FC2ブログ



ちいぱっぱ効果は…?(「定年ちいぱっぱ」)
2006-05-12 Fri 01:49
 2006年5月12日(金)
定年ちいぱっぱ
 教育学の世界で、「メダカの学校」と「雀の
 学校」は、よく引き合いに出される。
 「だ~れが生徒か先生か~♪」というように
 先生と生徒とが友だちのように仲良く、和気
 あいあいと学ぶのが、メダカの学校。
 対して、先生が生徒より一段高い所にいて、
 「ム~チをふりふりチイパッパ~♪」と、
 教育を施すのが、スズメの学校である。

 「定年ちいぱっぱ」(小川有里著・毎日新聞
 社刊)というこの本は、定年を迎えたが、家
 のことは何もできない役立たずな亭主
を、
 著者である奥さんが、愛のムチのスパルタ方式
 で教育していく日々を描いた、面白エッセイである。

 この本を男の人が読むと、日頃の怠惰を反省して、いろいろ家事
 を手伝ったり、奥さんに優しくなったりすることが多いそうで、
 それは「ちいぱっぱ効果」と呼ばれている。
 ご近所主婦仲間のT中さんが、ご亭主にこの本を読ませたら、
 ご亭主、彼女のことを「○○子様」と呼ぶようになったという(笑)。
  なに~っ?!
  そんな良い本、是非、うちの夫にも読ませなければ!

 …と思って、私が買ってきたのは、かれこれ半年ほど前だ。
ちいぱっぱ効果は…?(「定年ちいぱっぱ」)の続きを読む
スポンサーサイト



この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |