スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
お友達が週1回シェフになる店で、ランチ♪(取手・ベリーロール)
2009-12-08 Tue 23:52
2009年12月8日(火)

ママ友のHさんから、「(ママ友仲間の)H田さんが最近働
き始めたお店にランチを食べに行きましょう」と誘われた時、
私は二つ返事でOKしつつ、とても奇異な感じを受けた。
H田さんというのは、亀のカメキチさんを飼っている、あの
H田さん
である。

お店は、取手のカフェ“ベリーロール

「お友達が来てくれるような地元のカフェで、ランチを出す仕
事をする」というのは、私たちのように、子育ての済んだ主婦
にとって、悪くない、いや、なかなか魅力的な仕事である。

しかし、なんでH田さんが?という点において、私の頭の中は
疑問符一杯だったのだ。

彼女は、しばらく前まで、介護関係だかの仕事をしていたが、
親御さんが高齢で時々見に行かなければならないということ
で、仕事を辞めた。
取手市内に住んでいるお嬢さんが二人目のお子を出産したば
かり(つまり彼女は、もう、二人もお孫さんがいる)ということも
あって、プライベートが忙しいから、暫く定職には就けないと
いうような話だった。
しかも彼女は、社会福祉士の資格を取るために勉強中だった
はず。(既にケア・マネなどの資格は持っていて、今は、女子大
の通信講座を受講中。時々キャンパスに出向くスクーリングも
あるそうで、「私、今“女子大生”なのよ! 妻が女子大生だっ
て言って、主人が喜んでるわ(笑)」
という話だった。)

その経緯を考えると、なんでH田さんが、今、カフェで働いてい
るのか、さっぱり見当がつかなかったのだ。

だから、迎えに来てくれたHさんの車に乗るやいなや、私は尋
ねた。
「H田さん、そのカフェに就職したの?」
「うん、週に1回。火曜日だけね」
「え? なに、それ、そんなのあり?」

「何かねぇ、もともと時々H田さんが行ってたお店らしいのね。
 で、そこのオーナーさんが、何かほかにやりたいことがある
 から、お店は人に任せたいということで、週1回、やってくれ
 ないかって、声をかけられたんだって」
「へえ…そんなことが、あるのねぇ」
「声をかけられた時、H田さんはちょうど○○ちゃん(子どもが
 いるお嬢さんとは別の、もう一人のお嬢さん)と一緒に食事し
 ていてね、○○ちゃんがすっかり乗り気になったものだから、
 母娘で引き受けることにしたんだって。 で、○○ちゃんがお
 休みの火曜を担当することになったのよ」
「ふ~ん…」

カフェ“ベリーロール”は、一見さんが訪れることは、まずない
だろうと思われるような、とても辺鄙?な場所にあった。
(地元の方のために書いておくと、永山公民館の向かいに小
 さな看板が出ていて、その小道を入っていくのである。)





店に入ると、入り口にこんな紙が…


わ、「本日のキッチンは ユキコシェフ」だって!


「ユキコ」はもちろん、H田さんの名前。
すご~い、“シェフ”なんじゃん!
(別に、栄養士とか調理師の資格などは、ないはずだが。笑)



でも、いいなあ~!

1週間に1度、シェフになるのって♪

 
お友達が週1回シェフになる店で、ランチ♪(取手・ベリーロール)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
茶蔵・夏メニューと、亀のカメキチさんの話
2009-07-25 Sat 23:47
2009年7月25日(土)

4月の初めに行った「茶蔵(ちゃくら)」がとても良かったので、
季節も変わってメニューも夏バージョンになっているだろう
し…ということで、前回と同じメンバー(I川さん欠席で3人)
で、先週土曜、ランチをしてきた。

お料理がやっぱり美味しい。
覚え書きの為にメニューを書いておくと…。
前菜(カボチャとオクラの天ぷら、オカラの煮物、ゴーヤの
ピクルス、イカの梅ジソあえ、胡麻豆腐、蒟蒻のキンピラ、
インゲンのショウガあえ、大学いも)、大根ステーキ(これだ
けは前回と同じ。4月中旬~5月は筍のステーキだったら
しい)、焼トマトの胡瓜ソース、茄子の素麺風、鮎の唐揚げ、
冷奴(シソ味噌のせ)、ナスの寿司、アサリの吸い物、デザ
ート(白玉の黒密・きな粉がけ)。

主婦グループでの食事の常として、「これ、どうやって作る
んだろ?」ということで、あれこれ討論(笑)。



店の外も中も、涼しげな夏のしつらえなのがいい。
(ケータイカメラでは良く撮れなかったので、モノトーンに
 加工して誤魔化してみる…笑)



「わ~、ネコジャラシでも、こんな風に飾ったらいいのね」
と、私が感心しながら写真を撮っていると、Hさんが
「でもこれは、周りがすっきり片づいているから、いいのよ」

…確かに。

散らかっている我が家に、ネコジャラシを飾ったって、汚い
だけだ(笑)。
 
茶蔵・夏メニューと、亀のカメキチさんの話の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
霞ヶ浦周辺へ買い出し?ドライブ(志ち乃のどら焼きほか)
2009-05-31 Sun 23:57
2009年5月31日(日)

日付けがだいぶ遡るが、書きそびれていたGW中のことを。
お誘いを受け、5月3日は、霞ヶ浦周辺のドライブに出かけた。
メンバーは、竜ヶ崎“茶蔵”に行った時のママ友仲間4人。

第一の目的は、北斗の会の野菜のアイスを食べること(笑)。
あとは、帆引き船の操業を見ようという程度で、細かいことは
何も決めず、行き当たりばったりのドライブである。

土浦市から、かすみがうら市にそろそろ入ろうという頃、レン
コン畑のただ中を走っている時に、H田さんが声を上げた。
「あ、志ち乃しちの)だ! 志ち乃って、ここにあったのか~。
 ここのどら焼き、すっごく美味しいよね!」

他の3人は“志ち乃”を知らなかったのだが、H田さんの職場
では、到来物で志ち乃のどら焼きが来ると、皆が大喜びする、
有名店らしい。

「生タイプのどら焼きが特に美味しいのよ」
「じゃあ、帰りに買って帰ろう」
「いや、夕方になると売り切れちゃうんだって」
「じゃ、今寄ろう!」
と、すぐに車を戻す。
(早速、「想定外の事態」発生…笑)

改めて店のそばに行ってみて、こんな田園風景の中にある店
なのに(車の通行量もそんなに多くないのに)、駐車場に、整理
の係員さんがいることに驚いた。
店内に一歩入って、またびっくり。
レジの前に、長いコの字型に行列ができている。


撮影モード間違えてピンぼけですが…

いやはや、都内デパ地下の人気スイーツの売り場並み…。


人気の理由はすぐに納得できた。魅惑の品揃えなのだ。
(どら焼きだけで15種類くらいあった。)



私は実はどら焼きは余り好きではなくて、今まで自分でわざわ
ざ買ったことは一度もない。
が、ここのどら焼きには、かなりそそられた。
迷ったあげく、H田さんオススメの“生タイプ”の中から、“抹茶
なまどら
”と“抹茶ムースどら”を1個ずつ購入。
あと、「コレはブログのネタになる!」という不純な動機(笑)で、
デコどら”というのを買ってみた。

“デコどら”は、こんなの(笑)。





(これって、飾り付けしたホットケーキと変わらないじゃん…
 と思い、味の方はさほど期待していなかったのだが、見た
 目よりずっと軽くて、美味しかった。少し入っているあんこと
 生クリームとのバランスも良くて、夕食後、夫と二人で一気
 に平らげてしまったほど。 夫も「ここのどら焼きは確かに
 ウマイ」と、認めていた。)

クーラーボックスにどら焼きを入れて、車は進む。
どこか適当なところでランチを食べようと思ったが、かすみが
うら市内に入ると、店はほとんどなかった。
頼みのアイスクリーム工房「北斗の会」も、店は開いていたも
のの、喫茶・軽食部は休み。
(…GW中こそ、やらなきゃダメでしょ!と思うのだが、池袋
 のサンシャインなどにも出店しているので、ここの本店では
 そんなに儲ける気がないらしい。)

店を探しているうち、霞ヶ浦の志戸崎漁港に着いてしまった。
 
霞ヶ浦周辺へ買い出し?ドライブ(志ち乃のどら焼きほか)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
古民家ギャラリー“茶蔵”で、風情満点のランチ(竜ヶ崎)
2009-04-05 Sun 16:03
2009年4月5日(日)

