スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
複数の写真をまとめて楽しむツール(シェイプ・コラージュほか)
2010-04-20 Tue 23:46
2010年4月20日(火)

アナログ時代の大量の写真も未整理のままの私だが、デジタル
の写真(私の場合、ケータイで撮ったもの)も、油断すると、つい
つい沢山たまってしまう。
最近はメモリカードの容量が大きくなったので、気軽に次々撮って
しまって、いざ整理しようとすると大変。
残したいものを選んできちんと保存したり、お気に入りの写真はプ
リントアウトしたりしておいた方がいいな…(加工してパソコンに保
存してあるものなど、いつパソコンが壊れてデータが飛ぶかもしれ
ないし)…と思いつつ、面倒でつい放置してしまう。

厄介なのは、捨てるにはちょっと惜しい、でも永久保存するほどで
もない…という写真が結構あることだ。
(私の場合、ブログに使うつもりで撮って、迷ったあげく結局ボツに
 した写真が多いのだ。笑)

何とかしなければ…と常々思っていた私が、最近注目しているの
は、お友達のブログで見かけた、2つのツール。

1つは、おかんさんが暫く前から使っておいでの、Shape Collage
(シェイプ・コラージュ)。
もう1つは、先日来、きゃしーさんがお使いのデジブック

どちらも、テーマを決めて複数の写真を手軽にまとめておくのに
便利そうなので、ご紹介してみる。


Shape Collage(シェイプ・コラージュ)】

これは、おかんさんの記事で春の花の画像が重ねられている
を見た時に、
「おっ、これは、どんな画像処理ソフトを使っているんだろう?」
と、すごく気になって(それまでは、多分、私と同じJTrimをお使い
だったと思うのだけど…)、すぐに調べてみたのだった。

これは、複数の写真を、写真どうしが重なりあうように無造作に
広げて置いた…という感じの画像を作ってくれるフリーソフト。
こんな感じに。


これまでにブログにアップしたことのある、
河津桜、白木蓮ピンク色の馬酔木を素材に。

複数の写真をまとめて楽しむツール(シェイプ・コラージュほか)の続きを読む
スポンサーサイト
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ケータイで撮った動画の縦横の向きの変え方
2009-08-18 Tue 17:00
2009年8月18日(火)

携帯電話の動画撮影機能を使って動画を日常的に撮るという
人は、そう多くないと思う。
そして日常的に撮る人は、私みたいな失敗はしないはずだし、
そもそもデジカメを使って録画しているだろう。
(だから今日の記事は殆どの人には役に立たないことを、予め
 お断りしておく…悪しからず。)
私自身は、ケータイでの動画撮影は、たまに孫に会った時に
するだけである。
で、たまにしかしないものだから、気をつけなければ…と思っ
ていることを、ついつい忘れてしまう。
それは、動画の向きだ。

ケータイの画面は普通は縦長で、設定にもよるが、撮影時サイ
ズが最大になっている場合、そのまま持って撮影すると縦長
画面
の動画が撮れてしまう。
それをケータイで再生する分には、何も問題ないが、パソコン
の画面で再生しようとすると、こういう風に横に倒れた状態に
なる。


このまま YouTubeなどにアップロードすれば、見る人は首を傾け
て見なければならなくなってしまうわけだ。
これを防ぐには、ケータイを横向きに倒して持ち、最初から横長
の画面になるように撮影しなければならないのだが、つい忘れ
てしまって、私は何度も失敗している。
今回もしっかり失敗した(笑)。

が、以前に試行錯誤して、動画の向きを変える方法を知ってい
たので、今回は慌てなかった。
(静止画であれば、もちろんケータイの編集画面で回転させれば
 よいだけの話だ。 ケータイからブログに写真をアップロードす
 る時には、写真の向きに注意が必要。)
で、私みたいに、うっかり縦向きに撮ってしまった動画を直したい、
あるいは横向きだけど、上下が逆さまの動画が撮れてしまったの
で直したい(左利きの人はこういう間違いをしやすいかも?)とい
う人のために、本記事では、そのやり方を書いておく。
(きっと、もっと高度な方法もあるはずだが、私のは初心者向きの
 やり方である。)

動画の編集は、ウィンドウズ(XP)の場合、「Windows ムービー
メーカー
」というソフトがあるので、それを使えばよい。
最初から、このソフトで扱える形式の動画であれば、簡単だ。
ところが厄介なことに、私のケータイ(ソフトバンク810SH)で
撮れる動画のファイル形式は、“3gp”であって、Windowsムー
ビーメーカーで扱えない種類なのだ。
“3gp”ファイルは、そもそも、Windows付属のソフトでは再生す
ることすらできない。
(Windows Media Playerは、3gpファイルに非対応だ。 だから
 「ケータイで撮った動画がパソコンで見られない!」という人
 は、まず、Real Player か、QuickTime を入れるか、それらを
 バージョンアップする必要がある。あるいは、ブラウザのプラ
 グインとして入れてあれば、ブラウザで見られる。)

そんなわけで、ここでは、次の2つの手順に分けて説明する。

 (1) 動画のファイル形式を変換する
 (2) 動画の向きを変える(90度、180度回転させる)

(1)の必要がない人は、(2)からどうぞ。


(1) 動画のファイル形式を変換する

ケータイで撮った動画は、いったんデスクトップなどのわかりや
すい場所にコピーして置いておく。
まず、「Windows ムービーメーカー」で開けるようにしなければ
ならない。
ファイル形式を変換するソフトはいろいろあるようだが、私は
以前にkoba2106さんから教わった、“QTConverter(QTコン
バーター
”という無料ソフトを使っている。

QTConverterのダウンロードはこちら(窓の杜)から
 ※動作には「QuickTime」がインストールされていることが必要。 

QTConverterは、ファイル形式変換だけのためのソフト(あと、
動画の再生時間の長さの調整…初めや終わりをカットする程度
…はできる)なので、シンプルでとても使いやすい。
(が、時折QTConverterの使い方について検索されるところを
 見ると、パソコン初心者にはわかりにくいのかもしれないので、
 以下に操作方法を記しておく。)

例として、ここでは、デスクトップにある“090806.3gp”という動画
ファイルを、AVIファイルに変換する操作画面で説明する。

QTConverterの操作画面


変換先(変換後)は、変換元(変換前)と、同じファイルの指定
(上書き)はできない。
保存場所か、ファイル名か、ファイル形式(拡張子)を変えなけ
ればいけない。ここでは、保存場所はデスクトップのまま、名前
も変えず、形式だけを変換。



QTConverterは、もともとMac系のソフトなので、Windowsに対
応するファイルは限られている。
ここでは、AVIを選んで、あとは「変換」ボタンをクリックすれば、
変換完了。
次は、動画の向きの変換(回転)である。
ケータイで撮った動画の縦横の向きの変え方の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
上海の後輩とPC画面越しに乾杯!(スカイプ初体験)
2009-05-17 Sun 12:58
2009年5月17日(日)

金曜の晩は、つくば市に住んでいる後輩Y子ちゃん一家の家
に夫婦で行き、お泊まり飲み会をしてきた。
先日の我が家の新年会には来られなかった九州の後輩 K君
が今週末は学会で上京していて、Y子ちゃん宅に立ち寄るとい
うことなので、私たちもお呼ばれさせてもらったのだ。
Y子ちゃんのダンナのM君は、現在、上海に単身赴任中で家
にいない。で、Y子ちゃんが一人でもてなすのではちょっと寂
しいし、それに、ダンナの留守中に男性客が一人だけ来るの
は一応マズイかも?(笑)ということでもある。

他にも1人友人を呼び、5人で飲み始めてまもなく、上海の
M君から電話が入り、Y子ちゃんはいそいそとパソコンでス
カイプを立ち上げた。
ノートパソコンの肩には、“鬼太郎のとーちゃん”みたいな
WEBカメラがちょこんと乗っている。
お、M君の声が聞こえる…
と思ったら、画面にM君が映った。
動いている。 会話ができる。
おお、これがインターネットテレビ電話というものか!

スカイプSkypeというサービスがあるのは聞き知っては
いたが、どんな風に使うのか、どう便利なのか、今までピンと
きていなかった。
が、百聞は一見にしかず。 これはいい。
画質も音質も、想像以上にクリアーで(一方の画像や音声が
たまに途切れることはあったが)、結構 臨場感がある。
パソコンを置く位置を調整して、先方には、こちらのリビング
にいるみんなの姿が映るようにした。
こちらの画面には、M君が大きく映っている。
画面にグラスを向け、皆で乾杯。

テレビ電話というのは、もっと画面の前にベッタリ貼りついて、
対面式に会話をするものだとばかり私は思っていた。
が、マイクの集音性能が良いから、別にそばに近づいて話す
必要はなく、普通にテーブルについたまま皆で会話してると、
画面越しにM君もリアルタイムで会話に入ってこられるのだ。
すごい。
何だかまるで、リビングの隅にM君が座っているみたい!
(愛犬の龍星くんだけは、「リュウ~」と呼ばれるとパソコン
 のそばに行くものの、画面の認識はできないらしく、M君
 の姿も匂いもないわけだから、「あれ~、お父さんの声が
 したのに変だな?」という様子で、きょとんとしていた。)
インターネットをするのと同じだから、特別な料金がかかるわ
けでもなく、1時間ほど、つなぎっぱなしにしていた。

今さらこんなことを書くと、時代遅れだと笑われるかもしれ
ないけれど、遠く離れた場所にいる人間と、同じ部屋にいる
かのように話せるこの不思議な状況に、いたく感動。
子供の頃に憧れ、夢見ていた「未来の社会」に、私は今、
本当に来ているんだな…と感じた。
 
上海の後輩とPC画面越しに乾杯!(スカイプ初体験)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
VistaのIMEがひどいらしいので、富士通“Japanist”に頑張ってほしい件
2008-10-20 Mon 14:24
2008年10月20日(月)

Vista搭載の“MS-IME”がダメダメらしく、こんなエントリがあった。
馬鹿なIMEと頑固なATOK(池田信夫blog)

よそで話題になっている問題に首を突っこむのは、あまり私の好
みではないのだが(平凡な主婦の私など、大した知識も見解もな
いし…)、これはどうしても声を大にして言っておきたいと思った
ので、書いておく。

池田先生のエントリや、そのコメント欄を読んでも、皆さん、
“MS-IME”と“ATOK”のことばかり語っていらっしゃる。
(今、また見に行ったら、“SKKIME”というIMEを話題になさって
 いる人もいた。)
なぜ、優れたIMEである“Japanist”のことを、誰も熱く語らな
いのか…?  私にはそれが不思議で、そしてもどかしい。
(IMEというのは、日本語変換システムのこと。だからWindows
に搭載されているIMEのことは、“MS-IME”と区別して呼ぶ。)

Windowsの“MS-IME”が、“使えないシロモノ”であることには、
きっと多くの人がイラついていると思う。
ケータイだって、もう何年も前から、学習機能・予測変換機能が
付いていて、よく使う表現などは、1、2文字入力すれば、文節
ごと変換できるのに、どうしてパソコンの日本語変換は、いつま
でも“おバカ”なんだろう?(私自身は“MS-IME”を、とっくに捨
てたが)…と不思議に思っていたが、マイクロソフトが日本語の
IMEの開発を中国にアウトソースしているらしいことを知って、
さもありなんと思った。

Vista版のMS-IME(IME 2007)の不具合を修正するパッチが最近
配布されたらしいことは、先日、ZAPAさんのブログの
「おまえは何を言ってるんだ」(の記事の後半)で読んだばかり。

※参考までに
IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムのご案内


ところで、MS-IME否定派の人は、たいていATOK(エイトック)
を使っているようで、ATOKだと、MS-IMEよりは、だいぶ良いよう
だ。 ちなみに、ATOK愛用者のZAPAさんは、こんなエントリも書
かれている。
ATOKなら3倍速く打てる!

私自身は、“Japanist”というIMEを使っている。
たまたま文書作成ソフトの“OASYS”に付属していたので使うよ
うになったのだが、“Japanist”だけの購入・導入も可能だ。
“OASYS”自体は、ワープロ専用機“OASYS”を使ってきた人に
しか勧めにくいソフトだが、“Japanist”は、日本語入力をする全
ての人に勧められるIMEだ。
以前、長男が「パソコンの日本語変換がバカでしょうがない」と
嘆いていたので、“Japanist”を入れることを勧めたら、彼はそ
の使い勝手に感動し、自宅の彼のパソコンだけでなく、研究室
の自分のパソコンにも入れたと言っていた。

では、“Japanist”の学習・変換機能がどれほどスゴイか、実際
の入力と変換候補の例を見て頂こう。

例えば、今、私は「つ~」から始まるある文字列を打とうとしてい
るとしよう。 最初に「つ」と入力すると、こんな候補が出る。



直近で使った表現ばかりだ。
しかし、今は別の文字列を打ちたいので、さらに「ぎ」を入力。
すると、こう。



私が教材の仕事でよく使っている文字列が出てきた。
「次のア~エから一つ選び、記号で答えなさい。」にしたいなら、
それを選んで完了。
しかし今の私の目当ては違うので、さらに「の」を続けて入力。
ちょっと違うパターンが出てくる。



さらに「か」と続けようと「k」を入力した時点で



おお、私の使いたい文字列が出てきた。

私は、「次の書き出しに続けて」と打ちたかったのだ。
で、それを選んで確定する。
すると次には、何と、最初の「つ」どころか、「t」と入れただ
けで、ご覧の通り。
「次の書き出しに続けて」が、第1候補で出てくるのだ。



これは、わざわざ遠回りする例を挙げたのだが、こんな風に
入力文字数が増えるに従って、違う候補をどんどん出してきて
くれるから、実際には、1~3文字で確定できることが多い。
変換候補は、その人が普段どんな文字列をよく打っているかに
よって、もちろん変わってくるので、使い込めば使い込むほど
便利になる。
(私のパソコンで別の人が文字入力をしたら、不便かもしれ
ないけれど…笑)

