スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
栗の渋皮煮の作り方 (下ゆでに布袋を使って)
2006-09-29 Fri 15:28
 2006年9月29日(金)

 むいた栗1キロを持ち帰り、渋皮煮作りスタート!
 (栗のむき方は、前回記事参照。多少渋皮に傷がついたり、
  黄色い身が見えてしまっているものも、そのまま使うのが
  E子先生流。)
 栗の渋皮煮作り方レシピをネットで調べると、作り方は
 だいたい似たようなものである。
 E子先生のやり方も大筋は同じなのだが、特筆すべき点は、
 栗を下茹でする時に、布袋を使うことだ。
 皮をむいた栗は案外デリケートで、荷崩れしやすく、強火は
 禁物。 ザルにザザっとあけると、それだけで割れてしまう
 こともあるそうだ。
 で、E子先生は(大鍋で1度に5キロずつ茹でるそうだが)、
 大きな布袋に栗を入れたまま、鍋から出し入れする。
 使い込んだ先生の布袋は、見事に栗色に染まっている。

栗の下ゆでの時に使う、手製の袋

 大きい方の袋は、蒸し布を2つ折にして、左右の端を縫って
 ある。小さい方(上に乗ってる方)の袋は、何と、ガーゼの
 ハンカチの一辺の端を切り落としただけ!
のものである。
 ガーゼのハンカチは、もともと2枚の布を合わせてあるから、
 それだけで袋ができてしまうのだ。(目からウロコだ~!)
 ガーゼのハンカチは、百均で3枚100円で売っている。
 縫う手間いらずのこの簡易袋、栗を茹でる以外にも、いろ
 いろに使えそうなので、覚えておくと便利だと思う。


 
栗の渋皮煮の作り方 (下ゆでに布袋を使って)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
E子先生のパン教室 (栗の皮むき大会?!)
2006-09-27 Wed 11:01
 2006年9月27日(水)

 昨日のパン教室のメインは、いちじくパン作りのはずだった。
 が、急きょ、栗の皮むき集会に…?

栗の皮をむくのに熱中


 この季節、E子先生は、自称「栗の女王」になる。
 毎秋、先生は栗の渋皮煮数十キロ!も作られるのだ。
 (売るわけでもないのに、趣味でこんなに沢山作る人は珍しい!
 良い栗を見ると「むいてあげずにいられない!」そうだ…笑)
 すばらしく美味しいのだが、渋を抜くのに何度も茹でこぼした
 りして、手間のかかるものだ。何より、むくのが大変なので、
 作ってみたいという気持ちは以前からあるものの、いつも
 先生が作られたのを頂くばかりの私たちだ。
 今回も、E子先生から「大きくて良い栗を注文したので、欲し
 い人は連絡して下さい」というメールを頂いていたのだが、
 むくのが面倒で、皆、敬遠していたのだった。

 教室に行くと、丸々太った栗が10袋(10キロ)あった。思わず、
 「わ~、いい栗ですね! でも栗を家で一人で黙々とむくのは
  気が重いんですよ。 みんなでオシャベリしながらむけば
  楽しそうだから、先生のところで、“栗むきの会”を企画して
  下さったらいいのに~」
 と、冗談半分で申し上げると、先生は
 「じゃ、今日はみんな1袋ずつむいて、自分の分を持ち帰る
  ことにする?」
 「わ~い!」
 …こういう変幻自在なところが、我らがパン教室の良さ!(笑)
 数種類の皮むき器をあれこれと試しながら、私たちが栗との
 格闘を始めると、E子先生は苦笑しながら
 「じゃ、皆さんが栗をむいてる間、私は一人でパンを焼くわね!」
 
E子先生のパン教室 (栗の皮むき大会?!)の続きを読む
この記事のURL | E子先生 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
秋の色
2006-09-25 Mon 15:06
 2006年9月25日(月)

 今年は柿の色づきが早い。
 今月半ばに鹿児島から取手に戻ったら、隣の公園に、我が
 家の柿の実(今年初めて実をつけた蜂屋!)が、20個ほども
 落ちていて、「あ~、もったいない!」と、溜め息が出た。
 色づくのを待っていると落ちてしまうので、早くも少しずつ
 収穫している。

 前庭に生えているもう1本の柿も、熟してきた。
 荒れ放題の庭に落ちて、湿った土と落ち葉にまみれた柿は、
 妙に美しいと私は感じてしまう…。
 これは、もはや「滅びの美学」の域に達しているのでは…?
 (庭の手入れを怠っているのを正当化する訳ではないが…笑)

落ちた柿



 キンモクセイも今が盛り。
 花を小カゴに盛って、香りを部屋の中にも持ちこんでみた。

キンモクセイ

 
秋の色の続きを読む
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
鹿児島県民の秘密
2006-09-22 Fri 12:45
 2006年9月22日(金)

 昨夜TVで「秘密のケンミンショー」という番組をやっていた。
 いろいろな都道府県の県民性というか、その県独自の風習・
 習慣や食べ物などを紹介するものだった。
 例えば愛媛の「みかんご飯」!
 これは愛媛では学校給食にも出る普通のメニューだそうだが、
 その作り方を見ていたら、ご飯にドボドボと“ポンジュース”を
 注いで炊くので絶句! いろいろな具も混ぜ、味は、いわば
 ちらし寿司風らしい。ミカンの甘酸っぱさが、甘酢の代わりに
 なるのだろう。
 福島では、饅頭を天ぷらにし、醤油をつけてご飯のおかずに
 したり、蕎麦の汁に入れたりして食べるというのもたまげた。
 長野では、「無言清掃」という標語があり、学校の清掃などは、
 ひたすら黙って行うというのにも笑ってしまった。
 面白いのは、小さい頃からそれが当たり前と思っているので
 「えっ、他の県ではしないの?」と県民たちが驚いている場合
 が多いことだった。
 これだけ情報が飛び交う世の中なのに、日本国内にも、まだ
 まだ「知られざる異文化」があるものだと、興味深かった。

 鹿児島は特に紹介されなかったが、紹介されるとしたら何だ
 ろうね?と、夫と考えながら見ていた。
 私も今はすっかり鹿児島の風習に慣れてしまい、すぐには思い
 つかなかったけれど、考えているうちに、結婚した当初驚いた
 ことを、幾つか思い出したので、書いてみる。

 ★鹿児島ではテレビの天気予報の時、降灰予報がある
 鹿児島市内には、桜島の噴火で灰が降ることは、結婚前から
 知っていた。が、天気予報で、当たり前のように「降灰予想」が
 流れているのには、驚いた。画面地図上に風向きが表示され、
 「○○地方は灰が降りますので洗濯物にご注意下さい」という
 具合。灰情報は、雨情報以上に大事なのだ。

 ★鹿児島では否定疑問文への答え方は英語式である
鹿児島県民の秘密の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:9 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ノートPCのキーボード、「小掃除」で冷や汗!
2006-09-20 Wed 22:50
 2006年9月20日(水)

 ここのところ、ノートパソコンのキーボードの調子が急に悪く
 なって困っていたのである。
 幾つかのキーが、意識して強く打鍵しないと認識されない。
 最近移動させることが多かったから(鹿児島にも持って行っ
 たし)、それがいけなかったのだろうか?
 とにかく、このままでは仕事をするにも効率が悪い。
 キーボードを外して中側(下側)を掃除できたら良さそうだけ
 ど、ノートパソコンのキーボードって、外せたっけ…?

 ネットで調べてみると、デスクトップPCでも、ノートPCでも、
 キートップは簡単に外せる
とある。
 その一方で、やり方を間違えると壊れる場合もあるとか、
 キートップの外れ癖がつき易くなるのでおすすめできない
 とか、怖い記述も見かける。

 …う~~ん、どうしよう? 元に戻せなくなったら困る。
 でも、これだけパソコンが大量生産されているんだもの、
 キーボードの組み立てなど簡単にできるはずだし、つまりは
 分解も容易なはずだ…と安直に考え(我ながら楽観的…笑)、
 こちらのネット記事の「キーボード」の項目を参照しながら、
 キートップとやらを、試しに1つ外してみることにした。

 とりあえず、一番調子の悪い“M”のキーにするか…。

 恐る恐る…ゆっくり…力を入れて


 …むむ…



  グキッ!(ギョっ!)

