩きや川岸の散策などもしたい。 …そう思わずには
いられなかった。

バスはまもなく、日本3奇橋の1つ、かずら橋に到着。
かずら橋は、吉野川上流の祖谷川の渓谷に渡された吊り橋。
平家の落人たちが追っ手から逃れる為、いつでも断ち切れ
るよう、シラクチカズラ(サルナシ)のツルで作ったのが始ま
りだという。
そう聞くと橋の強度に不安を感じるが、現在のかずら橋は
ワイヤーも使って補強してあるのだそうだ。
結構幅が広いので、左右両側には手が届かず、片側の手
すりだけにつかまって渡るのがちょっと不安定だが、渡る
のは見た目ほど怖くはなく、最初「オレは渡らん!」と言い
張っていた高所恐怖症の夫も、何とか渡っていた(笑)。

 

大歩危(おおぼけ)は、奇岩迫る吉野川の眺めを楽しむに
は、ぜひ遊覧船に乗りたいところだが、私たちのツアーでは、
見学だけだったのが残念だった。


 
その後は香川に入り、いよいよ金刀比羅宮参拝である。
 
四国観光その3・秘境「祖谷」、金比羅参りなど(徳島・香川編)の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
四国観光その2・「四万十川」と「桂浜」(高知編)
2008-08-12 Tue 21:41
2008年8月12日(火)

【四万十川】
今や“最後の清流”として名高い、四万十川(しまんとがわ)。
「四国へ行ったら、何はさておき四万十川を見たい!」と、思って
いた私にとっては、今回の旅の一番の楽しみでもあった。
四万十川の名を私が初めて知ったのは、実は比較的最近で、10
年ほど前、笹山久三の小説(「四万十川-あつよしの夏」)によっ
てである。
昔は「四万十川」なんて聞いたことなかったけどなぁ…と不思議
に思っていたが、それもそのはず、平成6年に名称変更されるま
では、「渡川(わたりがわ)」が公式名称だったそうだ。

さて、そのお楽しみの四万十川の川下り。
これはツアーのオプションで、屋形船に乗ってお弁当を食べる
という、いかにも観光客向けのイベント。
川下りをしたのは、海からわずか4、5キロの汽水域だ。
この辺りの水深は、深いところでは20mもあり、底の見えるよう
な「清流」の雰囲気とはちょっと遠い。
が、現代日本の川とは思えぬような、ゆったりした時空間
満喫することはできた。
真夏の昼日中ながら、川面から吹き抜ける風のお蔭で、屋形船
の中は思いのほか涼しく、快適でもあった。
(風のない日は、蒸し風呂状態らしいが…。)


 
四国観光その2・「四万十川」と「桂浜」(高知編)の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
四国観光その1・「しまなみ海道」など(瀬戸内海~愛媛編)
2008-08-10 Sun 17:47
2008年8月10日(日)

昔々、私が関東の某大学に入学したばかりの頃のこと。
学生宿舎で隣室に住んでいたのは、愛媛出身の女性だった。
東京下町で育った私は、広々としたキャンパス(当時、大学の
周りは、梨畑やアカマツ林ばかりだった)での日々に、大自然
の中に放り出されたような開放感を覚え、新鮮な感動があった
ので、そのことを何げなく隣室の彼女に話した。
すると彼女は意外だという表情を見せ、心底つまらなそうに、
こう言い放ったのだった。
「ここの景色は、平坦で何もなくて、ちっとも面白くないわ!」

…海も山もあって変化に富んだ彼女の故郷と比べたら、ここの
景色は何の取り柄もなく、全く美しくないのだそうだ。

同じ景色を見ても、育ってきた環境によって、こうも受け止め
方が違うのかと、一種のカルチャーショックを受け、同時に
まだ見ぬ四国の美しさに想像を巡らせた私だった。

以来、四国への憧憬を抱き続けること、32年…。
今回、夫の急な提案で、ようやく四国を訪れることができた。
できれば気候の良い時期に1週間くらいかけてゆっくりと…と
思っていたので、3日間(実質2日)の駆け足ツアー、しかも
真夏の旅ということに、不服がなかったわけではない。
が、不精な私にとっては、「夫が思い立った時」がチャンス。
そして行ってみれば、やはり、短いなりに充実した、楽しい旅
になったのだった。
遅くなってしまったが、以下、旅の記録。