Japanistは、設定もいろいろ細かくカスタマイズできる。
例えば学習機能は、私はこんな風に、設定している。
 
VistaのIMEがひどいらしいので、富士通“Japanist”に頑張ってほしい件の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:11 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
2台目のプリンタ複合機(多機能プリンタ)を導入するときは…
2008-10-16 Thu 10:50
2008年10月16日(木)

5年近く愛用してきたプリンタ複合機(コピーとスキャナの機
能がついたもの。hp製のpsc1210。2004年の1月に10,000
円で購入。当時としては破格値)が、ついに壊れた。
少し前から不調だったのだけど、とうとう紙送りが全くされ
なくなった。
毎日のようによく使ったから、まあ、元は取れたと言える。

スキャナとしては、問題なく使える。
印刷も、家にプリンタがもう1台あるので、とりあえず何と
かなる。(エプソンのPM-G730。こっちはデスクトップPCに
繋げてあって、普段は夫が時々使っている。)
が、こっちは複合機でないので、ちょっとコピーをとりたい時
に、不便でしようがない。
(昔は、コピーが必要な度にコンビニまで行くものだったが、
 家の中でコピーするのが当たり前の環境に慣れてしまうと、
 コンビニまで行くのがひどく億劫だ。)

これまでのhpの複合機は、サイズもコンパクトで、印刷速度
も速く、仕事(主にテキストのモノクロ印刷)に使うには十分
だった。
(唯一の欠点は、前面給紙式のため、厚くて小さい用紙、つま
 り年賀ハガキ等の回転がうまくいかず、印刷にズレが生じ易
 いことだった。それで、ほぼ年賀状印刷の為だけに、一昨年
 の年末、背面給紙式のエプソンの安いプリンタを買った
のだ。)


普段の自分の仕事用に、やはり新しい複合機が欲しい。
基本的には、今までのhpのプリンタと同程度のスペックでい
いのだが、新たに欲しい機能があるとすれば、無線LAN対応
であることくらいか。
(私はノートパソコンを家の中で結構動かすので、いちいちケ
 ーブルを外したり繋げたりしないで済むのは魅力。)

hp(ヒューレット・パッカード)のWEBサイトで調べると、無線
LAN対応だと、やはりちょっと高くて、
HP Photosmart C4580 16,800円(+送料1,050円)

「これに決めて注文しようか」とも思ったけど、その前に一応、
「地元の電器店も見てみるか」と思い立ち、昨日の午後、ケー
ズデンキ取手店に行ってみた。
似たようなので、型落ちで安いのがあるかも…。

店頭にはhp製品はなく、「コンパクトな多機能プリンタ」という条
件で絞ると、キヤノン製かエプソン製である。
何だか、どれも、写真や年賀状の印刷がいかにキレイでカンタン
便利か、みたいなことばかり謳われていて、私的には「要らない
機能」が満載だ(苦笑)。
無線LAN対応の多機能プリンタは、まだそんなに需要がないの
か(私はすごく便利と思うのだが)、数も少なく、値段も高い。
無線LAN搭載にこだわるなら、やっぱりhpのオンラインショップ
で買うのが良さそうだ。
無線LAN無しでいいなら、店頭にある複合機で一番安いもの。
…となると、特売中のコレが候補か。
Canon PIXUS MP470 9,389円

う~む…。
やっぱりhp製の無線LAN対応機、17,850円(送料込)にするか、
それとも今ここで、Canon製の無線LAN無し、9,389円にするか…、
店頭で20~30分、かれこれ悩む(笑)。
いろいろ、一長一短なのだ。
  
2台目のプリンタ複合機(多機能プリンタ)を導入するときは…の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
勝間和代さん効果に期待すること
2008-05-02 Fri 12:43
2008年5月2日(金)

勝間和代さんのお名前は1年ほど前から知っていた。
朝日新聞の土曜版be(のビジネス版)で、「メンターに聞け」
という連載を、カリスマディーラー藤巻健史さんとのコンビで
執筆されていたからだ。
私はそれ以前の連載の「フジマキに聞け」(これは健史さんと
その実弟のカリスマバイヤー藤巻幸夫さんとのコンビ)が大好
きだった。 特に、弟・幸夫さんのファンだったので、幸夫さん
が休筆されることになり、その後釜に、勝間和代さんという
(当時の私には未知の)女性が登場した時、正直ガッカリした
ものだった。(他の人が後続していてもガッカリしただろう。
それまでのフジマキ兄弟コンビが絶妙だったから。)

この連載は、読者からの質問に2人の回答者がそれぞれ答え
るという、いわば人生相談みたいなコーナーだ。
フジマキ兄弟が担当していた時は、その好対照な答え(時には
互いの悪口や珍エピソードも交えての)が、とても面白かった。
が、勝間和代さんの答えは、前向きで実際的で、本当に「使え
る答え」だったので、参考にはなるのだが、それまでこのコー
ナーを「実用」のためというより、「笑い」のために読んでいた
私には、「ちょっと雰囲気違ってきちゃったな~」という感じだっ
たのだ。
(ちなみに、この4月からは幸夫さんが復帰して「新・フジマ
 キに聞け」が始まり、勝間さんは「自分ナビ」という別の新
 連載を始められている。)

新聞に載っていた勝間和代さんのプロフィールには「ワーキン
グマザーを支援するコミュニティサイト“ムギ畑”を主宰」と
あったので、私は彼女を、「子どもを育てながら仕事もこなし、
一方で、地道な草の根的なボランティア活動にも精を出して
いる頼もしいオバサン」というイメージで見ていた。
新聞の掲載写真も、美人だけれど、どっしりと貫祿のある中
年女性という感じ(失礼!…笑)だった。
“縁の下の力持ち”的存在で、目立たぬながら秘かに頑張って
おられる女傑なのだろう…(例えば、里子ちゃんたちを育てて
おられるE子先生のように…)と、勝手にイメージしていた。

しかし、ここ数カ月、ネット上でやたらに勝間和代さんの本の
書評や話題を見かけるようになった。
どうも私が思っていたより華やかで、いい意味で「したたか」
な女性であるらしい。
2回の離婚歴があり、3人の娘さんを育てるシングルマザー。
短期間に次々とビジネス本を出し、それが売れている。
本屋さんで見ると、帯に載っている最新の写真は、私のイメー
ジとは違って、すごく若々しく軽快だ。
(減量にも成功されたらしい。)

働きながら、子育てもしながら、本も何冊も執筆し、しかも
見た目もチャーミングな勝間和代さんて、どういう女性なん
だろう?…と、急に興味が湧いてきた。
で、遅まきながら、勝間さんの本を読んでみることにした。

著書が何冊もあるので、どれを読もうか迷ったが(小飼弾さん
が絶賛していた勝間式「利益の方程式
なども良さそうだけ
れど)、私が選んだのは

効率が10倍アップする 新・知的生産術
    -自分をグーグル化する方法-」(ダイアモンド社)

