スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
フスマの貼り替え
2008-04-29 Tue 23:27
2008年4月29日(火)

話は一気に 3カ月近く前にさかのぼる。

次男一家との一時同居のために、彼らの居住の場となる
和室を片付けていた。
ものすごく邪魔だったデスクトップパソコンを2階に移動
させた話
の続きだ。
その後、部屋の隅にあったラックも2階に運んでしまうと、
和室にある家具は和箪笥だけになった。
箪笥は動かせないから、あとは念入りに掃除するのみだ。

次男は取手の家に帰ってくると、「この家はハウスダスト
ひどいから、鼻炎になる」と言って、ティッシュを抱えて歩い
ている。
アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因となるもの)の種
類は200もあって、物質以外(例えば寒さやストレス)もアレ
ルゲンになり得るそうだ
から、いつもは気にしないのだが、
今回ばかりはそうも言っていられない。
赤ん坊が我が家に来た途端、ハウスダストのせいでアレル
ギーを起こすようになった…などと言われてはかなわない。
ふだん掃除しない壁や天井のホコリも払い、隅々まで丹念に
拭いた。

しかし部屋をきれいにしてみたら、今まで気にならなかった
押し入れのフスマの汚れが気になりだした。
…よし、この際、フスマも貼り替えちゃうか!



今のフスマ紙は、十数年前に私が一度貼り替えたものだ。
その時、そんなに難しくもなく、そこそこキレイに貼れた記
憶があったから、ホームセンターに行って、フスマ紙などを
一式買ってきた。
フスマを貼り替える時は、本当は枠を外してするのがよいの
だけれど、それは面倒だから、前回同様、枠に合わせて紙を
カットしちゃえばいいや。

フスマ紙は、3~4枚は重ねて貼ってもよいらしいので、最
初は、古い紙の上にそのまま貼るつもりだった。
が、よく見ると、古いフスマ紙が浮き上がって凹凸がある。
これは、はがしてから新しい紙を貼った方が良さそう。
…で、前のフスマ紙をはがし始めたところで誤算が生じた。
1回目の貼り替えと2回目の貼り替えでは、やはり勝手が違
うのだ。
古いフスマ紙と一緒に、茶チリ紙(下張りの茶色い紙)まで
一緒にはがれ、ベニヤ板がむき出しになってしまう…。
やばい、下紙から貼り直さなければならないのか?

でも始めてしまったものは中断できない。
どんどんはがしていくと、ベニヤ板には筋状の割れ目が無数
に入り、所々 へこんでしまっている。




まず、何とか補修して平らにしないと、このままでは下紙
を貼ることもできないじゃないか…。

とりあえず思いついたのは、ガムテープ(布テープ)を貼っ
て補修することだ。
貼ってみると、案外具合がいい。
気になる所にどんどん貼っていったら、こんなになった…。



布テープ、使いすぎ(笑)。
 
フスマの貼り替えの続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | ハウスキーピング・主婦のライフハック | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
国語の試験問題も随分変わってきた(全国学力調査)
2008-04-24 Thu 22:20
2008年4月24日(木)

仕事がらみの話は面白くないだろうと思うのだけれど、私に
とっては大変興味深いことなので書いておく。

私の仕事は国語の教材作りで、今までいろいろなものを手が
けてきたが、もう15年くらい毎年続けてきた仕事の一つが、
中学3年生向けのテスト作り。
(所謂“業者テスト”ってやつね…)

仕事を始めた頃に比べると、問題作成は、年々厄介になって
きた。
(引用文の著作権問題も厄介なことの一つ。…これは最近は
 版元さんがきっちり対処してくれるのでよいのだけれど、
 以前はせっかく作った問題がボツになることもあった。
 差別表現の問題なども、一時期、出版業界全体が非常に
 過敏になっていた。)

最近とみに大変なのは、試験問題を作る際に、自分で“創作”
して書かなければならない部分が増えてきたことだ。
最初の頃は、小説なり論説文なりの引用文を使って、読解問
題や漢字・文法の出題など、従来のパターンで、所謂「問い」
の部分さえ自分で考えればよかったのだが、多くの都道府県
の公立高校入試で短作文(100~250字程度)が課されるよう
になった頃から、その傾向に合わせ、いろいろな工夫を求めら
れるようになった。
課題作文も、毎回違うテーマを考えるのはなかなか大変。
もちろん、例解や解説も作る。

特にここ数年は、日本の生徒のOECDのPISA(国際的な
学習到達度調査)の読解力等の結果が芳しくないこともあ
って、従来とは異なる、思考力、表現力重視のPISA型の
問題を作らなければならず、これが手間がかかる。
生徒同士の討論とか、発表とか、いろんな状況を設定して
内容を“でっちあげ(笑)”なければならない。
そのため、以前なら、6~8ページのテストなら3、4日で
仕上げられたのに、今は1週間程もかかるのだ。
(原稿料は殆ど変わらないのに…涙)

