FC2ブログ



スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
肉筆浮世絵展の1枚の絵のこと (北斎「鳳凰図屏風」)
2006-11-23 Thu 11:30
 2006年11月23日(木)

 (忙しくて更新が遅れたが、前回の続き…)

 浮世絵といえば版画だと思っていたが、豪華な肉筆の名品
 が多数存在し、それがボストン美術館から約1世紀ぶりに
 日本にやってくる…という案内を暫く前にテレビで見た時、
 これは絶対見に行きたい!と思ったのである。
 夫もこういうのは好きだから、一緒に行こうと約束をして、
 先般見てきたことは、前回の日記に書いた通りだ。

  ボストン美術館所蔵肉筆浮世絵展
  「江戸の誘惑
      (江戸東京博物館にて、12/10まで開催中)

 土曜日なので、ある程度の混雑は予想していたのだが、驚い
 たことに、チケットを買うのに、まず行列だった。
 (チケットは両国駅などで予め買っておくのがオススメ。)
 展覧会場の入口も大渋滞で、思わず、昔(1974年!)上野の
 国立博物館にモナリザを見に行った時のことを思い出す。
 人々が展示ウインドウにへばりついたまま、行列がちっとも
 前に進まない。時間のない我々はしびれを切らし、後方から
 の鑑賞もやむなしと思ってずんずん奥に入っていくと、奥の
 方は行列がばらけていて、案外あちこちの作品の前に空きが
 あり、順路を無視すれば、どの作品も間近で充分に鑑賞でき
 たのだった。

 まず驚いたのは、想像以上に色が多彩で美しいこと。
 そして描かれている風俗・文化の豊かなこと!
 舟遊びに花見、芝居に踊りに遊里通い、流行りの髪形やファ
 ッション…江戸庶民て、随分人生をエンジョイしていたんだな
 と思う。
 
肉筆浮世絵展の1枚の絵のこと (北斎「鳳凰図屏風」)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。