いや~、久々に、隠れ家的名店を発見。
人に宣伝しないでおきたいくらいの店だが、場所が不便なので、
私のブログで紹介した程度では、店が混雑することもないと思
われるので、書いておく。

「4月4日、4人で、“4のゾロ目のランチ(笑)”をしませんか?」
と誘ってくれたのは、子どもが幼稚園の時のお母さん友だちの
Hさんである。
我が家同様、H家にも男の子が3人いて、H家の次男くんと我
が家の次男・三男が同齢。
子供が小さい時には、一緒にキャンプに行ったりもして、H家
とは家族ぐるみで親しくしていた。
最近は会うこともなくなり、年賀状だけのお付き合いになってい
たのだが、年末にたまたま彼女からメールが来て(唐突に、パ
ソコンの不具合について私に質問するメールだった…いやいや、
私はブログをやっている程度で、パソコン自体には詳しくない
から! ご主人や息子くんが音を上げたトラブルについて、私
に聞いてくるのは間違ってるから!…笑)、以来何度かメール
を交わし、積もる話もあるから、今度一緒にランチでも…とい
うことになっていたのだった。

Hさんとは、実は7年くらい?前に偶然顔を合わせている。
取手市の IT講習会(3日間くらい通って、ウィンドウズの基本
操作、文字入力や、インターネット、メールの基本を教えても
らうもので、テキスト代500円以外は無料だった…)で一緒だ
ったのだ。
しかし、その後は特に会うこともなかった。

今回は、やはり幼稚園でのママ友である、I 川さんとH田さん
(こちらの二人には、確実に15年以上は会っていない)も一緒
のランチだった。
お互い、随分老けちゃっているんだろうな~と思っていたが、
会ってみると、案外みんな変わっていなかった(まあ、みんな
努力もしているのだろうが…笑)。
同世代のお友だちが若々しいのは、嬉しいものだ。
(自分もまだまだイケる…と思えるから。傍から見れば、所詮
 “アラフィーなオバサンたち”には違いないのだけれど。)

さて、今回ランチを食べたのは、Hさんが人から聞いて、以前
から気になっていたというお店。
何でも、囲炉裏を制作する工房でもあるというような話なの
だが、彼女自身も、どんな店かよくわかっていないようだった。

場所は、竜ヶ崎。(最寄り駅は、JR常磐線の佐貫駅。)
え~、こんなところにお店なんかあるの?
と思うような、田舎の風景の中に、その店はあったのだ。

囲炉裏工房 “茶蔵ちゃくら)”



まず、この雰囲気だけでも、いたく感動。
“古民家もどき”の和風の内装のレストランや居酒屋はよく見
かけるけれど、ここまで、古民家をまるごとそのまま使ってい
る店を見たのは、初めてのことだ。
(椅子席のあるギャラリーの方は、割と新しい感じ。)

そしてお料理がまた、すごく良かったのだ。
 
古民家ギャラリー“茶蔵”で、風情満点のランチ(竜ヶ崎)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:9 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
つくばのラーメン屋「ごう家(ごうや)」
2008-04-11 Fri 23:17
2008年4月11日(金)

久々にお店紹介。

次男の結婚式のしばらく前、打ち合わせに行く若夫婦に
同行して、我々夫婦も一度、式場(ホテルグランド東雲
《しののめ》
)に出向いた。
貸衣装(夫のモーニングと、私の留め袖)と着付けの予約
のためだ。(留め袖は1着は持っているし、義母や母から
も「貸そうか?」という申し出を受けたが、いろいろ忙しか
ったし、赤ん坊を抱くことなども考えて、貸衣装にした。
…貸衣装はラクちんで、ホント、正解だった!)

さて、その時、息子夫婦と一緒に食べた昼食が、ごう家
のラーメンである。

30数年前、筑波の研究学園都市ができたばかりの頃は、
大学の周辺には、飲食店はほとんどなかった。お洒落な
レストランや、美味しいラーメン屋など、皆無だった…。

が、今や隔世の感がある。
「桜村」だった住所は「つくば市」に変わり、3年前にはTX
(つくばエクスプレス)も開通。 ショッピングモール等も
次々できて、つくば駅(つくばセンター)のあたりなど、
どのくらい飲食店があるのか、食べ歩きが好きな次男も
もはや把握できないようだ。

それでも大学近辺の飲食店ならほぼ制覇している次男が、
「大学近くだったら、ここのラーメンが一番おいしいと思う」
と言って、連れて行ってくれたのが「ごう家」。
一風変わった、なかなか良い店だったので、紹介しておく。

店内は、レトロなポスターなど貼ってあり、ラーメン店
いうより居酒屋風。
くつろげる雰囲気で、ちょっと友人を誘って行きたくなる
ような感じの店だ。
メニューはシンプルなラーメンもあるが、次男おすすめの
味玉ラーメン」を食べてみた。



味玉(あじたま)は、相当長く煮込んだような色をしているの
に、中身は半熟
普通の煮卵とは作り方が違うのかなあ~と思って調べたら、
どうやらこんなふうに作るらしい。(私も今度、作ってみよう!)

ごう家では、卵の仕入れにこだわりがあるらしく、ここの名物
メニューの一つに、生卵かけご飯もある。
食べた夫は
「う~ん、卵の味の違いまではわからん!」(笑)
しかし、食べ方の能書きがかなり面白いので、ラーメンだけ
では物足りないという方には、話の種にオススメ。
 
つくばのラーメン屋「ごう家(ごうや)」の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
E子先生の校外学習教室(百香亭で謝謝ランチ)
2007-07-17 Tue 22:28
2007年7月17日(火)

連休中の会津行きについてはいろいろ書くことがあるので、追い
追い書くことにして、本日参加してきたばかりの、E子先生の校外
学習教室の話題から…。

今日の教室の予定は、E子先生と一緒に“牛久自然観察の森
を散策、その後、百香亭ひゃっこうてい)・牛久店で昼食を
食べるというものだった。

牛久自然観察の森は、私も以前、子どもの学校のPTAの研修で
出かけたことがある。 遊具などは一切無い、ある意味 地味~な
公園なのだが、ひたすら里山の自然が残されており、理科の学習
や、バードウォッチングなどには格好の場所だ。
久しぶりに、ハイキング気分の散策も気持ちが良さそうだ…と
楽しみにしていたのだが、何と本日は、休園!

切り替えの早い先生は、そのまま近辺をミニドライブ。
牛久大仏にも立ち寄った。
牛久大仏は、何を隠そう、ギネスブックにも認定されている世界
最大の大仏
(高さ120m。奈良の大仏が手のひらに乗る!)
14、5年前にできたのだが、できたばかりの頃は、その唐突さと
不気味さ?に、度肝を抜かれたものだった。
(…こんな言い方はバチが当たるかな? でも、E子先生なども、
 肝だめし代わりに、わざわざ夜に見に行ったりするらしい…笑)
基本的には、浄土真宗東本願寺派の霊園の中心に創建された
大仏なのだが、大仏胎内に展望台などもあるし、墓参りに来た
家族連れが楽しめるよう、花摘みのできる花畑や、小動物との
ふれあい公園なども整備されている。
(季節や、胎内拝観までするかどうかで、入場料は異なる。)
更にいろいろなイベントが催され、観光ツアーにも組み込まれて、
ちょっとした行楽スポットにもなっている、近辺住民から見ると
何とも摩訶不思議な場所なのだ。
しかし宗教関係者から見ると、新しいモデルの施設なのだろう。
今日も、異国(多分タイ?)の僧侶らしき人が数人、視察に訪れ
ていた。

牛久大仏(うしくだいぶつ)


その後、いよいよ噂の百香亭(牛久店)へ。
 
E子先生の校外学習教室(百香亭で謝謝ランチ)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
トウフのお好み焼き!(つくば・茂蔵)
2007-06-24 Sun 23:33
2007年6月24日(日)

三男に引き続き、次男も無事、3週間の教育実習を終えた。
次男を、今日はつくばまで送ってきた。
一人で帰らせてもよかったのだが、岩手にお里帰りしていた
Yちゃんも、ちょうど今日、ご両親に送られてつくばに帰って
くるということだったので、時間を合わせ、皆で一緒に昼食
を食べることにしたのだ。

Yちゃん一家とは、初めて会ってからまだ2カ月しか経って
いないのだが、今はすっかり「身内」感覚である。
Yちゃんのご両親とは、最初から、互いに体裁を取り繕うヒマ
もなく、腹を割って話し合い、短期間のうちに協力体制を整え
なければならなかったから、その分、親しくなれた気がする。
こうしてみると「できちゃった結婚」にも結構利点があるなぁ…
なんて思う。

今日ランチを食べたのは、次男おすすめの、創作豆富料理
の店・茂蔵(しげぞう)。
ララガーデンという、3、4年前にできた、つくば市内のショッピ
ングモールに入っている、和食レストランだ。
茂蔵 LALAガーデンつくば店の案内はこちらへ

豆腐のお好み焼き風とか、豆腐入りカレーとか、湯葉いくら丼
とか、豆乳しゃぶしゃぶとか、豆腐のスイーツとか、ちょっと変
わった豆富料理(この店では「豆腐」でなく「豆富」と表記する)
がいろいろあって、オシャレで美味しいし、話のタネにもなるの
で、オススメできる店だと思う。

豆腐のお好み焼き

 
トウフのお好み焼き!(つくば・茂蔵)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
E子先生の校外学習?教室(ひたち野うしく・煌火屋)
2007-05-17 Thu 14:05
2007年5月17日(木)
煌火屋
おとといのE子先生の教室は、いつもと趣向
を変えて、皆でハイキング(お散歩?)がてら、
ランチを食べに行くというものだった。
お目当ては、ひたち野うしく駅そば、きらびや
煌火屋)の海鮮丼。
(地図はこちら
牛久の先生宅を出発し、おしゃべりしながら
のんびり歩いて、50分ほどで到着。

きらびやさんの海鮮丼は、先生が「具が横にでなく、縦に並ん
でいるのよ」とおっしゃっていた通り、ご飯がなかなか見えて
こないほど、具がたっぷりだった。
ホタテ貝柱なども、厚さ2センチくらいのが丸ごと、ど~んと
入っているのだが、最初は埋もれていて見えないのだ(笑)。

煌火屋の海鮮丼


ランチメニューは海鮮丼と天丼の2品のみだが、丼から天ぷら
がはみ出している天丼の方も、かなり美味しそうだった。
賑やかな場所にあれば、もっと繁盛すること間違いなしだが、
ひたち野うしくは新しい駅で、付近の人口が少ないのが残念。

食後、雲行きが怪しくなってきたので、駅の反対側の西友内
のカフェ(Green Villet)でお茶を飲んでおしゃべり。
E子先生は今、下宿生や里子ちゃんを含めて18人家族を切り
回しておられるが、先生が語る3年後の夢──。
「下宿屋はやめて、専門里親になろうと思うの」とおっしゃる。
 
E子先生の校外学習?教室(ひたち野うしく・煌火屋)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
つくば“オリザ舎”で自然食ランチ
2006-08-24 Thu 12:09
 2006年8月24日(木)

 ここ数日、遊びと仕事でバタバタして、日記が滞ってしまった。

 先日、後輩Y子ちゃんとランチ&映画を楽しんだ折、夏休み中
 に、もう1回くらい遊ぼうねと約束して別れた。
 で、一昨日の火曜日、今度はご近所仲間(皆、Y子ちゃんとも
 顔見知り)も誘って、5人でランチ&映画に行ってきた。

 ランチは、Y子ちゃんがオリザ舎オリザヤ)という自然食
 お店を予約しておいてくれた。

 オリザヤさんは最近まで、つくば市金田で、風情ある古い蔵を
 借りてお店にしていたのだが、今は、事情があって、つくば市
 松代のオーナーさんの自宅で営業中。 
 昼は奥さん一人が切り回していて、レストランというより、普通
 のお宅でおもてなしを受けているようなアットホームな雰囲気。
 これがまた、「知る人ぞ知る隠れ家」風で、すごく良いのだ。

 「自然食」と聞いて、きっといかにも体に良さそうなヘルシー
 料理なんだろうなぁと楽しみにしつつ、味にはさほど期待して
 いなかったのだが、実際には、驚くほど美味しかった。
 “枝豆とアナゴのしんじょう”なんて、もう絶品!
 (しんじょう…って、こんなに美味しい料理だったかしら?!)

つくばの自然食レストラン・オリザ舎でランチ


 素材にはすごくこだわっていて、例えば卵は、ひよこのうちから
 無農薬玄米を与えた鶏から取ったものだそうだ。
 私たちが食べたのは「普通食」だが、「完全菜食」もあるし、
 「ゲルソン食」(ガンの治療を受けている人のための無塩・無脂
 の料理らしい)をお願いすることもできる。
 また、何か食べられないものがあれば、それを使わない料理に
 してもらえるそうだ。
 
つくば“オリザ舎”で自然食ランチの続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
牛久でランチ+小学校教育現場の話
2006-08-09 Wed 14:16
 2006年8月9日(水)

 今どきは、学校の先生も夏休みなどがなく、子どもたちの長期
 休業中も出勤だから大変である。
 (そういう意味での教職のうま味は、今はなくなってしまった。)

 数日前、小学校の教員をしている後輩のY子ちゃんが、
 「7日~9日と連続で年休を取ったから、一日くらい、一緒に
 『ゲド戦記』でも観に行きませんか?」と誘ってくれた。
 つくばのシネプレックス8は水曜がレディースデーなので、最初
 9日(水)にと約束したのだが、台風が近づいていたため(実際、
 今日は大雨)、予定を繰り上げ、昨日行ってきた。

 まずは、Y子ちゃん宅近くの牛久シャトーカミヤでゆっくりランチ。
 5月に、やはりY子ちゃん夫婦と一緒にバーベキューなどを楽し
 んだ、あのシャトーカミヤだ(5/7日記参照)。
 あの時、地ビールや電気ブランなども楽しんだレストラン「ラ・テラ
 ス・ドゥ・オエノン」での「本日のランチ」(1000円)は、期間限定
 メニュー(8/10まで)で、「海の幸の三種盛り合わせ」。
 メインに、サザエの磯焼き、あさりのワイン蒸し、メカジキのグリル
 を取り合わせた、オシャレで美味しいメニューだった。

牛久シャトーでのランチ

 こちらは、プラス300円のデザートセット(飲物付き)。
デザート


 食べながら、彼女の職場での話をいろいろ聞いた。
 

牛久でランチ+小学校教育現場の話の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
柏で大人ランチ♪(教会のレストラン)
2006-07-02 Sun 21:16
 2006年7月2日(日)

柏セントマーガレットウェディング お店の紹介記事が続いてしまうが、
 前々から書こうと思っていた、JR
 から徒歩8分ほどの所にある、素敵な
 南仏料理店・プリンセッサを、本日は
 ご紹介。
 暫く前に、近所のお友だちと柏に映画
 を見に行った時に寄った店だ。 
 (6/7の日記参照)

 私はこの店は初体験だったので(同行
 の友人たちは皆、体験済み)、まずは
 外観というか、その店構え?にビックリ
 してしまった。
 店というより、教会! いや、正しくはセントマーガレット教会
 と、隣接する建物とで、結婚式場になっていて、そこに披露宴
 ができるレストランが3軒入っている、その一つである。

 映画「ダ・ヴィンチ・コード」で、教会や西欧の建物の映像を
 たくさん見た直後だったので、レンガの階段や、タイル敷の
 廊下を歩いていると、何だか、まだ映画の続きの世界をさま
 よっているような、不思議な感覚を覚えた。
 プリンセッサの店内は、スペイン貴族のゲストハウスを再現
 しているそうで、とても豪華でゆったりしている。

南仏料理・プリンセッサの店内

 このゴージャスな雰囲気の中で食べたランチコースが、美味し
 くて、しかも1500円という安さなのに、また感涙!
 (2200円のコースもあった。 そちらでも充分リーズナブル!)
  
柏で大人ランチ♪(教会のレストラン)の続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
牛久シャトー(シャトーカミヤ)で、“電気ブラン”を味わう
2006-05-07 Sun 22:22
 2006年5月7日(日)

 うだうだと「引きこもりな連休」を過ごして
 いた我々夫婦のところに、牛久に住む
 後輩のY子ちゃん夫婦から、「牛久シャト
 ーでバーベキューをしませんか?」との
 お誘いがかかり、喜んで飛びついた。

 Y子ちゃん夫妻の所も、我が家同様、3人
 息子がいるのだが、やはり子世代は、
 バイトやら部活やらで忙しい様子。
 「この際、大人だけで楽しもう!」という訳で、昨日は牛久シャトー
 (シャトーカミヤ)
へ。 心おきなくビールを飲めるよう、もちろん
 電車で使って出かけた(取手-牛久間は、電車で12分)。
牛久シャトー(シャトーカミヤ)で、“電気ブラン”を味わうの続きを読む
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:8 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。