スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
身近な紅葉風景に、「え?!」
2006-11-30 Thu 10:16
 2006年11月30日(木)

 文章がついダラダラと長くなる私だが、本日は画像メイン。
 我が家の近所でも、ここのところ一気に紅葉が進んだ。

 我が家の玄関前で雨に散り濡れるモミジ。
 (チシオモミジか、デショウジョウかが不明)

落葉
一昨日の朝、撮影



 こちらは近所のジャングルのような薮で見かけた、ツタ?

ツタ?
2週間ほど前に撮影


 そして実はもう1枚、これは平凡だからボツにしようと思って
 いた写真がある。それは…
 
身近な紅葉風景に、「え?!」の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
最近のメニューから3 (チキンカチャトラほか)
2006-11-26 Sun 23:58
 2006年11月26日(日)
 
 大根餅の記事を書いたときに、
 チキンカチャトラについてちょっと
 触れたら、以来、「チキンカチャトラ・
 作り方」で、何度も検索を受けて
 しまうのである。
 これはちゃんとレシピを載せておか
 ないと(汗!)…というわけで、
 数日前に作ったチキンカチャトラを
 ネタにする次第。

 それにしても、チキンカチャトラ(鶏のトマト煮・猟師風)
 は、結構スタンダードなメニュー。
 ネット上のレシピなど幾らでもありそうなのに、なぜ私の記事
 など検索されるのだろう?と思ったら、「チキンカチャトラ」と
 伸ばして表記する方が、より一般的らしい。
 本格的なレシピを知りたい方には、「チキンカチャトーラ」で
 再検索されることをオススメする。

 私の作り方はいい加減だ。レシピを覚えたての頃こそ、真面目に
 作っておもてなし料理にしていたけれど、何度か作るうちに普段
 のお惣菜メニューに降格。(何たって、鶏の手羽元は安いし!)
 ちなみに、我が家の子供たちは、ずっと「チキンカチャカチャ
 と呼びならわしていた(笑)。
 
最近のメニューから3 (チキンカチャトラほか)の続きを読む
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
肉筆浮世絵展の1枚の絵のこと (北斎「鳳凰図屏風」)
2006-11-23 Thu 11:30
 2006年11月23日(木)

 (忙しくて更新が遅れたが、前回の続き…)

 浮世絵といえば版画だと思っていたが、豪華な肉筆の名品
 が多数存在し、それがボストン美術館から約1世紀ぶりに
 日本にやってくる…という案内を暫く前にテレビで見た時、
 これは絶対見に行きたい!と思ったのである。
 夫もこういうのは好きだから、一緒に行こうと約束をして、
 先般見てきたことは、前回の日記に書いた通りだ。

  ボストン美術館所蔵肉筆浮世絵展
  「江戸の誘惑
      (江戸東京博物館にて、12/10まで開催中)

 土曜日なので、ある程度の混雑は予想していたのだが、驚い
 たことに、チケットを買うのに、まず行列だった。
 (チケットは両国駅などで予め買っておくのがオススメ。)
 展覧会場の入口も大渋滞で、思わず、昔(1974年!)上野の
 国立博物館にモナリザを見に行った時のことを思い出す。
 人々が展示ウインドウにへばりついたまま、行列がちっとも
 前に進まない。時間のない我々はしびれを切らし、後方から
 の鑑賞もやむなしと思ってずんずん奥に入っていくと、奥の
 方は行列がばらけていて、案外あちこちの作品の前に空きが
 あり、順路を無視すれば、どの作品も間近で充分に鑑賞でき
 たのだった。

 まず驚いたのは、想像以上に色が多彩で美しいこと。
 そして描かれている風俗・文化の豊かなこと!
 舟遊びに花見、芝居に踊りに遊里通い、流行りの髪形やファ
 ッション…江戸庶民て、随分人生をエンジョイしていたんだな
 と思う。
 
肉筆浮世絵展の1枚の絵のこと (北斎「鳳凰図屏風」)の続きを読む
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
チェーホフ・アンソロジーを観劇
2006-11-19 Sun 20:33
 2006年11月19日(日)

 昨日の土曜は、後輩N君の芝居を見に行くことに前々から
 決めていた。
 芝居は午後2時からなので、できればその前に、江戸東京
 博物館で開催中の「肉筆浮世絵展」も見たいね…という話
 を、夫婦でしていた。
 しかし、今月は、私も夫も超多忙なのだ。
 金曜の朝、夫に予定を確認すると、急ぎの原稿を仕上げる
 のに、土曜の午前中までかかりそうだと言う。
 「私も似たようなもんだわ。 じゃあ明日は、残念だけど浮世
  絵展の方は無理ね…」

 ところが金曜深夜、日暮里の事務所にいる夫から電話が
 来て、「もう遅くなったから、このまま事務所に泊まるよ。
 で、アンタは明日の朝、何時頃出てこられる?」と言う。
 …え、明日の“”?
 私「どうせ、芝居の方しか行かないと思ってたから、…まだ
  仕事済んでない…明日の午前中にやるつもりで…」
 夫「何だよ~、オレは頑張って全部終わらせたのに。浮世
  絵、見に行きたいと思って…」
 私「……。 じゃあ、今からもうひと頑張りして、明日はなる
  べく早く行くわ…」

 …それから頑張って、寝たのは3時過ぎだった。
 (うう~…こんな生活してたら、お肌ボロボロやわ~!)
 
チェーホフ・アンソロジーを観劇の続きを読む
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
夫、自著を中古で取り寄せ
2006-11-16 Thu 01:58
 2006年11月16日(木)

 “教育ジャーナリスト”としての夫の著書は3作あるのだが、
 3作目のもの(これは共著)が、家に1冊もなくなっていること
 に気づいた。
 「今度、事務所から1冊持ち帰ってきておいて」 と夫に頼むと、
 「いや、事務所にも、もう1冊もないんだ。 今度、アマゾンで
  注文しておいてくれよ、5冊ほど」と、逆に頼まれた。

 …自著を注文して買うなんて、変な話だなぁ。
 が、著者の手元に1冊もないというのもマズイ。
 (もちろん最初は、10冊や20冊は手元に残して置いたのだけ
  れど、時々は著書を渡さなければならないような相手や状
  況があるようで、そんなときに1冊2冊と渡しているうちに、
  無くなってしまったらしい。)

 早速、Amazonで探す。
 新品在庫はなかったので、ユーズド(中古書)で、安い方から
 5冊を注文し、カード決済。
 古本屋を回って探したら大変な手間だが、実に簡単なものだ。
 2、3日のうちには、5冊が別々の古書店から送られてきた。

各地の古書店から届いた5冊

 
夫、自著を中古で取り寄せの続きを読む
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Windows-Mac間のファイル送信のこと
2006-11-13 Mon 14:19
 2006年11月13日(月)

 まずは、栃木在住のお友だちkoba2106さんの企画・デザインに
 よる下野(しもつけ)手仕事会伝統工芸品展」のご案内。
 紹介が遅くなってしまったが、この展示会は既に始まっている。
   -鬼怒川〈きぬがわ〉温泉「あさやホテル」にて・11/30まで-
 ※《追記》好評に付き、2007年1月末まで開催期間延長とのこと。

下野手仕事会・伝統工芸品展のポスター
ポスター制作=koba2106さん

 展示作品例はFM栃木ホームページでも紹介されている。
 べっこう細工など、破格の直売価格で提供されているようだ。

 さて、このポスターは、kobaさんのサイトから勝手に保存させ
 て頂いたのだけれど、kobaさんからは、普段、メール添付で
 画像ファイルや HTMLファイルを受け取ることがある。
 (ホームページ作りに関するアドバイスを頂いているので。)
 kobaさんはWindowsも使うが、お仕事柄、基本的にはMac使い。
 で、ファイルを受け取る時に、不思議な現象が起こる。
 毎回ではないが、開けるファイルと開けないファイルとが、
 同時に届く
のだ。

 例えば画像ファイルを2つ送ってもらったとすると、同じ名前の
 ファイルが2つずつ、計4つ届いて、うち2つはWindowsで開け
 ないファイルなのだ。
 似たようなことは、やはりマックユーザーでイラストレーターの
 ちゅうさんから画像などを送って頂いた時にも起こる。
 必要なものは届くわけなので、問題ないと言えばないのだが、
 何でこんな余分なものが届くかと言えば、パソコンがファイル
 形式を変換してくれる際に、こうした副産物ができてしまう
 のだろうと私は解釈している。

 エラそうに語れるほどの知識はないのだが、少しだけWindows
 とMacの違いを説明すると…
 
Windows-Mac間のファイル送信のことの続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:12 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
仕事を断る!
2006-11-10 Fri 22:09
 2006年11月10日(金)

 普通に忙しい時、 セールスの電話がかかってくると、
 「この忙しい時に~!」と、腹立たしく思う。

 死ぬほど忙しい時など、 セールスの電話だとわかると

 …ホッとする。
 「あ~、原稿催促の電話でなくてよかった~…」

 「電話の音におびえる生活はもうイヤだ…」
 と思うのだが、毎年1、2回くらいは、自分のキャパを読み
 誤って、こなせない分量の仕事に苦しむことになる。
 いや、今回は初めから「そんなにやれません、無理です」
 と言ったのだけど、夫の元上司のOさんから、「お願いでき
 ませんか~」と言われて引き受けてしまったのだった。