【しまなみ海道】
旅の始まりは、尾道から四国に渡る「しまなみ海道」。
「しまなみ海道」というのは、「9つの島を10の橋で結ぶ道」と
聞いて、私は、海の上を渡る橋の連なりをイメージしていた。
が、バスで走ってみると意外にも、ずっと陸地を、いや、むし
ろ「山の中」を走り続けているような感じである。
海の上を渡っている実感があったのは、最後の3連の橋だけ。
それまではずっと、山の合間に所々、“広い川”か“湖”のように
見えるのが“海”なのだ。
こちらのページの地図をご覧になると納得頂けると思う。)
これまでの人生で見たことのないような、海と山の配置と
バランス
に、ただただ目を見張る。
「瀬戸」というのは、もともと「狭門(せと)=狭い海峡」を意味す
るそうだが、こんな風に、島と島の間が狭いところが多いから
「瀬戸内海」なのだと納得。
天候に恵まれて海の色も美しく、写真に収めたいような風景の
連続だったが、ずっと走っているバスからでは、じっくりカメラを
構える暇がないのが、残念だった。
この道は、本当はレンタカーか、部分的にレンタサイクルなど
利用し、のんびり風景を堪能しながら渡るのが良さそうだ。

そうそう、途中で「瓢箪島(黒島)」(「ひょっこりひょうたん島
のモデル?らしい)も見えた。
この島は無人島だが、広島県と愛媛県の県境にもなっていて、
昔、2人の神様が両側から綱引きをして島を取り合い、最初は
欲張った神様の方にひょうたんの大きい方が向いていたが、最
後は逆転して今の形に落ち着いたという伝説(バスガイドさん
談)も面白かった。
海道の一部として、塩で有名な伯方島(はかたじま)も通過。
世界一長い斜張橋(しゃちょうきょう)の「多々羅大橋」を渡り、
大三島(おおみしま)では、大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)
を見学した。


 
四国観光その1・「しまなみ海道」など(瀬戸内海~愛媛編)の続きを読む
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
明日、出発!(四国旅行+鹿児島へ帰省)
2008-08-02 Sat 20:00
2008年8月2日(土)

明日から、夫と一緒に2泊3日の四国ツアーに参加。
 しまなみ四国大感謝祭3日間(阪急交通社)

観光が済んだらツアーから離団して、東京へは戻らず、西へ
西へと、そのまま鹿児島に向かう。

今回は鹿児島でゆっくり過ごし、取手に戻るのは8月末の
予定だ。
この暑い時期にひと月近くも家を閉め切って留守にするのは、
家の中にカビが生えそうで心配なので(笑)、ご近所さんに、
時々エアコンの除湿運転をかけてもらうようお願いした。

…という訳で、しばらく更新は休みがちになる。
ブログ巡回も、ケータイからがメインになりそう。
パソコンからネット接続できる時には、自分のブログもなるべく
更新したいと思っているので、たまには覗いて頂けると嬉しい。

ではでは、行ってきま~す!
 
この記事のURL | 日々発見 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
身内はキビシイ…(顔のシミの治療を始めたワケ)
2008-08-01 Fri 16:05
2008年8月1日(金)

自分の体の一部を誰かに誉められるということは、滅多に
ないのだが、先日、美容師さんが私の“えり足”を見ながら
こう言ってくれた。
「首の後ろ、すごくキレイですよね~。
 外出の時はやっぱり、帽子とか日傘とか使って、気をつけて
 らっしゃるんですか?」


…いや、最近は日傘をよく使うけど、それは“顔”の保護の為
であって、首の後ろなんて、特に意識してないんだよね…。
(草取りの時には、タオルくらいかけるけど…。)
そう言えば、以前にも、他の美容院で、えり足を誉められた
ことがあったし、娘時代にも、母から
「お前のえり足はキレイだね」
と、言われたことがあった。
嬉しくないこともないけど、えり足なんかキレイで、何かいい
ことあるのかな?
(そもそも、えり足が汚い人なんか、余り見ないような…。)

「私のえり足、キレイらしいよ。美容院で誉められた!」
と、夫に言うと、
「そこしか、誉めるとこがなかったんだろ」
と、悲しい返答(笑)。

ちなみに、夫によると、私は、“背中”も、結構キレイらしい。


…何か、自分で見えないところばかり誉められるって、ビミョー
だよなあ。
…って言うか、つまり、“正面”はダメなのね(笑)。


私の“ダメな正面”のうち、“一番ダメダメ”なのは、「顔の肌」だ。
 
身内はキビシイ…(顔のシミの治療を始めたワケ)の続きを読む
この記事のURL | 熟年ミセスの美容とファッション | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。