 …何か割れたかな?(汗) 見たところ破損はなさそうだ。
 が、キートップを外した跡(本体側)を見ると…

 あれ? ネットで見た写真と違う~っ!!

ノートパソコンのキートップを外したところ
(左の写真は上記ページから拝借)

 
ノートPCのキーボード、「小掃除」で冷や汗!の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
鹿児島土産事情 (スイーツバトル激化?!)
2006-09-18 Mon 22:44
 2006年9月18日(月)

 鹿児島からの帰り、空港でたっぷり時間があったので、土産
 をゆっくり物色することができた。
 鹿児島空港内の土産物店は、どこも似たようなラインナップの
 品揃えで面白みに欠けると、これまで思ってきたのだが、
 今回、ちょっと様子が変わっていた。

 従来、土産用の菓子といえば、だいたいは日持ちのするものと
 相場が決まっていたが、賞味期限の短いオリジナルの生菓子
 (ケーキ風や大福風のサツマイモのお菓子)を看板にしている
 店が、急に増えたのだ。
 特に「スイートポテト戦争」がすさまじい。
 (多分、どこかの店が始めて人気が出たので、他店も追随した
  のだろうと思われる。)
 甘いもの好きな三男と一緒に、試食できるものは試食しまくっ
 たところ(笑)、どれも甲乙つけがたいほど美味しい。
 とりあえず(自宅用に)買った2点はこれ。

マロンポテトパイと乳芋大福

 左はロイヤルのマロンポテトパイ
 同じロイヤルの「紫芋スイートポテト」も美味だったし、
 ボリュームたっぷりのスイートポテト「紅寿」にも興味あったの
 で、これは苦渋の選択(笑)。
 右は、美味芋本舗の乳芋大福「福はぷくぷく」
 これは試食できなかったけど、「兄貴が好きそう」と三男が選
 んだもの(長男は特に和菓子好きなのだ)。
 案の定、長男は大絶賛。
 「これだけ(5個)しか買わなかったの~?」と恨めしがられた。
 ちなみに美味芋本舗のスイートポテトも相当美味(試食結果)。
 
鹿児島土産事情 (スイーツバトル激化?!)の続きを読む
この記事のURL | 各地の名品・珍土産の紹介 | コメント:6 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
鹿児島グルメツアー?(地鶏の刺身・伊勢エビなど)
2006-09-15 Fri 23:37
 2006年9月15日(金)

 鹿児島での5日間は、たっぷり食べ、たっぷり眠り、たっぷり
 しゃべって過ぎた。
 鹿児島ではいつもご馳走尽くしだが、今回は特に短期集中
 だったので、「こんなに立て続けに贅沢して良いのかしら?」
 と、後ろめたく思うほどだった。
 家で食べたご馳走の双璧は、地鶏の刺身と、伊勢海老だ。

 鶏刺しというのは、結婚前は食べたことがなかった。
 鹿児島では鶏肉を“かしわ”と言い、刺身をスーパーなどでも
 見かけるのだが、そういう普通の鶏刺しは、特別美味だと
 思ったこともない。
 だが、坂ノ上駅近くの内大久保地鶏店という小さな店の鶏刺し
 を知ってからは、“鶏刺し観(変な言葉だが…笑)”が一変した。
 ここの鶏刺しは、多分日本一じゃないかと思う程の絶品なのだ。
 (住所・地図はこちら

鶏刺しと内大久保地鶏店


 この店の鶏刺しは、おろしニンニクを薬味に、添付のタレで
 食べる。ツマには、玉ねぎスライスが合う。
 息子たちも勿論これが大好物。冷蔵で配送可能なので、取手に
 送ってもらうこともあるが、今回、三男は、千葉の自分のアパ
 ートに送ってもらう手配をしていた。
 あまりに美味しいので、友人たちを呼んで振舞うのだそうだ。
 
鹿児島グルメツアー?(地鶏の刺身・伊勢エビなど)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
白クマでなく、黄グマ!(携帯から)
2006-09-11 Mon 23:57
2006年9月11日(月)

20060911235633

「白熊」の知名度があがり、あちこちで見かけることが
多くなったこの頃、白熊の本場・鹿児島では、新たな動きがあった。

白熊の新バージョンが、やたら増えていたのだ。
上の写真は、山形屋(鹿児島1番の老舗デパート)に
今年初登場した「黄熊」!
マンゴープリンやパイナップルなど、黄色い具材が一杯~♪
(三男はもちろん、これを注文)。

