スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
いろいろ処分したり、補修したり
2009-04-30 Thu 14:33
2009年4月30日(木)

今年のGWは、珍しく仕事を抱えていないので、のんびり
過ごせそうである。
今のところ、特に外出の予定もなく、晴れの日や日中は片
づけ物などをし、それ以外は本を読んだりDVDでも見て
過ごせばいいや…というお気楽連休。
夫婦とも出無精(自ら進んで出歩くことは殆どない)なので、
あとは、“お誘い待ち”(笑)だ。

さて、昨日は天気がよかったので、早速片づけをしようと
思い、途中でめげるといけないので、朝、夫に宣言した。
「今日は片づけ物をするの。冬物を洗って、石油ストーブ
 を片付けて、それから洗面所の回りを掃除する!」

そして、私にしては、一日よく頑張った。
が、片付けたのは、予定とは全然違うところだった(笑)。

冬物の衣類や寝具を洗い、服を入れ換えたりしているうちに、
洋服ダンスの中が気になり始めたのだ。
小引き出しは、スカーフ、ベルト、小物類で一杯。

…スカーフはともかく、ベルトは殆ど要らないんじゃない?
この際、総点検してみるか。

ベルトは単独で買ったものもあるけど、昔はスカートやワン
ピースに付いていることが多くて、それを他の服に合わせる
ことも多かった。
が、今は、どんな服装をするにせよ、ウエストをベルトで
キュッと締めるようなスタイルをすることなんて、ない。
それに、よく見ると、殆どのベルトは皮が固くなっていたり
金属部分がくすんだりしていて、もう使い物にならない。
数本残して、大量廃棄した。



洋服ダンスの下の方に詰め込んであるバッグも引きずり出す。
10年以上も使っていないようなのが、ぞろぞろ出てくる。
あれ、まだこんなのあったのか…というようなのまで。
これらも、まとめて処分。
(使えそうなものは、目につくところに配置替え。)


 
いろいろ処分したり、補修したりの続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
粗大ゴミの処分(処理場へ自己搬入!)
2008-05-29 Thu 23:57
2008年5月29日(木)

ここ何年も溜め込んでいた粗大ゴミをようやく処分。
そのうちまとめて…と思いながら、ついつい物置や車庫の奥
に放置してきたのは、私がものぐさということもあるが、それ
だけが理由じゃない。
粗大ゴミは、とにかく捨てる手続きが面倒なのだ。

取手市の場合、粗大ゴミの捨て方はこうだ。
決められた曜日に市役所に電話して品目を申請し、指定され
た収集日(混み合っていると数週間も待たされる)の朝8時半
までに自宅の前に出す。
が、前日から出しておくわけにもいかないし、うっかり忘れそう
になって、当日朝にバタバタ…というのが、今までのパターン。
しかも今は粗大ゴミの引き取りは有料になっていて、料金分
の“粗大ごみ処理券”を買って貼り付けなければならないらし
い。
ゴミを処分するコストを負担するのは当然とも思うし、有料
化によって、少しでも粗大ゴミが減るのは良いことと思うが、
この費用が結構高くつきそうなのも気が重い…。

しかし、ご近所さんから耳より情報。
粗大ゴミは自分で車で処理場まで持ち込めば、キロ当たり
の重量で計算されるから、かなり安上がりになるという。
品数も、引き取りにきてもらう場合は10点以内だが、自分で
搬入する場合は特に制限もない。
そして、お金の問題だけじゃなく、平日なら思い立った日に
いつでも運べるというのが、かなり助かるではないか。
(と言いつつ、「思い立つ」までに時間がかかったけど…笑)

で、昨日、ついに粗大ゴミの運搬を決行したのだ。



今回処分したものは以下の通り。
 (解体できるものは全て解体してある。)
 ★壊れた石油ストーブ
 ★古いパソコンラック
 ★底が抜けた木製ベッド
 ★古いガステーブル
 ★壊れた掃除機
 ★さびついた屋内用物干し台(外で使っていた)
 ★スチール本棚(棚板を他の本棚に使ってしまって、枠だけ
  が残り、使い物にならない)
 ★壊れたCDラジカセ
 ★布団3枚(1枚はコタツ布団、2枚は子供用布団)
 ★カーテンレール
 