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る


この本を選んだのは、勝間さんがどんな人で、普段どんな工夫
をしているのかが、一番わかりやすそうだったからだ。
それに私は、勝間さんの専門である経済とか会計のことはあ
まり興味がない(というか、私にはあまり役立ちそうもない)
けれど、情報の整理活用術になら興味がある。
「○倍アップ」みたいな、いかにもハウツー物のタイトルは
好きじゃないのだが、「新・知的生産術」という部分には
惹かれた。
私は中学生の時(もう35年以上も前だよ…)、当時話題だった
梅棹忠夫氏の「知的生産の技術」を読んで(これは私が初めて
買った岩波新書でもあった)、幼いなりにカード式の情報整理
を試したこともある(すぐに挫折したけど…笑)。
今どきの「知的生産術」がどうなっているのか、時代はどう変
わったのか、そのへんも興味のあるところであった。


読んでみて、想像をはるかに超えた勝間和代さんのスーパー
ウーマンっぷりに、まずビックリ。
だって、勝間和代さんは…
 
勝間和代さん効果に期待することの続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:3 | トラックバック:2 | ブログトップページへ
デスクトップパソコンの移動と無線LAN接続
2008-02-13 Wed 11:42
2008年2月13日(水)

我が家は新年会の時に人が沢山泊まりに来るので、その
前にも、多少は頑張って掃除をする。
(とは言っても、物をどけて布団を敷くスペースを確保す
 る程度…それだけでも結構大変だったりするが…)。
しかし、「人が(1~2泊)泊まる」のと、「(1~2カ月間)
一緒に暮らす」のとでは全然違うなあと、今回準備をしな
がら思った。

次男一家に提供できるのは1階の和室しかないが、普段の
ままだと、親子3人の布団を敷くだけで一杯一杯。
が、「暮らす」なら、諸々の荷物を置くスペースもほしいし、
ちょっとしたテーブルなどもあった方が便利だ。
部屋自体の古さはどうしようもないが、何とか、少しでも
快適に過ごせるようにしてやりたい…と思いつつ、余計な
モノの始末に頭を痛めた。

一番のガンは、デンと居座るデスクトップパソコンだ。
古いパソコン(今はWindows2000が入っているが、もともと
はWindows98)で、画面は小さいが、モニタも本体も 案外
かさばる。それらとプリンタが収まっているパソコンラック
も、結構な大きさだ。
これが邪魔で邪魔で仕方ない!
本当は、ラックごと一式全部処分してしまいたい!!
(でもまだ動くし、夫が調べ物やメールに使うには充分。
 今でも原稿作成にワープロ専用機を愛用している夫には、
 フロッピー・ディスク・ドライブがある利点も大きい。)

最初はリビングに移動させようかと思ったが、ラックの横
幅はともかく、奥行き70センチというのが辛い。
背後の配線や椅子のスペースまで考えると、リビングに置
くのも、どう考えても邪魔なのだ。

2階に持っていくしかないなあ。
…そうなると、ネット接続を何とかしないと。

我が家は無線LANのルーター(親機モデム)を置いてい
て、ノートPC なら、家じゅうどこでもワイヤレスでネット接
続できる環境だが、このデスクトップパソコンだけはLAN
ケーブルでつないである。
2階に運ぶなら、無線LANに対応させなければ。

調べたら、今はUSBポートに差し込むだけの無線子機が
ある。(昔 長男が使っていたのは、USB接続で卓上に置
くタイプのアダプタだった。)
いや~、便利じゃん! 早速買ってきた。


バッファロー製“WLI-U2-KG54L

 
デスクトップパソコンの移動と無線LAN接続の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:1 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Firefoxを入れて気づいたこと (IEとの表示の違い)
2007-10-10 Wed 14:20
2007年10月10日(水)

前回書いたように、しばらく前に、firefoxをインストール
してみた。
入れる前から、ある程度の予備知識はあった。
afiliateさんの「アフィリエイトは儲かんないってば」で
 ・うはw超便利Firefox
 ・FirefoxとIEのfontの表示の差
などの記事(その他、firefox導入の関連記事多数あり)
を、いくつか読んでいたからだ。
IEとFirefoxの表示の差を埋めるのは、厳密に考えると
途方もなく大変そうなのだが、実は私にとって一番わかり
やすく、なおかつ重要な差異に思えたのは、「心が折れそ
うなアイコン
」という記事の中でさらりと書かれていた、

 IE用にalt属性、Firefox用にtitle属性を入れて
 お使いください


という記述。
…え?

【Firefoxでは、画像のalt属性は無効?】
ふだん私は、ブログ記事中に画像を挿入する時は
<img src="http~.jpg" alt="○○○">
というタグを使い、alt="○○○"の、○○○の部分には、
日本語で画像の説明を入れるようにしている。
これは本来、画像が表示できない際(キャッシュページ等
でよく見かける)の「×」の横に表示される代替テキスト。
IEでは、画像の上にポインタを乗せれば、この○○○が
表示される。
○○○の文字列は検索の対象にもなるので、私はなるべ
くちゃんと書くようにしているのだが、firefoxユーザーには
見えていなかったのか…(ちょっとショック)。

せっかくなので、afiliateさん作の「心が折れそうなアイ
コン」をお借りして、実験。

もう勘弁してください(泣)

これはalt属性しか書いてないから、Firefoxだと、絵の
上にポインタ乗せても、確かに何も見えない…。

では、こちらはどうだろう?
もう勘弁してください(泣)


こちらはtitle属性も書いたから、firefoxでも見られる。
ちなみに、このタグでは、alt属性とtitle属性の内容は、
あえて変えて、
<img src="http~kokoro-oresou.gif" alt="もう勘弁してください(泣)" title="もう許してくれた?">
のようにしてみた。
こうすれば、IEで見た時と、Firefoxで見た時、見え
る文字が変わるだろうと思ったのだ。
ところが、どちらのブラウザでも、title属性の方が
表示されたのだ。
…となると、両方書いたら、alt属性は、本当に画像が
非表示の場合しか役に立たない…?
これならtitleだけ入れて、むしろaltは入れなくていい
ような気もするのだが、IEやFirefox以外のブラウザ
では違いがあるのだろうか?

これからは、画像表示のタグにtitle属性も入れるべき
か、ちょっと思案のしどころである。

【FirefoxはIEより、きまじめ?!】
afiliateさんの記事中にも何度か出てくるのだが、IEは
結構いい加減なところがあって、HTMLに多少の間違い
があっても、気にせず表示してくれる。
良く言えば融通がきく。
でも、Firefoxは結構デリケートで、指示の仕方にミスが
あると、言うことを聞いてくれない、という傾向があるよ
うなのだ。
Firefoxを導入して、まず自分のブログを開いて、「アレ?」
と思ったのは、記事本文の行間だった。
 
Firefoxを入れて気づいたこと (IEとの表示の違い)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:8 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
IE以外のブラウザの話
2007-10-07 Sun 11:30
2007年10月7日(日)

もう随分前(多分2年近く前)だが、その頃は家にいた長男
が、IE(Internet Explorer)の重さに腹を立てていた。
「IE、クソだよ。幾つもページを開くとすぐメモリ不足に
 なるし、ページタイトルがタスクバーにも表示しきれなく
 なって、メッチャ使いづらい…」
彼は重いページを同時に多数開いて使うことが多いらしい
のだ。
私はその時、少し前に新聞記事で読んで知ったばかりの
ことを言ってみた。
「タブ式のブラウザを使ってみたら? オペラとか」
「何、それ?」
「知らないの~?(若者相手にちょっと優越感♪)
 1つのウインドウの中で、タブでページを切り替えられ
 るブラウザなんだって。便利らしいよ」
今でこそタブ式ブラウザなんて珍しくないし、IEも、IE7
からタブ・ブラウジング機能がついたようだけど、その頃
タブ式のブラウザは新しかったように思う。

長男はその後早速Operaを導入、「一度使うとタブ式は
やめられない」と、すっかりOpera信者になった。
(関係ないけど、オペラはゲーム機のWiiに入れると、
 結構快適にネット接続できるらしい。
 新しいTVとWiiを買ったら…一体いつだ?…、是非
 試してみたいと思うことである。)

さて、私自身はと言えば、IEで特に不便を感じたことは
ないので、ずっと、IEだけ使ってきた。
ただ、閲覧するだけならそれでもよいのだけれど、自分の
サイトを持っている場合、本当は、自サイトの見え方を確
認するために、数種のブラウザをインストールしておいた
方がいいことはわかっている。
IEだけを使っていると気づかないような表示の不具合が
起こっていることがあるからだ。
友人のkoba2106さん(Win・Mac両刀使い)が時々、そうし
た不具合を指摘して下さるので、その都度、わかる範囲で
直せるものは直してきたが、わざわざ他のブラウザを入れ
るのも面倒で、結局 IE一本で来てしまった。

しかし、私のブログのアクセス解析で見ると、訪問者の
16%強は、IE以外のブラウザを使っているのだ。
(本館=ホームページの方だと、IEが圧倒的なのだが…)
16%って、そんなに少ない数字じゃない。
少しは他のブラウザのことも配慮すべきかな…と思ってい
た矢先、コメント欄でブラウザの話が出た。
 
IE以外のブラウザの話の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ボリュームコントロールのインストール方法の覚え書き
2007-03-03 Sat 16:07
2007年3月3日(土)

以前の記事で、ボリュームコントロールのインストールについてちょ
っと触れたことがある
が、その後、より簡単な方法を見つけたので、
同日の別エントリーとして、追記しておく。

まず、私が直面した症状をまとめておく。
(症状が違えば、より簡単な解決法もありそうなので…)

【症状(XPパソコンの場合)】
・タスクバーからスピーカーのアイコンが消えてしまい、音量調節ができ
 ない。(キーボードのファンクションキーの操作での音量調節は可能。)
・コントロールパネルから、「サウンドとオーディオデバイス」を開き、
 「タスクバーに音量アイコンを配置する」にチェックを入れようとすると、
  ボリュームコントロールがインストールされていません
  “プログラムの追加と削除”からインストールしてください

 と出る。
・しかし、「プログラムの追加と削除」→「Windowsコンポーネントの追
 加と削除」を選んで、「アクセサリとユーティリティ」の「詳細」を
 見ても、そもそも「マルチメディア」の項目がない!
 (ある場合は、その中の「ボリュームコントロール」にチェックを入れ、
  「OK」→「次へ」でインストールできる。)

【解決方法】

・以下の1~3の操作をする。(これは、パソコン知識メモさんのブログの
 「ボリュームコントロールのインストールは…」から引用。)

 1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]に
  「%windir%\inf\sysoc.inf」を入力して実行する。
 2. 32行目の「MultiM=」行の「HIDE」を削除して
  上書き保存する。
 3. [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]
  -[Windowsコンポーネントの追加と削除]
  -[アクセサリとユーティリティ]-(詳細)
  -[マルティメディア]-(詳細)
  -[ボリュームコントロール]
 ・・・でボリュームコントロールにチェック


【タスクバーに音量アイコンを表示させる方法】

・上記の方法で、ボリュームコントロールをインストールした後、コント
 ロールパネルの「サウンドとオーディオのデバイスのプロパティ」を
 開き、「音量」のタブで、「タスクバーに音量アイコンを配置する」
 のチェックボックスにチェックを入れ、「適用」→「OK]で完了!
 
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
OASYS起動時不具合の修正パッチ
2007-03-03 Sat 12:33
2007年3月3日(土)

パソコンは、いろんな作業を勝手にやっては、何かと脅しのよう
な警告や報告を発してくる機械なので、慣れないうちはビビる。
普段どおりに使っているのに、ある時突然、いつもと違うことが
起こるというのも、案外よくあること。自分で設定を変えたはず
なのに、いつのまにか以前の設定に戻っていることもある。

前のパソコンの時も感じたのだけれど、パソコンが新しいうちは
特に、デフォルト(初期設定)に戻そうとする力が強く働くらしく、
2、3回設定し直して、やっとこちらの要望に素直に従ってくれ
るようになったりもする。

設定が入れ替わるだけなら、変更も簡単だから問題ない。
が、ソフトの導入やバージョンアップなど、何かの拍子に、全く
いじってないはずの所が変わったり、もともとあったはずのファ
イルや記述が忽然と消えることもあるようだ。

あまり聞かない話だが、前に使っていたパソコンでは、ポインタの
セットがごっそり消えたことがあった。
私は、標準より少し大きいサイズのポインタのセットを使ってい
るのだが、ある時、ポインタが標準サイズに戻ってしまった。
で、コントロールパネル→マウスから設定し直そうとすると、沢山
あったはずのポインタの種類が選べなくなっていた。
エクスプローラでポインタのフォルダを見ると、なぜか中身は空!
この時は、息子のパソコンのポインタのフォルダの中身をコピー
して、空のフォルダに放り込んでやったら直った。

ちょっと手こずったのは、Windows画面右下のタスクトレイに入って
いるスピーカーのアイコン(音量調節するやつ)が消えた時だ。
やはりコントロールパネルから直そうとしたら、「ボリュームコン
トロールがインストールされていません
」と表示された。
何だそれ? プログラムが消えちゃったってこと…?
これは、他のPCから簡単にコピーしてくるわけにいかなかった。
「ボリュームコントロール」なるものの正式名称がわからなかった
ので、システム内の検索もできず、そもそもどこに格納されてい
るべきものなのか、わからなかったのだ。
対処法をネットで調べたら、レジストリを書き換える方法が紹介
されていた。レジストリは、私のような素人がむやみにいじっては
いけない部分だ。だが、レジストリの開き方、どこにどんな記述を
コピペすればよいかが詳述されていたので、これならできるかも…
と思って、恐る恐るやってみたら、うまくいったのだった。
(より簡単なボリュームコントロールのインストール方法について
 は、こちらの記事に追記してある。)

そんなトラブルを幾つか克服(大げさだな…笑)しているから、少々
の不調には驚かなくなっているのだが、新しいノートパソコンで
生じた問題に、ここ10日間ほど、頭を悩ませていた。
 
OASYS起動時不具合の修正パッチの続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Vistaでなく、XPを購入! (+最新CPU事情?)
2007-02-13 Tue 23:51
2007年2月13日(火)

パソコンというのは、人によって使い方が異なる機械だから、
選ぶ時の基準やこだわりは、人によって違うと思う。
今まで使っていたノートPCを買った数年前、私がこだわった
ことの一つは「FDD(フロッピーディスクドライブ)内蔵」という
点だった。ワープロ専用機から乗り換えるために、フロッピー
を読み出せることは、絶対の条件だった。 また、外付けでは
邪魔くさいから、内蔵という点も譲れなかった。
今はさすがにフロッピーを使うことはなくなった。

で、今回の購入で私がこだわったのは、以下の点である。
 1 無線LAN内蔵であること。
 2 メモリカードのスロットがあること(ケータイのデータ
  読み込み等のため)。
この2つについては、今まではPCカードスロットにアダプタを
差し込んで解決していたのだが、そんな周辺機器は使わずに
済めば、その方がいい。
 3 メモリは最低512MB、できれば1GB搭載していること。
  (これまでのは256MBで、複数のソフトを起動していると
   たまにメモリ不足になることがあった。)
 4 なるべくOffice等の余計なソフトが入っていないこと。
  (Officeは家にあるので、自分でインストールすればよい。
   プリインストールされていると、それだけで2万前後高く
   なる。お金をかけるなら、PC本体のスペックを上げる
   のに使いたい。)
 5 4、5年間の無料修理の保証期間があること。
  (今回、3年3カ月の使用で壊れてしまった。毎日よく使っ
   たから、元は取れたとも言えるけど、ノートPCの経理上
   の償却期間の4年にも満たなかったのが不満。) 
 6 できればVistaではなくXPであること。(私はビスタの
  新機能にさほど魅力を感じていないので、わざわざ大量の
  メモリを食うOSを選ぶ必要もない。)

その他にも、DVDの書き込みができることとか、USBポート
は左右両サイドについていた方がいいとか、重量は軽い方が
いいとか、言い出せばきりがない。
TVチューナー付きやウェブカメラ付きも楽しそうだけれど、
予算を考えると、贅沢は言えない。

買いに出る前に、hp(ヒューレット・パッカード)とDELLの
サイトをチェックした。上記のような条件でカスタマイズすると
だいたい11万円前後。 時間に余裕があれば注文するのだが、
受注生産制で届くまでに10日以上かかるので、今回は諦める。
(それに、hpはそのままだと保証期間が1年しかなく、保守
 サービスのケアパックを付けるか、DELLもオプションを
 付ければいいのだが、いずれにせよ、その付加料金が結構
 高いという問題もあったので。)
量販店の店頭で買えば13万くらいだろうと見当をつけ、一応
15万銀行で下ろして買いに出かけた。
 
Vistaでなく、XPを購入! (+最新CPU事情?)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:2 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
パソコン、突然の故障…
2007-02-10 Sat 17:51
2007年2月10日(土)

おとといの朝、いつものように自分のノートPCの電源を入れた。
が、Windowsが立ち上がらない。
メーカーロゴの画面のまま、先に進まないのだ。
ちょっと触ると、英文のエラーメッセージが出た。
電源を入れ直す。今度はエラーメッセージすらも出ない。
ハードディスク稼働中に点くはずのランプも、全然点灯しない。
エスケープキーも、ファンクションキーも、効かない。

…ははぁ、これが「HDDを認識しない」って状況か。
(もう10年ほども前、中学生だった長男が、Win95のノートPCを修
 理に出したことがある。当時の私はパソコンのことは何もわから
 ないまま、店頭に修理依頼に行ったのだが、長男から渡された
 状況説明のメモに、拙い字で「HDDを認識しない」というよう
 なことが書かれていたのを覚えている。)

さてさて、どうしたものか…。
(相当困った状況なのに、被害の大きさを信じたくないというか、
 案外落ち着いている自分が不思議…)
パソコン、突然の故障…の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Windows-Mac間のファイル送信のこと
2006-11-13 Mon 14:19
 2006年11月13日(月)

 まずは、栃木在住のお友だちkoba2106さんの企画・デザインに
 よる下野(しもつけ)手仕事会伝統工芸品展」のご案内。
 紹介が遅くなってしまったが、この展示会は既に始まっている。
   -鬼怒川〈きぬがわ〉温泉「あさやホテル」にて・11/30まで-
 ※《追記》好評に付き、2007年1月末まで開催期間延長とのこと。

下野手仕事会・伝統工芸品展のポスター
ポスター制作=koba2106さん

 展示作品例はFM栃木ホームページでも紹介されている。
 べっこう細工など、破格の直売価格で提供されているようだ。

 さて、このポスターは、kobaさんのサイトから勝手に保存させ
 て頂いたのだけれど、kobaさんからは、普段、メール添付で
 画像ファイルや HTMLファイルを受け取ることがある。
 (ホームページ作りに関するアドバイスを頂いているので。)
 kobaさんはWindowsも使うが、お仕事柄、基本的にはMac使い。
 で、ファイルを受け取る時に、不思議な現象が起こる。
 毎回ではないが、開けるファイルと開けないファイルとが、
 同時に届く
のだ。

 例えば画像ファイルを2つ送ってもらったとすると、同じ名前の
 ファイルが2つずつ、計4つ届いて、うち2つはWindowsで開け
 ないファイルなのだ。
 似たようなことは、やはりマックユーザーでイラストレーターの
 ちゅうさんから画像などを送って頂いた時にも起こる。
 必要なものは届くわけなので、問題ないと言えばないのだが、
 何でこんな余分なものが届くかと言えば、パソコンがファイル
 形式を変換してくれる際に、こうした副産物ができてしまう
 のだろうと私は解釈している。

 エラそうに語れるほどの知識はないのだが、少しだけWindows
 とMacの違いを説明すると…
 
Windows-Mac間のファイル送信のことの続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:12 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ノートPCのキーボード、「小掃除」で冷や汗!
2006-09-20 Wed 22:50
 2006年9月20日(水)

 ここのところ、ノートパソコンのキーボードの調子が急に悪く
 なって困っていたのである。
 幾つかのキーが、意識して強く打鍵しないと認識されない。
 最近移動させることが多かったから(鹿児島にも持って行っ
 たし)、それがいけなかったのだろうか?
 とにかく、このままでは仕事をするにも効率が悪い。
 キーボードを外して中側(下側)を掃除できたら良さそうだけ
 ど、ノートパソコンのキーボードって、外せたっけ…?

 ネットで調べてみると、デスクトップPCでも、ノートPCでも、
 キートップは簡単に外せる
とある。
 その一方で、やり方を間違えると壊れる場合もあるとか、
 キートップの外れ癖がつき易くなるのでおすすめできない
 とか、怖い記述も見かける。

 …う~~ん、どうしよう? 元に戻せなくなったら困る。
 でも、これだけパソコンが大量生産されているんだもの、
 キーボードの組み立てなど簡単にできるはずだし、つまりは
 分解も容易なはずだ…と安直に考え(我ながら楽観的…笑)、
 こちらのネット記事の「キーボード」の項目を参照しながら、
 キートップとやらを、試しに1つ外してみることにした。

 とりあえず、一番調子の悪い“M”のキーにするか…。

 恐る恐る…ゆっくり…力を入れて


 …むむ…



  グキッ!(ギョっ!)

 …何か割れたかな?(汗) 見たところ破損はなさそうだ。
 が、キートップを外した跡(本体側)を見ると…

 あれ? ネットで見た写真と違う~っ!!

ノートパソコンのキートップを外したところ
(左の写真は上記ページから拝借)

 
ノートPCのキーボード、「小掃除」で冷や汗!の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
縦書き印刷
2006-09-07 Thu 22:28
 2006年9月7日(木)

 本日は実用記事。
 お友だちから、Word(ワード)での縦書き印刷がうまくいかない
 という話を聞いたので、そのことについて。

 縦書き印刷のできるソフトというのは限られている。
 私の持っているものでは、ワープロソフトのWordと、OASYS、
 テキストエディタでは、QXエディタだけだ。
 私の仕事は縦書き印刷するものが殆どだが、編集時は横書き
 の方が私は扱いやすいので、OASYSかQXエディタで横書きで
 編集し、印刷時だけ、縦書きにしている。
 ワードでは、縦書き印刷を指定すると、編集画面も自動的に
 縦書き表示になる(最初から縦書きで文書を作成すれば、
 印刷は勝手に縦書きになる)のが、私には少し不便だ。

 ワードに関しては別に詳しくはないのだが、仕事柄、縦書き
 機能については大体のことはわかるので、以下、私の知って
 いることを書いておく。
 

縦書き印刷の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
的外れな検索・上手な検索
2006-08-30 Wed 00:40
 2006年8月30日(水)

 自分のブログが、毎日どんな言葉で検索されているのかを
 アクセス解析で見るのは、私の密かな楽しみの一つである。
 “鯖の昆布巻(1/5日記参照)”とか、“文字化け(4/25日記参照)”
 などの語で検索されていると、私の書いた記事が、見知らぬ
 誰かのために、少しは役立ったのだろうかと思えて嬉しい。
 “脱出ゲーム(7/29日記参照)”や“トールペイント”などの語の
 から、このブログに辿り着き、その後、私の本サイトの関連
 ページを見てもらえるというのも嬉しいものである。

 が、以前にも書いたように(4/16「検索のオモシロとフシギ」)、
 相変わらず、的外れな検索結果からの訪問も多い。
 例えば今日は「黒魔女ミーシャの絵」の語で検索されていた。
 (実際、Googleでこの通り打ちこむと、私のブログと、本サイト
  内のページが、なぜか、上位1・2位に出てくるのだ。)
 お友だちのミーシャさんのことは時々は話題にするし、リンクも
 張ってある。「魔女の宅急便」という言葉を日記に使ったことも
 あるし、「黒」とか「絵」などは、何度も使っているだろう。
 が、だからといって、なぜ、この検索語で私のサイトが出てくる
 のかなぁ…?
 (ちなみに、“黒魔女ミーシャ”というのは、今年11月に発売予定
 の「オシャレ魔女ラブ&ベリー」のDS用ソフトに登場する新キャ
 ラクターらしい。)

 「主婦の下着画像」という語で検索されていたこともあった。
 …私のブログは、そんな怪しくないぞ~!
 
的外れな検索・上手な検索の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
どこかで脱出ゲームブーム終了
2006-07-29 Sat 23:45
 2006年7月29日(土)

 昨年、本サイトの日記で2回ほど、大人でも楽しめるクリック
 ゲーム(「SAMOROST」「赤い部屋からの脱出=CRIMSON
 ROOM」など)を紹介したことがある。
 その紹介記事は、本サイト内に「ゲームはいかが?」という
 独立したページを作って収録してある。
 (おヒマな方は是非どうぞ。)
 赤・緑・青の部屋からの脱出ゲームについては、わざわざ自分
 でヒント集のページも作ったのだが、最近では、たまに思い出し
 たように、検索からアクセスされる程度で、いわば、サイト内で
 殆ど埋もれているページである。
 ところが、先々週と先週、突然、アクセス数が急増!
 そして今週はアクセスゼロ!(笑)…という異変が起こっていた
 ことが、ヒントページのアクセス解析(週集計)を見てわかった。

ヒントページへのアクセス

 …この異変の原因は、だいたい想像がつく。
 
どこかで脱出ゲームブーム終了の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
エクセルと少し仲良しに…
2006-07-21 Fri 17:50
 2006年7月21日(金)

 仕事柄、文書作成ソフトはよく使う。
 メインでお世話になっているのは、ワープロソフト「OASYS」。
 とにかく罫線を引くのがラクなので、複雑な国語の解答用紙
 などを作るには、これが不可欠。
 テキストのみのシンプルな原稿なら、「QXエディタ」も使う。
 「Word」も時々は使うが、原稿を書くためよりも、例えば引用
 文の一覧表といった、資料を作るためが多い。

 表計算ソフトを扱う仕事も、一つだけある。
 自分が作ったテスト問題についての、分析シートの作成だ。
 と言っても、フォーマットされたエクセルのシートに、文字や
 数字を打ちこむだけだから、特別な知識は要らない。

 それぞれの設問について、どのような観点からの出題か、形
 式は何か(記述式か選択式か)、また、難易度はどうか…。
 「この問題は易しいから、予想正答率は65%ぐらいかな?
  これは難しいから45%かも…」という具合に(これは、勘で
 しかないわけだが)入力していく。
 すると、予想平均点などが、自動的に算出される。
 だいたい、55点前後の平均点になるような問題作成を要求さ
 れることが多いが、後日、実際の平均点との比較データも出る
 わけなので、あまり大きく予想が狂わないよう、プロとしては
 頑張らなくてはならない。

 …話が逸れたが、エクセルを使うのはその程度で、つまり私は
 エクセルに関しては、ド素人だと言いたかったのだ。
 が、昨日はそんな不慣れなエクセルと、一日格闘したのだった。
 

エクセルと少し仲良しに…の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
文字化けと文字コードの話 (文字化けを直すには?)
2006-04-25 Tue 16:12
 2006年4月25日(火)

 インターネットをしていると、文字化けして読めないページにぶつか
 ることがある。
 ネット上では多種の言語が存在しているから、ブラウザは、そのペ
 ージがどの言語で書かれているかを判断して開いてくれる。
 WEBページのファイルは、通常、どの文字セットを使うかが(ソース
 内のMETA要素で)宣言されているのだが、その宣言と、実際にその
 ページの文書が保存された時に使われた文字コードとが食い違っ
 ている場合に、文字化けが起こる(…と、私は解釈している)。
 ページ内の一部が文字化けする場合も、理屈は同じだ。

 具体例で説明してみよう。
 先日(4/16)、私のブログの検索語について書いたが、これは、その
 検索語を知ることができるアクセス解析のページの一部である。


 楕円で囲んだ部分が検索語など(一番下は記事タイトル名)に当た
 る日本語部分なのだが、文字化けしている。
 赤楕円内はやたら半角カタカナが多く、青楕円内はやたら画数の
 多い漢字が多いのがおわかりだろう。
 文字化けにも種類があるのだ。
 この楕円内の文字を解読するには、どうすればよいか。
 そう、ページを別の文字コードで読み込み直せばよい。
文字化けと文字コードの話 (文字化けを直すには?)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
親指シフト賛歌(そして哀歌)
2006-03-20 Mon 23:15
 2006年3月20日(月)

 本日は少し(かなり?)マイナーな話題(笑)。
 
 先日、事務所の壁の工事のことを書いた折
 (2/28日記参照)、届いたばかりのパソコン
 のことにも触れた。 新PCのキーボードが
 「親指シフト」であることは、とても意味のある
 ことなのだが、殆どの人には、興味のない話で
 あろうから、深くは触れなかった。
 が、まもなく早見さん(本サイトの“PC大好き!”の投稿コーナー
 に登場して下さっている読者の方)から、「かんちがいさんは、親指
 シフターなのですか?」と、メールを頂いた。

 おお、私の日記の読者の中に、「親指シフト」に反応してくれる人が
 いたとは!
 それだけでも感動だったのだが、数日後には、親指シフトウォッチ
 というブログサイトからのトラックバックも受けた。
 で、考えた。 語る人の少ないこういう話題こそ、WEB上にちゃんと
 記しておく価値があるのではなかろうかと。
親指シフト賛歌(そして哀歌)の続きを読む
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:16 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
オススメ IMEの“Japanist”の話
2005-01-14 Fri 11:21
2005年1月14日

(この記事は、本館サイトの“PC大好き”内に2005年1月に
 載せたものをコピーし、2008年10月に再録したものである。)

 
IME(Input Method Editor)と言えば、普通は日本語変換
システムのことを指します。IMEは日本語用だけではなく、
例えば中国語など、やはり文字数が多い言語をパソコンで
英文字から変換するために必要なものです。

さて、ウィンドウズの日本語版には、マイクロソフト社の“M
S-IME”が標準で組み込まれています。ワープロソフト「一
太郎」をお使いの方などは、ジャストシステムの“ATOK”と
いうIMEをお使いのことでしょう。

ここで紹介したいのは(あまり知られていないのが残念なの
ですが)、富士通の“Japanist”という優秀なIMEです。私
自身、ワープロソフト「OASYS」を導入したときに、付属IME
として“Japanist”が搭載されていたので、たまたま使うように
なったのですが、“Japanist”は、単体で買い求めて使っても
よいくらいの、スグレモノ。 何といっても、予測変換学習
機能
が素晴しいです!

私は国語教材を執筆する仕事をしていますが、教材では
設問形式がほぼ統一されているので、同じような文字列を
何回も打ちます。“Japanist”では、一度確定した文字列は、
特に単語登録や短文登録などしなくても記憶してくれ、最新
の変換から順に候補を表示してくれるので、使い込むと大変
便利です。
私の場合は、例えば「つぎ」と入力すると(連続して使って
いる場合は、何と「t」の一文字を入れるだけで)
「次のア~エから一つ選び、」のような変換候補が出ます。
「き」では「記号で答えなさい。」
「ぬ」では「抜き出しなさい。」…てなもんです。
「15」という数字を打ち込むと「十五字以内にまとめて書きな
さい。」とか「十五字以上二十字以内で抜き出しなさい。」な
どという変換候補が出てきます(ほかの人がこれを見ると笑
いますが…)。

そんなわけですから、仕事で同じ言い回しや同じ単語を多
用する人は、“Japanist”を使えば、相当効率アップすること
請け合いです。

私は長い間、ワープロ専用機「OASYS」を使っていました。
OASYSの親指シフトキーボードでのかな入力システム
は、日本語の早打ちに適したキー配列で設計されているの
で、相当早く文字を入力することができます。それで職場の
仲間などは、パソコンにも、親指シフトキーボードを接続して
使ったりしています。私自身は、仕事をワープロからパソコ
ンに切り換えたときに、標準的な“106/109日本語キーボー
ド”でローマ字入力する道を選びました。それで、ワープロ時
代と比べると、文字入力の速度は半減して(あるいはそれ以
下?になって)しまいました。でも、遅くなった分を、
“Japanist”を使うことで大分補ってもらっていると感じます。
“Japanist”は、単に文字入力のスピードをアップさせたいと
いう人にも役立つソフトと言えるでしょう。

それから、これは、誰にとっても便利というわけではないの
ですが、私のように国語教材などで古文を扱う者には大変
便利、という機能があります。“Japanist”は、古語の入力
強いのです。例えば「思ふ」という単語は、普通は一発変換
できませんから、「思」と「ふ」を別々に打つはずです。ちょっ
との手間だけど、たくさんの古語を打つ場合は面倒なものだ
し、「思ふ」をMS-IMEで単語登録しても、活用形にまでは
対応してくれません。ところが“Japanist”では、「思」をハ行
四段活用の動詞として単語登録しておけば、「思はず」「思ひ
て」「思ふに」「思へば」など、すべての活用形に対応してくれ
るので、入力がとてもスムーズです。古文の入力で不便を感
じている方には、絶対オススメです。

“Japanist”を導入しても、IMEをMS-IMEに切り換えるこ
とは簡単にできますし、ワードなどを使おうとすると、IMEを
MS-IMEに切り換えることを勧めるダイアログが出てきま
すが、私は無視して、いつも“Japanist”の方を使っています。
それほど便利なのです。

“Japanist”には、そのほかにも使いこなすと便利な機能が
いろいろ備わっていますし、9種類の辞書が搭載されている
というだけでもかなりお得といえます。

私が使っているのは“Japanist2002”というバージョンですが、
新しく買い求めるなら“Japanist2003”バージョンになりま
す(2003は2002よりもカスタマイズ性が低いという噂もありま
すが…)。価格は3800円~4500円くらいが多いようです。

なお、“Japanist2002”には無料体験版があります。興味の
ある方は、まずこちらをお試しになってみてはいかがでしょ
うか?


★Japanistについてもっと詳しく知りたい方は…
 富士通ソフトウェアのJapanistのページ


《追記》
現在では、残念ながら、無料体験版はない。
上記の富士通のサイトから、パッケージ版もダウンロード版も
買えるが、値段的には、パッケージ版を他の販売サイトから購入
するのが安いようだ。(2008年10月)

参考:価格ドットコムの富士通Japanist 2003価格比較

※当ブログ内関連記事
VistaのIMEがひどいらしいので、富士通“Japanist”に頑張ってほしい件  
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。