そんなわけで、どうやったら生徒の問題解決能力を問う良問
が作れるか、いつも頭を悩ませているのだが、昨日の新聞で
公開されていた、今回の全国学力調査の中3の国語A・B
(A=知識、B=活用)の問題を見て、ユニークさに唸った。

なるほどねぇ…こんな内容もありか。
古典や書写は、こんな出題の仕方でもいいのね…。

誰が作っているんだか、さすがによくできている。
単に奇をてらった問題ではなく、今、どんな学力が求められ
ているのかもよくわかる。
この傾向は、来春以降の公立高校入試にも当然反映される
だろうし、つまり、私の仕事もこういう方向へシフトしていかな
ければならないということだ。
実際、かなり参考になった。

興味のある方、小6生、中3生の子どもをお持ちの親御さん
は、ざっとでも目を通しておかれるとよいと思う。
(新聞に掲載されているのは字が小さいので、私のような
 老眼の人は、新聞社のサイトから見たり印刷したりするの
 がお勧め。朝日新聞読売新聞

また、国語のテストとは関係ないのだけれど、私が時々読ん
でいるブログ「内田樹の研究室」の昨日(4/23)の記事で、
日本語についての面白い記述があった。
言語を司るのは左脳と言われているけれど、日本語の読み書
きでは、右脳も使うのかしら?
もしかして、日本語を使うのって頭にいいんじゃない?
…などとと思ったり…。
マンガ文化への言及などもなかなか興味深かったので、あわせ
てご紹介しておく。
 
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
舎人ライナーと、日暮里タワービルでのランチ
2008-04-21 Mon 19:58
2008年4月21日(月)

先日、荒川社会保険事務所に用があったので、今春(3/30)に
開通したばかりの新交通システム“日暮里・舎人ライナー”に
乗ってみた。
今までは、社会保険事務所に行く時は、日暮里駅前からバスを
使って熊野前(くまのまえ)まで、10~20分ほどかかっていたの
だけど、調べてみると、舎人ライナーを使えば5分。
本数も、昼間でも1時間に8本はある。
これは便利!と、早速乗り込む。

駅は、当然、自動開閉のホームドア付き。
(屋内に駅ホームがある感じというか、ホーム全体が部屋みたい。)



乗って最初に気になったのは乗客が少ないこと。
「これで採算とれるのか?」
…と思っているうちに、いきなりギュイーンという走行音。
「おっ、案外スピードが出るのか?」
と思って外を見たら…、ちっとも速くなかった。
(多分、都内一般道を走る自動車並み。)
…何だ、“スピード感”は“音”だけかよ!(笑)
でも西日暮里駅からは結構人も乗ってきたし、渋滞や信号待
ちがないのは、やはり快適だ。

“日暮里・舎人ライナー”は、“ゆりかもめ”と同様の新交通シ
ステム(より厳密に言うと、ゴムタイヤ式新交通システムとか、
AGTとか言うらしい)。
完全無人運転で、先頭車両の一番前まで一般の座席があ
り、ちょっと、遊園地の乗り物みたいだ。



新交通とモノレールの違いは今まで知らなかったが、モノレール
が1本のレールの上にまたがるか、ぶら下がって走るのに対し、
AGTは、ゴムタイヤの両側にもガイドウェイが設けられてい
て、それに沿って走行するらしい。



たまたま今朝の新聞を見ていたら、雑誌AERAの広告で、総力
特集・石原都政「負の遺産」リストという記事見出しがあり、
真っ先に“舎人ライナー”が挙がっていて苦笑してしまった。
…確かにね、着工は平成9年、計画が延びに延び、総事業費
約1300億円もかけてやっと完成したのだから…。
でも作っちゃったものはしょうがないし、どうせなら沿線住民
の通勤の足ということだけでなく、もっと沢山の人が利用する
ような仕掛けや宣伝を考えていってほしいと思う。
 
舎人ライナーと、日暮里タワービルでのランチの続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(都内編) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
文房具の整理法など(暮らし方を伝えるということ)
2008-04-15 Tue 17:18
2008年4月15日(火)

息子たちが小学校低学年ぐらいの時、家の中の文房具の
管理が大変だった。
3人息子が思い思いに、「マジック~」とか「ホチキス~」と
か言って、いちいち借りにくる。
ハサミなど幾つもあるはずなのに、私がいざ使おうと思う
と見当たらない。
つい、同じようなものを幾つも買ってしまう…。
不便でしようがないので、小さな引出しがなるべく沢山つ
いた収納ケースを買ってきて、家族の共用の文房具の収納
場所を決めた。
「使う時は、ここから勝手に出して使う。 使い終わったら
 戻しておく」。



物の整理が苦手で、家じゅう取り散らかしている私だが、
文房具に関しては、これがよい方法であったことは、以
来15年ほど放置したままだが、今でも不便なく機能して
いることからわかる。
言い尽くされていることだけれど、収納は、使いやすい
システムとルールを確立することが大事なのだ。

家電類の取扱説明書や保証書も、我が家で収納がうまく
できている数少ない例だ。



この方法は随分前に、野口悠紀雄氏の「『超』整理法
で知ったもの。
用意するのはB4サイズの封筒と、マジックだけ。
紙切れ1枚でも1つの封筒に入れること、
横に重ねずに縦に置くこと、
中身は、封筒の隅に、縦に書いておくこと、

…がミソ。
箱などに入れてしまうより、断然便利だ。
私は仕事関係の資料もこの方法で整理している。
各種の重要書類もこの方法で整理しておきたい(私が先
に死んだ時に夫が困らないよう)とも思っているのだが、
そっちはまだ手つかずだ(まだ死ぬ気なし…笑)。
 
文房具の整理法など(暮らし方を伝えるということ)の続きを読む
この記事のURL | ハウスキーピング・主婦のライフハック | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
つくばのラーメン屋「ごう家(ごうや)」
2008-04-11 Fri 23:17
2008年4月11日(金)

久々にお店紹介。

次男の結婚式のしばらく前、打ち合わせに行く若夫婦に
同行して、我々夫婦も一度、式場(ホテルグランド東雲
《しののめ》
)に出向いた。
貸衣装(夫のモーニングと、私の留め袖)と着付けの予約
のためだ。(留め袖は1着は持っているし、義母や母から
も「貸そうか?」という申し出を受けたが、いろいろ忙しか
ったし、赤ん坊を抱くことなども考えて、貸衣装にした。
…貸衣装はラクちんで、ホント、正解だった!)

さて、その時、息子夫婦と一緒に食べた昼食が、ごう家
のラーメンである。

30数年前、筑波の研究学園都市ができたばかりの頃は、
大学の周辺には、飲食店はほとんどなかった。お洒落な
レストランや、美味しいラーメン屋など、皆無だった…。

が、今や隔世の感がある。
「桜村」だった住所は「つくば市」に変わり、3年前にはTX
(つくばエクスプレス)も開通。 ショッピングモール等も
次々できて、つくば駅(つくばセンター)のあたりなど、
どのくらい飲食店があるのか、食べ歩きが好きな次男も
もはや把握できないようだ。

それでも大学近辺の飲食店ならほぼ制覇している次男が、
「大学近くだったら、ここのラーメンが一番おいしいと思う」
と言って、連れて行ってくれたのが「ごう家」。
一風変わった、なかなか良い店だったので、紹介しておく。

店内は、レトロなポスターなど貼ってあり、ラーメン店
いうより居酒屋風。
くつろげる雰囲気で、ちょっと友人を誘って行きたくなる
ような感じの店だ。
メニューはシンプルなラーメンもあるが、次男おすすめの
味玉ラーメン」を食べてみた。



味玉(あじたま)は、相当長く煮込んだような色をしているの
に、中身は半熟
普通の煮卵とは作り方が違うのかなあ~と思って調べたら、
どうやらこんなふうに作るらしい。(私も今度、作ってみよう!)

ごう家では、卵の仕入れにこだわりがあるらしく、ここの名物
メニューの一つに、生卵かけご飯もある。
食べた夫は
「う~ん、卵の味の違いまではわからん!」(笑)
しかし、食べ方の能書きがかなり面白いので、ラーメンだけ
では物足りないという方には、話の種にオススメ。
 
つくばのラーメン屋「ごう家(ごうや)」の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
花いっぱい+本館サイト切り番プレート
2008-04-06 Sun 22:01
2008年4月6日(日)

今はこれだけになってしまったのだが…




次男たちの結婚式の後、我が家はしばらくの間、かつてない
ほど「花一杯」で、良い香りが立ちこめていた。






ところで、もう2カ月以上も前に、私の本館サイト「ミセス・
かんちがいの部屋」
のアクセスカウンターでキリ番を踏ん
だというメールを読者から頂いたので、この花の画像で、
記念のプレートを作ってみた。

本館サイトの方は、ブログと比べるとアクセス数もかな~り
地味。最近は誰も“切り番”など気にしていないのだろうと
思っていただけに、ご連絡を頂き、大変嬉しかった。

“22222番”をゲットされたのは、リアル知人「ふくゆき」様。
(「おっ、“ふくゆき”か~」と思った方も若干名おいでだろう。)
遅くなったが、切り番プレートをここに進呈。



22222番は、“大切り番”(10,000ごとと、ゾロ目番号は特別
扱いなのだ)でもあるので、リアルプレゼントとして、ご当地
キティー(鹿児島・桜島大根バージョン)ストラップ等を、近日
中にお送りする予定。



なお、ふくゆき様は、それより前に22022番も踏んで下さって
いるとのこと(いつも読んで下さっているということだよね、
感謝!)で、そちらの記念プレートも作ってみた。
こちらは、屋外で撮影した花を素材に。
 
花いっぱい+本館サイト切り番プレートの続きを読む
この記事のURL | 本館サイト関連情報 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。