スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
義母とお出かけ♪(天文館・むじゃきの白熊ほか)
2009-07-09 Thu 10:15
2009年7月9日(木)



“ワンパターン”でなく“数パターン”ではあるけれど、義父母の
生活パターンは、ほぼ決まっている。
外出や外食のパターンもそうだ。
天文館(鹿児島市の繁華街)に出かけたら、数パターンの昼食
の後は、山形屋(鹿児島の老舗デパート)の食堂で白くまを食
べ、地下に降りて肉や惣菜などを買って帰る…というのがお決
まりのコース。
必要な買い物をすることはあるが、ブラブラと予定外の寄り道
をすることなど、まずない。

結婚以来、鹿児島にはほぼ毎夏帰省してきた私だが、白くまは、
義父母のお気に入りの山形屋でしか食べたことがなかった。
ところが今回は、新しいパターンが一つ加わり、おかげで私は、
むじゃき」(白くまの本家。店名はもちろん知っていた)の白
くまを、初めて食べることができた。

きっかけになったのは、蜂楽(ほうらく)饅頭
最近、近所の人に頂いたのがとても美味しかったそうで、天文館
にある店まで買いに行きたいと、義母が言い出したのだった。

ところが義父は、今、足が痛くて街歩きの気分にはなれないらし
く、私と義母に向かって
「あんたたち二人で、天文館に行っていらっしゃい。 末よしの鰻
 でも食べて、その蜂楽饅頭を買うてくればよかが。その饅頭の
 店は、むじゃきのすぐ近くなんでしょう? だったら、白くまも、
 むじゃきで食(た)もってくればよかのよ」

義父ひとりで留守番をさせるのは気の毒な気がしたが、義母は、
「そいがよかな。 S子ちゃんと、ひして(一日)遊んでくっが」
なんて答えている。
少し歩けば疲れてしまう義母だから、「ひして遊ぶ」なんて無理
に決まっているのだが。

そんなわけで、義母と二人で出かけることになったが、とにかく
義母をあまり疲れさせないことが最優先だと私は考えていた。


家から山形屋行きのバスに乗り、終点より2つ手前の「天文館」
のバス停で降りる。

私  「先に、末よしに行くの? むじゃきに行くの?」
義母 「むじゃきに行っが」
私  「むじゃきはどっちけ?」(妙に鹿児島弁が混じってしまう)
義母 「え~と、あっちけ…? いや、ここはどこけ?」

むじゃきに行くのは数十年ぶりという義母は、自信がないらしく、
そばを歩いていたお姉さんたちをつかまえ、いきなりこう尋ねたの
だった。

「天文館はどこですか?」
(いやいや、ここが「天文館」ですから!…笑)

答えかねて、顔を見合わせているお姉さんたちにに、私が「むじゃ
き」の場所を聞き直す。
そう、義母が、ひどい方向音痴なのを忘れていた。
あらかじめ、地図を見てくればよかった。
私だって、天文館の地理など殆どわからないのだ。
そんなダメダメな二人連れだから、この日は、数十メートル移動す
るたびに、人に道を聞きまくったのだった(笑)。

何とか、蜂楽饅頭に到着。
蜂楽饅頭は、饅頭と言うより、関東で言えば「今川焼き」。
客もひっきりなしに訪れて、かなりの人気店の模様。



蜂楽饅頭のすぐ先の「むじゃき」にも、無事到着。
こぢんまりした「白くま専門店」をイメージしていたのだが、何と、地
上5階、地下1階、レストランの集合体のような大きな店だった。
私たちが注文したのは、ソフト白熊を1つ。
大きいので、1つを二人で食べるのだ。
(白熊は「お一人様、またはお二人様で1つをご注文ください」と
 メニューにも書いてあり、二人で頼む場合は、スプーンも2本
 ついてくる。)



さすが、元祖白熊の店だけあって、美味しかった。
「やっぱり、ここのは、ちご(違う)。寒くもなか」
と、母もゴキゲン。
(義母が昔食べに来た時には、冷房が効きすぎていて、氷を食べる
 気になれないほど寒く、それで長いこと来なかったそうだ…笑)
一緒に来られなかった義父のために、土産の白熊も買う。
(持ち帰る場合は、ドライアイスで最高10時間までOK。)

それから鰻の末よしへ。
白くまを食べたばかりだったが、やっぱり美味しくて、私も義母も
完食。
(末よしのことは、以前に書いたことがあるので省略。)

それからぶらぶら山形屋まで歩いた。
ここで少し買い物などして、山形屋発のバスで帰る予定である。
山形屋に着いたのは、午後1時40分頃。
2時5分発のバスで帰るのは無理だろう。
「まあ、ゆっくり買い物して、3時台のバスで帰ればよかね」
で、義母も同意したはずだった。

ところが、地下でさっさとお気に入りのちらしずしと餃子を買っ
た義母は、それで気が済んだのか、
「もう帰るが。2時5分のバスに乗るが」と言う。
ええ? 思わず時計を見る。
私 「いや、もう2時になるよ。間に合わんよ」
 
義母とお出かけ♪(天文館・むじゃきの白熊ほか)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
こむらさきラーメンを食べて鹿児島空港に向かう
2009-02-07 Sat 15:07
2009年2月7日(土)

20090207150744

久しぶりにケータイからブログ更新。
(普通にケータイからメール送信するのと同じように、
 画像があれば画像を添付して、タイトルと本文を送れば
 いいので簡単。
 FC2ブログの場合、メールの宛先は blog@fc2.in
 あらかじめ「モブログの設定」で、自分のケータイの
 アドレスを登録しておく必要はある。)

今は一人で、鹿児島中央駅のアミュプラザの地下のドトール
にて休憩中。
少し前に、「こむらさき」でラーメンを食べた。

帰鹿すれば、鹿児島ラーメンを一度は食べる。
家から近い「えびすラーメン」か、天文館の「くろいわ」で
食べることが多いのだが、食べそびれた時は、鹿児島
中央駅の「ざぼんラーメン」で食べて帰ることにしている。
ざぼんラーメンは、私のお気に入りの鹿児島ラーメンの一つ
だ。今日も、本当はざぼんラーメンを食べるつもりで、鹿児島
中央駅に来た。
店の場所が変わって、アミュプラザという駅ビルの地下に
移ったというので、地下まで降りてきたのだが、ほかにも
いろいろな店が入っていたので、迷ってしまった。
黒豚トンカツも美味しそう。
そば茶屋「吹上庵」も悪くない。
白熊で有名な「むじゃき」も入っていて、お好み焼き等に
ミニ白熊がセットになった「アミュランチ」880円も魅力的だ。
「ざぼんラーメン」の隣には、有名ラーメン店「こむらさき
もあり、
昼食を何にするかで、私の心は千々に乱れた(笑)。
「こむらさき」は天文館店の人気を昔から知っているが、
夫は「こむらさきのラーメンは癖が強いぞ」と言うので
実はこれまで一度も食べたことがない。
しかし、私も四半世紀も「半・さつまおごじょ」をやって
いるわけだし、今はブロガーの端くれでもあるのだから、
一度も「こむらさき」ラーメンを食べたことがないのは、
いかがなものか?…と思い(笑)、今回はあえて「こむら
さき」に入ってみたわけなのだ。

写真が「こむらさき」のラーメン。
(黒豚チャーシュー入り。1000円。)

麺は白くて細くて、冷や麦みたいな感じ。
鹿児島ラーメンは、普通はモヤシがたっぷり乗っているの
だが、キャベツが乗っているのも珍しい。
スープは、私にはちょっと脂臭くて、飲めなかった。
う~ん…確かに「癖が強い」な…。

しかし「こむらさき」の名誉のために言っておくと、店は
とても繁盛していて、子連れや年配の人も沢山入ってい
るし、持ち帰り用を買って帰る人も多いので、食べ慣れる
と、病み付きになる味なのかもしれない。

ただ、私の好みで言えば、次回はやっぱり「ざぼんラーメン」
かな、と(笑)。
ざぼんラーメンは、真っ白な豚骨スープが鹿児島ラーメン
らしく、味は見た目よりあっさりしていて、関東の人間
にも食べやすい。
初めて鹿児島ラーメンを食べる観光客には、こちらが
オススメかも。
(なお、私が空港などでいつも土産に買う「香むらさき」
という生ラーメンは、今回食べた「こむらさき」とは、全
く別のブランドであるようだ。)

さて、今からリムジンバスに乗って鹿児島空港へ向かう。

取手に帰れば、仕事がたまっている…。
「えとしえどん=えと(お灸)をする人」として過ごした
この数日間は、私にとっても、仕事を離れてのんびりと
骨休めになった。

今朝は、義母の足の爪を切ってあげたのだが、左右や指
によって、爪の伸び方が全く違うので私が首を傾げると、
「爪をつむ(切る)のが難儀なもんじゃから、いつも途中で
 やむ(やめる)っと…」
と、義母は笑っていた。

お灸をしてあげている間も、「ありがたか…」と、何度も
泣きそうになった義母。
私を見送る時、「私も取手について行って、あっちで
お灸をしてもろかな?」と、冗談ぽく言っていた義母…。

義母のために、あまり間を空けずに、また帰鹿してやら
なければねえ…と、思うことである。
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
一ノ関(一関)の観光とグルメ
2008-01-17 Thu 12:48
2008年1月17日(木)
  【 記事内容とあまり関係ない前書き (読みとばしてね) 】
  ここ数日来の疑問なのだけれど、岩手一ノ関」と「一関」は、
  どちらが正しい
表記なのだろうか?
  出かける前に乗換案内などで調べると、「一関」と入力しても、
  「一ノ関」で出てくるので、「一ノ関」が正しいのかと思っていたら、
  地元では「一関」の表記しか見かけなかった。
  Wikipediaでは「一ノ関駅」という項目があって、 「一関市」に
  あると書かれているところをみると、地名は 「一関」で、駅名
  は「一ノ関」なのだろうか?
  「一ノ関」よりは「一関」の方が、検索のヒット件数は断然多い。
  だが、その違いを調べようと「一ノ関と一関」で検索しても、全然
  ヒットしない。(例えば「にっぽんとにほん」なら、沢山出てくるの
  だが…) 
  私の勝手な推測だが、地元の人は「一関」を使っているが、全
  国的には、「一ノ関」の方が通りがいいんじゃないだろうか?
  ともあれ、「一ノ関」で調べると、「いちのせき観光ガイド」みた
  いな有用なページがすぐに出てこないのは不便である。
  (このサイトを、実は帰ってきてから見つけたのだ…泣)
  関係者(検索サイトを含め)の方には、是非改善をお願いしたい
  ものである。

さて、旅程は一日目にさかのぼる。
お嫁さんYちゃんの実家から、一ノ関に戻り、駅前のホテルサン
ルートに入ったのは、夜の7時半ころだった。
遅めのお昼を沢山ご馳走になったので、まだお腹がすかない。
で、「9時頃になったら、駅近辺で飲みながら食事しようか」
ということになった。
その時、ホテルのフロントでオススメの飲み屋を尋ねてみたら
勧められたのが、「山海(さんかい)」という居酒屋さん。

和風居酒屋 山海
小綺麗な店内に水槽(生け簀)もあって、品のある店だ。
最初にビールと一緒に出てきた突き出し(おからの煮物)が
やたら美味しかったので、この店はアタリだと直感したが、
本当に、どの料理も美味しくて、次の機会にもまた来ようと
思える、いいお店だった。


こういう海の幸を食べると、普段ビール党の私も日本酒が飲
みたくなり、地酒「関山(かんざん)」の熱燗を注文。
カキの朴葉焼きなんて、味噌だけ突ついても美味しくて、酒
が進んでしまう。
夫は冷酒を飲み比べ、ことに青森の「田酒(でんしゅ)」が気
に入ったようだった。
2時間ほど2人でたらふく飲み食いして、最後はおにぎりと
味噌汁で締めて、6,170円(ホテルの紹介ということで、消費
税分はサービス)。 これはかなり、リーズナブルではなか
ろうか。
この店のいい所は、とにかくメニューが豊富で、価格帯の幅
も広いこと。蕎麦や鰻重などもあるから、一人で食事のみと
いう気軽な使い方もできそうだ。

旧沼田家武家住宅世嬉の一(せきのいち)酒造
2日目の午前中は前沢に足を伸ばし(前回記事参照)、午後は
また一ノ関に舞い戻って、駅近辺を歩いて観光した。
我々が目をつけていたのは「世嬉の一酒の民俗文化博物館」。
変わり種博物館+飲み食い所(酒の試飲あり)で、我々夫婦好
みの観光スポットだ。
行く途中に、武家屋敷(旧沼田家武家住宅)があるので、そちら
にも立ち寄ってみた。
 
一ノ関(一関)の観光とグルメの続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
天文館で“くろいわラーメン” (夫とデート・その2)
2008-01-07 Mon 23:40
2008年1月7日(月)

天文館にあるくろいわは、鹿児島ラーメンを代表する
有名店の一つ。
だが帰省した折には、鹿児島中央駅のざぼんラーメン
や、谷山のえびすラーメン(どちらも十分オススメでき
る美味しさ)で食べることが多いので、くろいわまで行っ
たのは、多分10年ぶりくらいだ。

相変わらずの人気で混雑していたので、先に照国神社
でのお参りを済ませたのだが、戻ってみると、行列は
さらに長くなっていた…。




が、席は3階まであるし回転が早いので、さほど待った
わけでもない。1階のカウンター席だったので、厨房の
様子が見えるのが面白かった。
カウンターの中だけで 常時5~6人のスタッフが動いて
いて、目茶苦茶忙しそう。外には行列ができているのに、
出前の電話もどんどん入ってくる。

「ミスタードーナツ、3枚~!」

なんて、近所の店からの注文も入る。
ラーメンを食べずに焼酎を飲んで、メニュー表にはない
「さつま揚げ」を注文している客もいる。
(ラーメン屋でさつまあげ?!…と、横目で注目してい
 たら、千切りキャベツと、焼いて焦げ目のついたさつま
 揚げが2枚出てきて、醤油?をかけて食べていた。)





久しぶりに食べたくろいわラーメン
う~ん、やっぱりおいしい!
しつこくはないが、パンチがあると言うか、やっぱり遠く
から来てでも、食べる価値ありかも…。
 
天文館で“くろいわラーメン” (夫とデート・その2)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
鹿児島のうまかもん(ぶえん鰹・山形屋の焼きそばほか)
2007-08-05 Sun 12:02
2007年8月5日(日)

出かけた時のお約束で、本日は食べ物の話(笑)。
地鶏の刺身や、魚孝の寿司は今回も食べたが、昨年の日記
に詳しく書いたので(2006/9/15の日記参照)、今回は省略。

さて、鹿児島に行くと必ず食べるものの一つがカツオの刺身
写真に撮ろうと思いつかないくらい、夫の実家では、食卓の定
番なのだが、決して手近に手に入るわけではない。
わざわざ、義母の出身地である枕崎市のかつお公社まで出
向いて(地図はこちら)冷凍状態のものを買いだめしてくるの
だ。(ちなみに義母の父=夫の祖父は、鰹の一本釣りの漁師
だった。)
そこで売っている普通のかつおの刺身や、鰹たたき炭焼きも
十分おいしいが、最近義父母がハマっているのは、ぶえん鰹
これは活き〆の鰹なので、赤色がことのほか鮮やかだ。
「ぶえん」とは、もともとは「無塩」。つまり、魚が塩漬けや干物
でない獲れたての状態であることを意味し、新鮮な刺身の
代名詞であるらしい。
ちなみに、鰹の刺身は生姜醤油で食べるのが一般的だと思うが、
K木家では(あるいは枕崎地方の一般的食べ方か?)、薬味は
すりおろしニンニク、ツマは玉ねぎスライスと決まっている。
そして醤油はコレ!(竹之内醤油味噌醸造店の「だしの素」)

竹之内醤油味噌醸造店の“だしの素”)


外食で久しぶりに食べたのが、山形屋の焼きそば。
鹿児島のうまかもん(ぶえん鰹・山形屋の焼きそばほか)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
鹿児島グルメツアー?(地鶏の刺身・伊勢エビなど)
2006-09-15 Fri 23:37
 2006年9月15日(金)

 鹿児島での5日間は、たっぷり食べ、たっぷり眠り、たっぷり
 しゃべって過ぎた。
 鹿児島ではいつもご馳走尽くしだが、今回は特に短期集中
 だったので、「こんなに立て続けに贅沢して良いのかしら?」
 と、後ろめたく思うほどだった。
 家で食べたご馳走の双璧は、地鶏の刺身と、伊勢海老だ。

 鶏刺しというのは、結婚前は食べたことがなかった。
 鹿児島では鶏肉を“かしわ”と言い、刺身をスーパーなどでも
 見かけるのだが、そういう普通の鶏刺しは、特別美味だと
 思ったこともない。
 だが、坂ノ上駅近くの内大久保地鶏店という小さな店の鶏刺し
 を知ってからは、“鶏刺し観(変な言葉だが…笑)”が一変した。
 ここの鶏刺しは、多分日本一じゃないかと思う程の絶品なのだ。
 (住所・地図はこちら

鶏刺しと内大久保地鶏店


 この店の鶏刺しは、おろしニンニクを薬味に、添付のタレで
 食べる。ツマには、玉ねぎスライスが合う。
 息子たちも勿論これが大好物。冷蔵で配送可能なので、取手に
 送ってもらうこともあるが、今回、三男は、千葉の自分のアパ
 ートに送ってもらう手配をしていた。
 あまりに美味しいので、友人たちを呼んで振舞うのだそうだ。
 
鹿児島グルメツアー?(地鶏の刺身・伊勢エビなど)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
白クマでなく、黄グマ!(携帯から)
2006-09-11 Mon 23:57
2006年9月11日(月)

20060911235633

「白熊」の知名度があがり、あちこちで見かけることが
多くなったこの頃、白熊の本場・鹿児島では、新たな動きがあった。

白熊の新バージョンが、やたら増えていたのだ。
上の写真は、山形屋(鹿児島1番の老舗デパート)に
今年初登場した「黄熊」!
マンゴープリンやパイナップルなど、黄色い具材が一杯~♪
(三男はもちろん、これを注文)。

今回は注文しなかったけれど、コーヒーシロップと黒糖の
大人向きの味という「黒クマ」にも、かなり興味あった。
…でも、「黒クマ」って…
つまり「普通のクマ」では?(笑)


《追記》
小熊
ちなみに私が食べたのは、この“こぐま”。
一応、黒い豆が目で、雪見大福が鼻。
食べていくと、中からスイカやいろんな
フルーツが出てくる。

なお、9月一杯、山形屋で食べられる
様々な白熊を見てみたい方はこちら

この記事のURL | グルメ&食べ歩き(鹿児島ほか) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。