FC2ブログ



同世代の死に思う
2007-01-12 Fri 17:49
2007年1月12日(金)

ここ数年、年末には 10枚前後の喪中はがきが届く。
大体は親御さんが亡くなったという知らせだが、高齢化の
このご時世、お祖父様やお祖母様が亡くなったという知ら
せも珍しくない。
それらは悲しい知らせには違いないけれど、年の順だから
致し方ないとも思える。
が、若い世代や同世代の人の訃報には、胸が塞ぐ。

大学の同級生K君の奥様から、寒中見舞い葉書が届いた。
K君の結婚式 (20余年前の春、雪の残る福島で行われた)
に夫婦で出席して以来、ずっと会う機会もなかったが、毎年
年賀状のやりとりは続けてきた。
そのK君が、昨夏、くも膜下出血で急逝したのだという。
そのこと自体も驚きなのだが、その知らせが、亡くなった時
でも、年末でもなく、今になって、しかも、どういう事情か、
姓の変わった(多分旧姓に戻った?)奥様から届いたのが、
ショックである。

「…友達連中は、誰か、葬式に行ったのかな…」と、夫。
家族でなく当人が亡くなった場合、普通なら、友達の間で
連絡が回るはずだが、それがなかったのはどういう状況だっ
たのだろう…。
 
同世代の死に思うの続きを読む
スポンサーサイト



この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |