スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
最近のメニューから・2(サバのカレー粉焼きほか)
2006-05-28 Sun 23:47
 2006年5月28日(日)

 夕飯メニューの写真は、なかなか落ち着いて撮れない。
 出来上がると、夫や息子はすぐに食べ始めてしまうし、自分で
 作った平凡な料理を、家族の前で撮影するのは、結構恥ずかし
 かったりする。(息子は私がサイトを持ってることを知らないの
 で不審に思うだろうし…。)  それでも、ちょびちょび撮った
 写真が結構たまってきたので、一部ご紹介。

 ★鯖のカレー粉焼き
 我が家の定番のサバ料理の一つ。
 昔、料理の本で覚えた簡単メニュー。
 鯖は半身を2~3切れに切り(できれば
 骨も除いて)、両面に塩コショウとカレー
 粉、最後に小麦粉を振り、フライパンで
 バター焼きにし、レモン汁とマヨネーズで
 食す。 この日の付け合わせは、カボチャ
 (予め電子レンジで加熱)と、ニンニクの芽(下茹でする)のソテー。
 
最近のメニューから・2(サバのカレー粉焼きほか)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ザリガニ捕り
2006-05-26 Fri 20:50
 2006年5月26日(金)

 スーパーに買い物に行くのは、たいてい、夕方遅めか午前中だ。
 午前中なら、良いものや珍しいものが買えることが多いし、
 夕方以降なら、魅惑の値引きシールが貼られ始める(笑)。

 今日は珍しく、午後3時という半端な時間帯に買い物に出たら、
 なつかしい光景を見た。
 用水路のところで、子供たちが手に手に網を持って集まって
 いる。 獲物はオタマジャクシだろうと最初思ったのだが、
 彼らのバケツをのぞかせてもらうと、大小のザリガニだった。
 あちこちで歓声が上がっていて、なかなかの大漁だ。
 小さな子たちでも、結構簡単に網ですくっている。
 捕ったザリガニには、エサの定番の「煮干しやサキイカ」が
 与えられていたりして、思わずほおが緩んだ。


ザリガニ捕りの続きを読む
この記事のURL | わが街、取手 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
これなんだ?
2006-05-25 Thu 10:37
 2006年5月25日(木)

 久しぶりに、「これなんだ?」シリーズ
 (いつからシリーズ化したんだ?…笑)



 Aは、先日の同窓会のゲームの景品でもらったもの。
 直径4センチ厚さ1センチくらいの、この丸いものは、さて何?
 夫「石鹸だろ?」
 いやいや違う。 
 私自身は最初、固形入浴剤だと思ったのだけど、裏の説明書き
 を見て、ちょっと驚いたのだった。

 Bの方は、先日、実家で撮影。両親がGWにミステリーツアー
 (旅行会社でよく企画される、行き先を現地に着くまで明かさ
  ないツアーで、このときの行き先は結局、長野の斑尾だっ
  たらしい)に行った際に買ってきたもの。
 材質は、プラスチックだろうか?
 別に、長野の特産品ではないと思う(笑)。
 もちろん、色鉛筆ではない。

 さて、答えは…。

これなんだ?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
懸案事項
2006-05-23 Tue 23:59
 2006年5月23日(火)

 今日は出勤日だった。
 某特集番組で、夫のコメントがほしいということで、テレビ局が
 事務所に取材・撮影に来た。 と言っても、今どきは、テレビ
 カメラも小さいし、照明器具を使うわけでもなし、拍子抜けす
 るほど、簡単なものだ。
 夫のコメントも、番組中、多分1分くらいしか使われないだろう。


 
懸案事項の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
バッドバツマルの正体
2006-05-21 Sun 23:51
 2006年5月21日(日)

 昨日は、毎年恒例の小学校のクラス会に参加してきた。
 会の名は、6年3組にちなんで「六三会(むつみ会)」。
 3年から6年まで組替えがなかったこともあって、皆が同じ思い出
 を共有している、仲良しクラスである。

 5、6年生の時の担任だったS井先生は、相変わらずお元気で、
 とても今年86歳とは思えない若々しさ!
 (昨年の6月の日記の、6/12「同窓会とS井先生」、6/13「教室掃
 除の標語」参照。)
 今回は、1~3年生の時に担任して頂いたT本先生も、お見えに
 なっていた。77歳ながら、「また、山歩きを始めたいなあ」と、やは
 り、すこぶるお元気。
 4年生の時の担任のT木先生は、今回はご欠席だった。


 年を重ねると、脚や膝が痛んで外出がままならない人が多いも
 のだが、こうして、一人で電車やバスに乗り、教え子たちに会い
 に来て下さる両先生の、その健康さと行動力には、あやかりたい
 ものだと思う。
 (「二足歩行ができてこそ人間。車や自転車ばかりに頼っては
  いかん
」というS井先生の言葉…。耳が痛かったなあ…。)

 今回のS井先生のお話で、心に残った言葉が2つ。
 ★「長生きの秘訣は、夫婦円満でいることだね。
  (買い物でも何でも、S井先生はご夫婦一緒だそうだ。)
 ★「テレビも新聞も悲観的すぎる。マスコミは特殊な例ばかり
  を取り上げて、社会が悪くなったように言うけれども、そんな
  ことはない。今、この日本ほど、良い社会はありません。

  (厳しい時代を生き抜いてきた世代の人から見れば、確かに
   これほど恵まれた社会はないのであって、我々は確かに、そ
   のことへの感謝が足りないかもしれない。勿論、社会が抱え
   る諸問題に目をつぶっていいということではないけれど。)
バッドバツマルの正体の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
詳しくは語れない…(ハリー・ポッター最新巻のこと)
2006-05-20 Sat 23:36
 2006年5月20日(土)

 ハリポタ最新巻を、一昨夜 読了。
 第5巻を読んでから、今回の第6巻「ハリー・ポッターと謎の
 プリンス
」が出るまで、ずいぶん長く待たされた気がする。
 (5巻の内容を忘れているところもあったので、6巻を読む前に、
  ざっとでも、おさらいしておけば良かった…。)

 この物語のスゴイところは、読み進めるに従って、過去の巻に
 起こったことの意味がわかってくるところ。
 実によく練られた、壮大な構想のもとに書かれている。

 予想外のことが起こるのは、毎度のことだが、今回も

 え~っ? うそぉぉぉ~!

 (しかも結構ショック系)であった。

 …が、作者の意図を よくよく考えれば、これが自然な展開だと
 いうのもわかる。

 これから読む人のことを考えると、詳しい内容は語れないが、
 ひと言感想を言うなら…、

 あ~ん、どうなるのよ~?
 続き読みたい~~っ!


 (結構、悶々系?)である。
 
 …って、第7巻が出るの、一体いつなんだか…(笑)
 
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
spacesisさん、ブロガー「ポルトの達人」としてデビュー!
2006-05-19 Fri 17:01
 2006年5月19日(金)

 ポルトガル人男性と結婚し、ポルトに27年間も暮らしている
 日本人女性のspacesisさんと、ホームページを通じて知り合っ
 たのは、1年と3カ月ほど前だ。
 それまでポルトガルという国は、私にとって、世界史の教科書
 に出てきただけの国、 特に興味もなく、行ってみたいと考え
 てみたことすらない国の一つだった。
 もし、spacesisさんと出会っていなければ、多分、一生、ポル
 トガルは私にとって、無縁な世界のままだったろうと思う。

 本当に不思議なものだが、出会いは世界を変える。
 ちょっとしたきっかけで、非日常の側にあったものが、日常の
 側に入り込んで、姿を現し始める。
spacesisさん、ブロガー「ポルトの達人」としてデビュー!の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ダフ屋まがい?
2006-05-17 Wed 13:54
 2006年5月17日(水)


 これを読む人の中に、万が一にでも目撃者がいたら面白い
 のだけれど、5月13日土曜日、午後2時20分から3時頃まで、
 この紙を掲げ、JR有楽町駅改札口近辺に立っていた、二人
 のオバサン…。
 それは、誰あろう、この私と、N井さんである(笑)。

 私たちはライブ・イマージュに、7人で行く予定だったのだが、
 1人、訳あってドタキャン…。私がそれを聞いたのは、コンサー
 ト前日の夜。N井さんはあちこち電話をかけまくったが、なんせ
 急なことなので、代わりに行く人が見つからないという。
 深夜に京都から帰って来た我が夫にも声をかけてみたが、テー
 プ起こしが沢山あるから無理という…。

 断っておくが、イマージュのコンサートはとても人気があり、
 チケットは簡単には手に入らない。葉加瀬太郎さんのファンク
 ラブ会員であるN井さんがいるからこそ、我々は毎回、1階の
 良い席を確保してもらえているのだ。
 そんな席が余っているなんて、お金の問題もさることながら、
 とても勿体ない話なのだ。
 しかし…。もうネットオークションに出すヒマもないし…。
 (てか、ネットオークションのやり方、よくわかんないし…)

 当日、N井さんはチケットを持って早めに出かけた。
 「ダフ屋さんとか、金券ショップに当たってみるよ」とのこと。
 ダフ屋…って、話には聞くけど、私は今までダフ屋さんを目撃
 したことなんて、ない。 N井さんだって、そんなに裏の世界に
 通じているとも思えない。
 …大丈夫なのか?
ダフ屋まがい?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
今年のライブ・イマージュ(live image 5 cinq)
2006-05-15 Mon 18:26
 2006年5月15日(月)

 ご近所主婦仲間で毎年聴きにいくのが恒例になっているコンサ
 ート、「ライブ・イマージュ(live image)」に、土曜日行ってきた。
 今年で4回目だから、もう常連気分で、なじみ深い曲を聴くと、
 それだけで涙が出てしまう。
 話題の映像音楽やゲーム音楽などの新作の披露も勿論あって、
 「映像と音楽」の融合をはかっての、複数の音楽家たちによる
 この夢の競演&共演、アンコールまで含め、たっぷり4時間近く
 も堪能した。 (主な曲目は、「イマージュ5 cinq」のCDの案内
 ページのこちらに。)


今年のライブ・イマージュ(live image 5 cinq)の続きを読む
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
嬉しいこと2つ♪
2006-05-14 Sun 23:58
 2006年5月14日(日)

 母の日と言っても、息子たちから「ありがとう」の一言も
 あったわけではないのだが(夫の「愛してる」のセリフ同様、
 一生聞けないものと思っている…ま、態度で示されている
 と思うことにしよう…笑)、今日は良いことが2つあった。

 一つは、私のホームページが、開設以来1年4カ月を経て、
 本日で10000ヒットとなったこと。
 幸運な?大キリ番を踏んで下さったのは、ネット友のちゅうさん
 であった。

 もう一つの良いことは、私自身が、式狩さんのサイト「式屋敷」
 訪問して、70000番のキリ番をゲットしたこと。
 式狩さんのサイトでは、キリ番を踏むと、こちらのリクエスト
 したテーマで、記念絵を描いて頂けるという豪華特典がある。
 以前にも惜しい番号を踏んで、描いて頂いたことがあるの
 だが(1/15日記「式狩さんのキリ番記念絵」参照)、今回は正真
 正銘のキリ番なので、堂々と?描いて頂こう。
 またまた図々しいリクエストを、既に考えてある(笑)。

 さて、ちゅうさんには、大キリ番記念プレゼントを進呈すると
 ともに、キリ番記念のプレートも、ここに進呈しよう。
 いつもは、お花の画像などを使って、なるべく綺麗なプレートを
 作ろうと私なりに頑張るのだが、ちゅうさん、ことさかいちゅう
 プロのアーティストであるので(こちら参照)、私なんぞの素人芸
 のプレートを贈るよりは、いっそギャグ路線で…と思い…
 「買いだめしたアロエジャム」の画像で作ってみた(笑)。



 ついでに、以前3333、4444、5555番とゾロ目番を3連続ゲット
 して下さった、隣のぷうさんへのプレートも、遅まきながら、3枚
 まとめて作成。
 私のトールペイント作品の「絵皿」と「ハサミさし」の画像でと
 いうリクエストを頂いていたので、それで作ってみた。
 3333番記念プレートはこちら。



 4444番、5555番はこちら。
嬉しいこと2つ♪の続きを読む
この記事のURL | 本館サイト関連情報 | コメント:11 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
たれ入り みたらし団子
2006-05-13 Sat 11:53
 2006年5月13日(土)

 “生八ツ橋”は、家族全員の好物だから、
 夫が京都周辺に出張した時の土産は、
 いつも生八ツ橋である。
 先週の京都取材の折の土産もそうだった。

 が、今週もまた京都に行った夫は、
 「2週続けて同じ土産じゃ芸がない」と
 思ったのであろう。今回は、「たれ入りみたらし団子」なるものを買ってきた。

 みたらし団子と言えば、普通は串にささっていて、甘辛のタレが
 ドロリとかかっている、アレである。
 が、これは、見た目はだいぶ異なる。
 「たれ入り」ということは、餅の中にタレが…?
たれ入り みたらし団子の続きを読む
この記事のURL | 各地の名品・珍土産の紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ちいぱっぱ効果は…?(「定年ちいぱっぱ」)
2006-05-12 Fri 01:49
 2006年5月12日(金)
定年ちいぱっぱ
 教育学の世界で、「メダカの学校」と「雀の
 学校」は、よく引き合いに出される。
 「だ~れが生徒か先生か~♪」というように
 先生と生徒とが友だちのように仲良く、和気
 あいあいと学ぶのが、メダカの学校。
 対して、先生が生徒より一段高い所にいて、
 「ム~チをふりふりチイパッパ~♪」と、
 教育を施すのが、スズメの学校である。

 「定年ちいぱっぱ」(小川有里著・毎日新聞
 社刊)というこの本は、定年を迎えたが、家
 のことは何もできない役立たずな亭主
を、
 著者である奥さんが、愛のムチのスパルタ方式
 で教育していく日々を描いた、面白エッセイである。

 この本を男の人が読むと、日頃の怠惰を反省して、いろいろ家事
 を手伝ったり、奥さんに優しくなったりすることが多いそうで、
 それは「ちいぱっぱ効果」と呼ばれている。
 ご近所主婦仲間のT中さんが、ご亭主にこの本を読ませたら、
 ご亭主、彼女のことを「○○子様」と呼ぶようになったという(笑)。
  なに~っ?!
  そんな良い本、是非、うちの夫にも読ませなければ!

 …と思って、私が買ってきたのは、かれこれ半年ほど前だ。
ちいぱっぱ効果は…?(「定年ちいぱっぱ」)の続きを読む
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ドウダンツツジ考
2006-05-09 Tue 23:05
 2006年5月9日(火)

 実はもう花は終わってしまったのだが、これはご近所の植え
 込みの可愛いドウダンツツジ(4/20撮影)。


 ドウダンツツジは、ツツジの花とは全く似ていないのに、
 なぜ、「ツツジ」というのだろう──?

 これは、以前から、素朴な疑問だった。
 今年はちょっと頑張って調べてみたのだ。以下、興味のない方
 には退屈なだけの、ドウダンツツジの名前に関するウンチク。
 続きを読むも読まぬもご随意に…(笑)。
ドウダンツツジ考の続きを読む
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
牛久シャトー(シャトーカミヤ)で、“電気ブラン”を味わう
2006-05-07 Sun 22:22
 2006年5月7日(日)

 うだうだと「引きこもりな連休」を過ごして
 いた我々夫婦のところに、牛久に住む
 後輩のY子ちゃん夫婦から、「牛久シャト
 ーでバーベキューをしませんか?」との
 お誘いがかかり、喜んで飛びついた。

 Y子ちゃん夫妻の所も、我が家同様、3人
 息子がいるのだが、やはり子世代は、
 バイトやら部活やらで忙しい様子。
 「この際、大人だけで楽しもう!」という訳で、昨日は牛久シャトー
 (シャトーカミヤ)
へ。 心おきなくビールを飲めるよう、もちろん
 電車で使って出かけた(取手-牛久間は、電車で12分)。
牛久シャトー(シャトーカミヤ)で、“電気ブラン”を味わうの続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:8 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
コデマリ…じゃなかった!
2006-05-05 Fri 23:40
 2006年5月5日(金)

 晩春から初夏にかけて、隣家に咲くこの
 花を、私はずっと“コデマリ”だと思ってい
 た。 手紙の挨拶文にも、「隣家の小手毬
 の白い花が…」なんて、気取って書いて
 しまったことがあるように思う。

 今年は沢山花をつけ、しかも花の玉が
 大きくて、あんまり見事なので、フェンス
 越しに勝手に写真を撮らせてもらった。
 まるで白い紫陽花のようだ。

 日記に載せるに当たって、念のため(の
 つもりで)、ネットで「コデマリ」を調べてみ
 ると、あれれ…?
 コデマリは、これとそっくりな花だけれど、葉っぱの形がもっと
 細い(こちら参照)。 隣家のは、葉もアジサイに似て、もっと
 幅広で丸い形の葉だ。

 その名は、調べて納得、“オオデマリ”というのであった。


コデマリ…じゃなかった!の続きを読む
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
拈華微笑(ねんげみしょう)の里?
2006-05-04 Thu 14:50
 2006年5月4日(木)


 大型連休と言っても、我が家はいつもと変わらない。
 夫婦して仕事は山積みだし、3人息子もそれぞれに忙しい様子。
 でも、あんまり陽気がいいから、家の中ばかりこもっているのも
 シャクだなぁと思い、昨日は、一番近くのスーパーまで、歩いて
 買い物に行ってみた。
 (歩いて10分ちょっとなのだが、いつもは車なのだ。)
拈華微笑(ねんげみしょう)の里?の続きを読む
この記事のURL | わが街、取手 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Y教授の親心
2006-05-03 Wed 13:43
 2006年5月3日(水)

 夫は先週3日間、京都に出張だった。
 K都女子大の取材である。
 不織布や高分子吸収シートなどの研究の第一人者であるという
 Y井田修教授にも、取材をしたそうだ。

 Y井田教授は、何と、あの歌手のY井田瞳のお父さんだそうだ。
 夫はそのことを、取材前に担当者から聞かされていた。
 しかし、その日の取材は、あくまで研究に関するもの。
 ミーハー的好奇心で、娘さんのことなどを聞くわけにはもちろん
 いかない。…と思って、夫は、研究内容のことを尋ねながら、
 通常の取材を進めていたそうだ。

 そのうち、Y井田教授は、研究関連の図入り資料の束を取り出し、
 机の上に広げ始めた。 と、その中に他の資料とは明らかに異質な
 1枚が、不自然に混じっていた。
 「…あ、これは娘の歌詞ですから、関係ないですね」
 そう言って、さりげなく、その1枚を除ける教授…。

 ハッ!
 娘のことにやっぱり触れてほしかったんだ~っ!

Y教授の親心の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
カイヅカイブキは、覚えにくい?
2006-05-02 Tue 00:41
 2006年5月2日(火)

 枝が伸び放題でずっと気にかかっていた「カイヅカイブキ」。
 この木の名を、実は長いこと、私は知らずにいた。
 数年前に人から聞いて覚えたつもりでいたのだが、どうやら「カイ…
 で始まる7音」
という語感だけが、記憶の中に定着したようだ。

 去年の秋(10/23)、この庭木のことを日記に書こうとした私は、木の
 名前を思い出そうとして暫く考え、
 「ええと…“カイマキツブリ”? うん、確かそんな名前だった!」
 と思ったが、念のため、Googleで調べてみた。
カイヅカイブキは、覚えにくい?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。