粗大ゴミの処分(処理場へ自己搬入!)の続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:3 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
「忙殺」されないための覚え書きエントリー
2008-01-28 Mon 20:53
2008年1月28日(月)

現在、仕事はレギュラーの分以外は断っている状態だけれど、
3月いっぱいくらいまでは、やることが山積み。

2月の10日前後からは、次男一家との短期同居に突入。
(今はお嫁さんYちゃんと孫のKは岩手にいるが、そろそろ
 卒業準備や結婚式準備のため、こちらに戻って来なければ
 ならない。が、赤ん坊付きで学生アパートで暮らす訳にも
 いかないし、4月から次男は群馬で就職。 どうせ新しく
 住居を探して引っ越さねばならないので、それまでの間、
 取手の我が家で面倒をみることになっているのだ。)

このところ夫婦2人の生活に慣れていたので、乳児を含め
ての5人家族の暮らしは、それだけでてんてこ舞いしそう。
そして、次男たちの、結婚式、引越し、新生活の準備。
本来なら若い2人に全て任せればいいことだが、赤ん坊が
1人いると、事情がかなり違う。
何かの下見や打ち合わせのたび、私が留守番して子守をす
るか、私が抱っこ係で付き添う形になるはずだ。

しかも、まだ貯金もない学生の2人…。
特別な贅沢はしないまでも、双方の親の財布が直撃されるの
は必至。(既に、結納や出産、交通費でかなりの出費。)
さらに、次男は(三男も)現在、運転免許取得中…。

先日、実家の母に電話で夫の手術のことなども話したのだが、
「あんたんちも、盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎに
 なってるわねぇ…。まあ、人生、そういう年もあるわ。
 来る時はなぜか、いろいろいっぺんに来るのよね」
そう言う、実家や妹一家も、我が家のせいで、物いり続き。
出産祝い、結婚祝い、卒業就職祝い(これは双子なので、
ただでさえ、倍の出費)。…申し訳ない。

まあ、悲しい出費でないので、幸いと思わねば。
しかし、お金のことはともかく、スケジュールが…。
レギュラーの仕事をこなすだけでも、結構キツそうなのに、
孫の初節句、確定申告、結婚式に着る自分の留め袖…と、
いろんなことが無秩序に頭をよぎる。
でも、現在最優先なのは、次男一家が少しでも快適に過
ごせるように、家の中を片付ける、これだ。(笑)

もともと、家の中の片付けは、私の慢性的な課題。
何とな~く、いつも心に引っ掛かっていて、それに目をつぶ
って過ごしているのが、またイヤだったりもする。
今回も「同居」を前に、アレの置き場はどうしよう?とか、
アレは粗大ゴミに出さなくちゃ…とか、あれこれ考えただ
けで、パニックになりそうなのだが、でも、こんな時こそ、
暮らし方をすっきりさせるチャンス!と思うべき。
(きっかけがないと、なかなか始められないからね。)


…というわけで、あふれるモノや仕事に押しつぶされない
暮らし方のために、最近参考になった、あるいは、覚えて
おきたいと思ったエントリーを幾つかご紹介。
 
「忙殺」されないための覚え書きエントリーの続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
鹿児島で、義母と…(捨てられない女魂)
2007-12-06 Thu 18:09
2007年12月6日(木)

鹿児島での「ご奉公(笑)」をいったん切り上げて、一昨夜
取手に帰宅した。
鹿児島では大したことをしていた訳ではないが(私が朝寝
坊なのは認知されているので、特に早起きなどもしないし、
義母もトイレには何とか自分で行けるので、そういう世話
が必要な訳でもなかった)、それでもやはり気疲れしたの
と、家に帰ってきたら公私ともに仕事が溜まりすぎている
のに茫然として、昨日の朝は何をする気も起こらずにいた。
そんな時、ご近所仲間N井さんから、例の日本橋三越限定、
マダムセツコの「香旬果いちご」(9/7の記事参照)の差し入
れが…。
あまりの美味しさに俄然元気が出て、その後、大量の洗濯
やら、役所回り(孫のための、児童手当やら、乳幼児医療福
祉費やら、出産育児一時金やらの受給手続)などをこなす
ことができた。 …N井さん、ありがとう!

私が行くとは期待していなかったらしく、鹿児島に着いた
初日、義母の興奮ぶりは大変なものだった。
鹿児島の両親はもともと夫婦の会話が少なく(長く話すと
喧嘩になるからと言って、二人だけの時は、必要最低限の
ことしか話さないのだ…)、転んでからは家にこもりきりで、
ここのところ誰とも話せなかった義母は、きっと人との会話
に飢えていたのだろう。
とにかく驚くほど、しゃべり通しだった(私は殆ど聞き役)。

朝食を食べ終えるとお茶を飲みながらしゃべり、私が昼食
の支度をしている間だけちょっと横になって、昼食が済む
と、また私が夕飯の支度を始めるまでしゃべり、夕食後も
寝るまでしゃべり…というのが、2日間は続いた。
椅子に座ってしゃべりながら、庭で大量に採れた柚子を
二人で輪切りにして、蜂蜜や氷砂糖で、幾瓶も漬けた。



義母の話は面白いし、まあ、「話を聞くのが今回の私の仕
事かな」…と思って相手をしていたのだが、2日目の夜、し
ゃべることで体力を使い果たしたのか、何と義母はベッドに
入りかけの斜めの状態で、子どものように、布団もかけずに
寝入ってしまった。
(義母がベッドに入って布団を自分でかけ終えるまでには
 1、2分ほどかかる。義母はそれは自分でやりたいと言う
 ので、私はあえて手助けはしていなかったのだが、つま
 りそのわずかな時間のうちに、睡魔に負けたようだ。)
…そんなに疲れるほどしゃべらせてしまったこと、義母が
ベッドに入り終えるのをちゃんと見届けずに風呂に入って
しまった自分を、さすがに反省。 次の日からは、2時間程
しゃべったら、休ませるようにした(笑)。
 
鹿児島で、義母と…(捨てられない女魂)の続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
実家でゴミの大処分!
2007-10-30 Tue 21:19
2007年10月30日(火)

私の実家は、今は細々と店をやっているのだが、もともとは
町工場だった。
で、住まいの裏には、工場(“こうじょう”でなく、“こうば”と
読んで頂きたいのだが)があり、その2階には、昔、住みこみ
の従業員さんたちが住んでいた和室がある。
長いこと放置したまま物置状態になっていたが、最近雨漏り
がするようになり、手を入れるので、古い荷物を処分する
ことになった。
私の物も沢山あるので、「全部捨てて良いものか、近いうち
に一度見に来てくれ」と、母から言われていた。
大事なものは全て、結婚する時に取手に持ってきたはず。
実家に残してある荷物なんて、そんなにあったかなぁ?

…というわけで、先日、実家に寄ってきた。
工場の2階はホコリだらけなので、土足で踏み込む。
既に母と妹が、ゴミ袋20個ほどのボロを処分し、古い布団も
10枚ほど粗大ゴミとして出した後だと言うが、まだまだ、謎
のガラクタが山ほどあった。

私や妹が子どもの頃に着ていた服とか、幼稚園時代のワー
クブックとか、赤ちゃん用のオマルとか…。
そして私の、中・高校時代の、教科書、参考書、ノート、
プリント、テストの類が山ほど!(泣)
…何でこんなもの取っておいたのだろう?と呆れるのだが、
ちゃんと種類ごとに紐で縛ったり箱に入れたりして、一番
上には私自身の字で「S子、高2・定期テスト」といった具合
に書いてあるところを見ると、当時の自分としては、きっと
取っておきたいものだったのだろう。

記念としてごくわずかのものを抜き、後は、「これも要らん、
これも要らん!」と、バンバン捨てていった。
紙類は結構重いので、階下に運ぶだけで汗をかく。

母と私と妹の3人で、数時間かけて、この日処分したゴミは
結局これくらい…。
(「何だか、片付けられない女魂」チックな画像だ…笑)


未処理のガラクタも、まだまだこんなに…。
(奥の部屋や、押し入れの中も雑然…)

 
実家でゴミの大処分!の続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
使わなくなった文房具(引き出しの整理)
2007-07-10 Tue 17:12
2007年7月10日(火)

修正液リキッドペーパーの薄め液

今度整理しなくちゃ…と思いながら、整理がすごく面倒そうなの
で、ずっと放置していた、私の机の、一番上の引き出し。
家中の引き出しの中で、一番ひどい状態だった。
よく使うものは手前の上の方に入れてあるので一応こと足りるの
だが、クリップやら画びょうやらガチャ玉などがこぼれまくり、
整理用の小箱の下には、謎の「層」までできていた(笑)。

書名は忘れたが、「捨てる」術を書いた本のキャッチコピーに

 「その引き出し、引き出しごと捨てても困りません!

とかいうのがあったけれど、まさに、そんな引き出し。
先日来の陶子さんのマネもあって、「…よし! 使わないものは、
この際 思い切って捨てるのだ!」と決意も新たに、昨日ようやく
引き出しの中を片付けた。
錆びたクリップや使用済みテレカなども1点と数えるなら、昨日
一日で、200個くらいのモノを捨てたかも…。
小さな引き出し一つにも、ホコリとともに歴史が積もっているの
が面白かった。

万年筆のスペアインク


万年筆は大好きな筆記具で、高校時代の日記や手紙(メールの
ない時代だから、友だちにはよく手紙を書いた)、大学時代の
講義ノートやレポートなどはすべて万年筆で書いていた。
教師になっても、ボールペンよりは、好んで万年筆を使った。
が、出産育児で暫く仕事を休み、数年後に執筆・編集の仕事を
始めてからは、筆記具はシャープペンが基本に。
まもなくワープロを使うようになって、筆記具自体の出番が、
激減してしまった。
仕事の形態が変わる前の文房具を見ると、隔世の感を覚えた。

さて、思いがけぬ見つけモノもあった。
 
使わなくなった文房具(引き出しの整理)の続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:10 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
捨てたモノ、見つけたモノ
2007-07-04 Wed 20:45
2007年7月4日(水)

陶子さんのブログ「ほぼ日刊いきますわよ」で、随分前から、
モノを捨てるという企画をやっている。
ついつい新しい物を買って、モノが増えていくばかりなので、
捨てていくモノを数え、捨てたモノが100になったら、新しい
モノ(消耗品以外)を1つ買うことを自分に許すという、なかな
かストイックな企画だ。陶子さんほどにはいかなくても、私も
見習いたいものだと、いつも思っている。

小さなアクセサリーや文具なども1つとして数えるから、陶子
さんの「捨てモノ」累積数は、もう800を超えている。
一見何でもバンバン捨てているようだが、実は結構、モノへの
愛情が見え隠れして、私は興味深く読んでいる。
身の回りの整理の必要は私も感じていて、捨てなければなら
ないものも山ほどある。(しまい込んでいる物の大半は、何年
も触れていないものばかりだしなぁ…。)

で、私も陶子さんを真似て、最近は、捨てるモノの写真を時々
撮ることにしている。
人から見ればただのゴミでも、自分にとっては何らかの思い入
れがあるモノたち。…それらをゴミ箱に直行させる前に、写真
を撮り、一言添えてやることが、そのモノへの最後の愛情とい
うか、供養になるようで、気持ちの整理もつくように思う。

最近捨てたのは、例えばこんなもの…。

最近捨てたもの


昨日は、台所とリビングのプチ掃除(換気扇とか、エアコンの
フィルター等を掃除)をし、ついでに、何年も整理していなかっ
た棚などを整理。 古い乾物とか、タッパーの蓋だけとか…、
訳のわからぬゴミを、沢山捨てた。
捨てたのは、撮影に堪えられないような恥ずかしいものばかり
だったが、あえて写真を撮ったのが、この2点…。

昨日捨てたもの


「物を捨てようとする行為が、物に命を吹き込むこともある」
と、陶子さんもおっしゃっているように、物を整理していると
思いがけない見つけ物があって、現役復活することもある。
昨日も、ほこりまみれの大きなステンレス製の保温水筒を見
つけた。
存在すら忘れていたが、昔、息子達を連れて遠出する際に、
よく世話になった物だ。
洗えばキレイだし、壊れてもいないし、どう考えても「捨てモ
ノ」ではないので、復活させることに。
この夏は、麦茶を冷蔵庫でなく、これで作って氷を入れて、
テーブルに出しておこうか…などと考えている。
 
捨てたモノ、見つけたモノの続きを読む
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。