 そのOさんが、先日来「あともう少しだけ余分に引き受け
 てくれないか」と言い、さっきも電話をかけてきた。
 …身構えて電話に出る。
 
仕事を断る!の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
歌う義母
2006-11-08 Wed 10:18
 2006年11月8日(水)

 元気と言っても、80過ぎの高齢だから、鹿児島の義父母は
 しょっちゅう病院通いをしている。
 先週の義母は、腰を筋違いで傷めた上、医者から大腸の
 内視鏡検査をすると言われ、少し落ち込んでいた。

 義母はなかなかのツワモノで、以前に手術を受けた時にも、
 手術前にお医者さん相手に冗談を言ったり、ストレッチャー
 に横たわって手術室に入る時に、歌って手を振るなどして、
 周りをあきれさせたりした人だが、本当はとても心配性で、
 「やっせんぼ」(鹿児島弁で「弱虫」)だということは、長い
 付き合いだからわかっている。
 実姉の伯母が大腸ガンの手術を受けたばかりでもあるし、
 義母はきっと内心不安一杯だろうと思い、先日電話をした。
 
歌う義母の続きを読む
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
お金持ちの話
2006-11-06 Mon 16:54
 2006年11月6日(月)

 日本橋のM越本店にお勤めのN井さんから聞いた話。
 暫く前、催事場に、ある「毛布」が展示されたそうな。

 N井 「いくらだと思う?」
 私  「それ…って、“高い”って意味だよね?」
 (“催事場”=“バーゲン会場”の認識しかないビンボーな私…)

 私  「カシミヤの毛布とかなの?」
 N井 「もっと高級! ガラスケースで展示されてた」
 私  「………」(イメージできない…笑)

 さて、そのお値段は?
 (って、今日もクイズか?!)
 
お金持ちの話の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
女性好みの韓国料理店(日暮里「李家ね)
2006-11-04 Sat 21:31
 2006年11月4日(土)

 いきなりクイズ。
 下の写真は、石で作った飾りものであるが、これは韓国の「ある
 食材」の形を模したものだそうだ。
 さて、その食材とは何?(答えは本日の記事の最後に…。)

韓国のある食材を模した飾り


 先月末の出勤日、帰宅時間が合いそうなので、ご近所仲間
 のN井さんと連絡をとって、一緒に帰ることにした。

 N井さんは紆余曲折を経て、今は日本橋のM越で、事務の
 仕事をしている。彼女は上野から常磐線に乗るわけなので、
 「上野あたりで待ち合わせて夕飯を食べる?」
 と打診してみたら、何と彼女、
 「日暮里で食べたい! K木さんが前にブログに書いてた
  激安の回転寿司屋さん(6/30の日記参照)がいいな~」
 と言うのだ。
 私「ええ~! あのお寿司屋さんね、今日の昼、行ってきち
  ゃったばかりだわ~」(この日は、サンマ・生ガキ・キス・
  あぶりトロサバなどの握りを食べ、味とお値段に満足して
  いたところだった。 あの店なら夜でも安いだろうが、さす
  がに昼夜続けて寿司はなぁ……)
 
女性好みの韓国料理店(日暮里「李家ね)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(都内編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
忙中、実家へ…
2006-11-02 Thu 10:25
 2006年11月2日(木)

 昨日、所用で東京に出たついでに、実家にちょっとだけ顔を
 出してきた。 
 両親とも糖尿病だが、見た目は二人とも元気そうで安心する。

 「顔を見る、顔を見せる」…それだけのことが、年々大事に
 なってくる(鹿児島のお義父さん、お義母さん、滅多に行けな
 くてゴメンね…)。

 実家の両親は、日帰りや1泊のバスツアーによく参加している。
 それで行ける範囲の、有名どころの観光地は、あらかた行き
 尽くしてしまったこの頃は、「ミステリーツアー」に、好んで参加
 しているようだ。
 目的地が秘匿されていて、着いてビックリのお楽しみツアーと
 いうわけだが、なかなかお得なプランが多いと言う。
 シーズンオフの観光地や入場無料の施設などをうまく利用して、
 旅慣れている人を満足させるよう、工夫されているらしい。

 で、両親が暫く前に行ってきたというミステリーツアー…。

 母 「東名高速を走って、最初に浜松インターで降りたのよ。
  浜松で降りて、どこに行ったと思う?」
 私 「浜松…って、浜名湖とウナギしか思いつかないなあ…」
 母 「うふふ…絶対当てられないと思う」
 私 「何か、名所ってあったっけ???…う~ん、降参!」

 (…さあ、どこでしょう…?)
 
忙中、実家へ…の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。