今回は注文しなかったけれど、コーヒーシロップと黒糖の
大人向きの味という「黒クマ」にも、かなり興味あった。
…でも、「黒クマ」って…
つまり「普通のクマ」では?(笑)


《追記》
小熊
ちなみに私が食べたのは、この“こぐま”。
一応、黒い豆が目で、雪見大福が鼻。
食べていくと、中からスイカやいろんな
フルーツが出てくる。

なお、9月一杯、山形屋で食べられる
様々な白熊を見てみたい方はこちら

この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
明日から鹿児島
2006-09-08 Fri 21:28
 2006年9月8日(金)

 気がつけば、帰省の前日で、あせりまくり…。
 明日から5日間、三男と鹿児島に行くことになっている。

 ああ、帰省前に済ますはずだった仕事が終わらない~っ!
 家の中も散らかり放題で、今回も「跡を濁し」まくっての出発。
 この家の中を誰かに片づけてもらうハメになるのは恥ずかし
 すぎるから、飛行機が落ちても、絶対死ぬわけにはいかぬ。
 (…と、帰省するたびに考えているような…笑)
 

明日から鹿児島の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
縦書き印刷
2006-09-07 Thu 22:28
 2006年9月7日(木)

 本日は実用記事。
 お友だちから、Word(ワード)での縦書き印刷がうまくいかない
 という話を聞いたので、そのことについて。

 縦書き印刷のできるソフトというのは限られている。
 私の持っているものでは、ワープロソフトのWordと、OASYS、
 テキストエディタでは、QXエディタだけだ。
 私の仕事は縦書き印刷するものが殆どだが、編集時は横書き
 の方が私は扱いやすいので、OASYSかQXエディタで横書きで
 編集し、印刷時だけ、縦書きにしている。
 ワードでは、縦書き印刷を指定すると、編集画面も自動的に
 縦書き表示になる(最初から縦書きで文書を作成すれば、
 印刷は勝手に縦書きになる)のが、私には少し不便だ。

 ワードに関しては別に詳しくはないのだが、仕事柄、縦書き
 機能については大体のことはわかるので、以下、私の知って
 いることを書いておく。
 

縦書き印刷の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
この夏の読書の総括(ベストワン以外の9冊のご紹介)
2006-09-06 Wed 11:58
 2006年9月6日(水)

 去年の夏は仕事で忙殺されて、読書するヒマが殆どなかったの
 だが、今年の夏は、仕事の合間に、あるいは寝床で、それなりに
 読書が楽しめた。
 どちらかと言うと軽めの本ばかりだけれど、自分の備忘録として、
 この夏読んだ本を記しておく。

 読んだ中で一番良かったのは、前回記事にした「海からの贈物
 だけれど、それはあくまでも「私にとって」ということ。
 実は私は自分が本当に感銘した本を人に勧めるのは怖い
 (相手にその本の良さが理解してもらえないと妙に傷つくから。)

 そういう意味では、以下に挙げる9冊の方が、ずっと気軽に
 オススメできる
。 少なくともハズレはないと思う。

 【夫の本のつまみ食い】
 ★東野圭吾容疑者Xの献身
  長男が絶賛の1冊。数学者vs物理学者の構図が、理系のツボ
  だったのかな? 直木賞受賞作だが、夫いわく「東野圭吾には
  他にもっと良い作品が沢山あるんだがな…」
 ★島田荘司帝都衛星軌道
  夫が図書館から借りてた本をパラパラとめくっていたら、続き
  が気になって結局通読。 島田荘司氏と言えば、私は以前に
  読んだ「三浦和義事件」の衝撃が忘れられない。

 【自分で新たに買って読んだ本】
この夏の読書の総括(ベストワン以外の9冊のご紹介)の続きを読む
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
この夏の、マイ・ベストワン(『海からの贈物』)
2006-09-04 Mon 19:40
 2006年9月4日(月)

 今年の夏は、「新潮文庫の100冊」で、久しぶりにYonda?グッズ
 を貰おうかな…という気まぐれを起こした。
 と言っても、「2冊読めばもれなくもらえる」わけなので、ホントに
 2冊だけ選んだ…という「志の低さ」である(笑)。

 毎夏キャンペーンが展開される「新潮文庫の100冊」は、若い人
 たちの為には、なかなかよく考えられた、幅広いラインナップだと
 思うが、私くらいの年になると、既に読んでしまった、あるいは、
 その作家の別の作品を読んだことがある、また、読んだことは
 なくても、その作家・作品についてある程度は知っている…と
 いうものが増え、目新しいものは大分少なくなる。

 で、どうせなら、今まで自分が全然知らなかった作品を読もう
 と思い、選んだうちの1冊がこれ… “GIFT from the SEA”。

  海からの贈物(アン・モロウ・リンドバーグ著)  

海からの贈物 海からの贈物
吉田 健一、アン・モロウ・リンドバーグ 他 (1967/07)
新潮社
この商品の詳細を見る


 内容紹介に、こう書かれていたのが興味をひいたのだ。

  女はいつも自分をこぼしている。
  そして、子供、男、また社会を養うために与え続けるのが
  女の役目であるならば、女はどうすれば満たされるの
  だろうか。


 女は確かに「与える性」だ。
 男が動物的なら、女は植物的で、自ら生み出す力を持っている。
 そして、自分の内に、こんこんと湧き続ける泉を持たなければ、
 女は枯渇してしまう。

 女が、豊かに与え続けながらも、自身も豊かに潤い続けるため
 の手がかりが、この本では語られているような気がした。
 そして期待以上だった。
 
この夏の、マイ・ベストワン(『海からの贈物』)の続きを読む
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ジョンの散歩
2006-09-02 Sat 23:56
 2006年9月2日(土)

 学生時代、こんな質問をされたことがある。
 「知的な生活を送るために大切なものは、5つある。
  “読書”と“思索”と“記録”…あと2つは何だ?」
 ちょっと思いつかなかった。
 答えは「“対話”と“散歩”」であった。
 散歩というのは意表をつかれたが、なるほどと思った。

 そのことが頭の片隅に残っていて、「散歩を暮らしの中に取り
 入れたい」とずっと思っているのだが、なかなか実行できない。
 ほかの4つの要素だってもちろん不充分なのだが、散歩が
 特に欠乏していることは自覚している。 私は家に引きこもっ
 ていても、結構楽しめてしまう性分なのだ。

 ところで今日のタイトルは、「ジョン散歩」ではなく、正し
 くは、「ジョン散歩」にするべきだ。
 ジョンというのは、犬ではなくて、我が夫の愛称だから。

夕日の中のコスモス
夕日の中のコスモス


 夫は若い頃から腰痛持ちで、ここ数日、特に悪化している。
 歩くのもしんどそうだし、真っ直ぐにも立てない。
 それで連日、お灸をしてやっているのだが(お灸=ニンニクと
 ミソを使った灸…これについては2005年4月10日の日記参照)、
 今日はお灸を済ませてから、「散歩に行ってみない?」と
 夫に声をかけてみた。
 
ジョンの散歩の続きを読む
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
とりあえず映ったけれど…
2006-09-01 Fri 23:29
 2006年9月1日(金)

 お騒がせしてどうもすみませんでした…と、まずは謝ってお
 かなければならない程度の映り方ではあった(笑)。

 もともと期待はしていなかったけれど、あそこまでコンパクトに
 編集されてしまうとは…。
 今日の番組はマニフェストが2本立てだから、30分くらいやるの
 かなと思っていたが、20分経過した時点で、早くも採決に…。
 番組が用意したビデオやフリップでの説明もあったから、討論
 自体は、実質10分ぐらいだったろう。

 「収録は2時間半もかかって、大激論だったんだけどな…」
 とは夫の弁。
 それでも収録中1、2回しかしゃべれなかったらしいから、オン
 エアで発言が全部カットされたのは、まあ当たり前ではある。

 一瞬だけ、夫が大きく映ったとき、夫は、あごのヒゲをなでて
 いた。(後日、知人がくれた、その一瞬の写真はこちら。)
 長男 「…ヒゲいじって終わりかよ~!」(笑)
 
とりあえず映ったけれど…の続きを読む
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。